鼻うがいって、ご存じです?別名、鼻洗浄とも言います。


こちらへお越しくださったってことは、聞いたことはあるかと?!でも…。

  • 花粉症
  • 風邪
  • インフルエンザ
の予防にすごく良い!と知っていても、これまでやってみる勇気がなかったとか??

くしゃみをする花粉症の男の子

いやいや!鼻うがいをやってみたいからココにたどり着いたんだよ!」という、チャレンジャーなあなたはエライッ!


私なんて今まで花粉症でつらかった時期でも、なかなか鼻うがいをする勇気がなかったんですから^^;

でも!とっても簡単で痛くなくて”手軽にできる鼻うがいの方法”をあるクリニックの先生に教えて頂いたんです。


これが、やってみたら本当に超簡単
  • 痛くない!
  • めっちゃスッキリ!
と言うことで今回は、鼻うがいにチャレンジしたいけど「どうしよう?」と悩んでいるあなたに、私が挑戦してみたとっておきの方法をご紹介しますね!


ぜひ最後まで読んでいただいて、ぜひこのお手軽鼻うがいを習得して帰ってください♪

それでは鼻うがいのやり方を見て行く前に、まずは鼻うがい喉うがい違いについて再確認してみましょう。



鼻うがいと喉うがいの違いって?

そもそもいつもやっている喉うがい鼻うがい違いって、なんでしょうか?

それは、喉の構造を確認しながら見ていきましょう。
鼻うがいのための参考図
(使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑)

私たちのには大きく分けて、3つの部位があります。

  • 上咽頭(じょういんとう)
    喉の一番上の部分で、内側を繊毛でおおわれており
    その粘膜に空気中の細菌ウィルス花粉などをとらえる。

  • 中咽頭(ちゅういんとう)
    喉の真ん中の部分で、繊毛はなく、病原菌や花粉は付着しにくい。

  • 下咽頭(かいんとう)
    喉の下の部分。中咽頭と同じく繊毛はない。


普段、私たちがうがいと言っている喉うがいは、喉の真ん中である”中咽頭”を洗浄しています。

中咽頭は、繊毛がなく細菌や花粉がほとんど付着しません。ですから、うがいをしても風邪の予防花粉症対策には不十分なのですね。

実は、埃や花粉・細菌をとらえて体内に入るのを防いでくれているのは上咽頭の部分です。鼻から入った空気が合流する部分、上咽頭の粘膜にはたくさんの繊毛が生えているのです。



ですから、一番炎症が起こりやすい部分、それがもとで風邪花粉症に発展していくことも…。


そこで、鼻うがいの登場!!


鼻うがいで、上咽頭の粘膜に付着した細菌や花粉などを洗い流してあげれば、かな~り炎症を抑えられるってわけ^^

つまり、鼻うがいは風邪や花粉症の予防にとっても有効なのです。


それも、先生はジャバジャバと鼻を洗う必要はないとおっしゃっています。

それでは、いったいどうやって鼻洗浄をするのでしょう?いよいよ、これから鼻うがいにチャレンジしてみますよ~!

鼻うがいをするために準備するものは?

鼻うがいのために、そろえるものがあります。まず、鼻うがいには食塩水が必要。そして、必須アイテムスポイトです。


プールなどで泳いでいたら、鼻に水が入って「ツーン!!」と痛くなった経験ってありません?あれは、水と体液との浸透圧の差によるもので、上咽頭に水がしみるからなんですね。

でも、体液に近い塩分濃度で食塩水を作ればしみることはありません。



ということで、私が鼻うがいに準備したものはこちら!
鼻うがい液の材料

  • 精製水又は蒸留水浄水器を通した水:100cc
    (蒸留水はコンタクトレンズ用のものでOK)
  • 食塩:1g
    (できればこだわりたいところ!)
  • スポイト
    (100円ショップや文房具店で売っている、一般的なものでOK)
  • 容器
    (100円ショップなどで売っている、化粧品小分け容器でOK)
  • 計量カップ
  • スケール(量り)


これといって特別なモノは、ありませんよね…。ちなみに、我が家ではなにも買い足す必要もなく、すぐにそろえることができました^^


我が家には精製水や蒸留水がなかったので、浄水器を通したお水を用意しました。(もしくは、水道水を10分間沸騰させた湯冷ましでもOK)

ちなみに、3~4人の家族全員分を一度に作る場合は、水と塩を5倍ほどにしておきましょう。



その際、容器も500㏄以上入るものを用意してくださいね。まとめて作ったあと、100㏄のボトルに各自小分けして使うのがおすすめです!

では次に、もう少し鼻うがい液の作り方について詳しくお話を進めましょう。



痛くない鼻うがい液の作り方!

それではさっそく、あの嫌なツーン!!を体験しないための鼻うがい液を作っていきましょう。

体液の塩分濃度は0.9%ですから、これに近い1%の食塩水を作っていきます。


鼻うがい液の作り方

  1. 清潔な容器に、精製水や蒸留水を100cc量って入れます。
    鼻うがい液の水


  2. 食塩を1g量り、容器に入れます。
    鼻うがい液の塩

    量りの性能上1gを計量できなかったので、1gの1円玉2個置いて合計3gにしました。

  3. 容器のフタを閉めて、よく振って塩を溶かします。

  4. 冷蔵庫で1週間ほど保管できます。(日付のラベルを貼っておきましょう)
    鼻うがい洗浄液保存


1g用の計量スプーンも売っているのですが、人差し指と親指の指先でつまんだ量が約1gなのでその方法でもOKです。(その場合、ちょっと多めにつまんだ方がGOOD!)



さ~ってと!これで、鼻うがい液が準備できましたよ♪

お待たせしました!それでは、鼻うがいに初チャレンジです!

いよいよ鼻うがいに挑戦!鼻うがいのやり方とは?

鼻うがい液完成

ちょっとドキドキですが、さっそく鼻うがいのチャレンジです~^^

鼻うがいのやり方!

  1. スポイトで、容器の鼻うがい液を吸い上げます。

  2. 頭を大きく、後ろへ傾けます。(鼻うがい液が、上咽頭へ流れ込みやすいように)

  3. スポイトを2回(2㏄)ほど押して、鼻うがい液を鼻へ入れていきます。(喉の奥に流れてくるのがわかるくらいの量)

  4. 喉に流れてきた鼻うがい液を吐き出します。(流している最中は、飲み込まないで!)

  5. 左右の鼻孔で、同じように行います。

  6. 鼻うがいが終わった後、すぐに鼻を強くかまないで!(液が耳管に入ってしまい、中耳炎の原因になる恐れがあります)


実際、初めてスポイトで鼻うがいをやってみた感想はというと…。

最初、鼻へうがい液を入れる時はちょっと緊張しました。ですが、本当にまったく痛くないんです!

しかも終わった後、喉の上のほうがスッキリ!普段なかなか取れない汚れみたいなものが、しっかりとれたような爽快感がありました。

これなら、子供でも大丈夫ですね^^


そうそう、しばらくしてからうがい液が鼻から流れることもあるので注意してくださいね。(そんな時は、ティッシュで優しく拭いてください^^)


では次に、意外にあっさりクリアできた鼻うがいのポイントについて見ていきましょう!



鼻うがいのポイント

それでは「鼻うがいがまったく痛くなくて以外と簡単にできる!」と分かっていただけたところで、以下にポイントをまとめておきますね。

  • 鼻うがいは、できれば毎日朝晩の2回行う。1回なら夜に。
  • 一度に鼻孔に入れる食塩水の量は、2㏄ほどで。(一度に大量に入れると、目や耳にまわってしまうことも)
  • 花粉症で鼻水が止まらないときは、鼻うがいをしてもOK。
  • 風邪の引きはじめはしてもOK。ただし、風邪で鼻水が止まらない時は控えたほうがベスト。
  • 鼻をかんで血が混じるほど粘膜が傷ついている時は、控えるように。
  • お風呂で鼻うがいをすると、カラダが温まっているので上咽頭を洗い流しやすい。
  • 子供がする場合は、小学生以上ならOK。まずは、親が見本を。


特に、お風呂で鼻うがいはおすすめ。鼻からうがい液が垂れてきたりくしゃみをしても、お風呂なら洗い流せるので気になりません^^


あと、鼻うがい液に使うについてですが「できればこだわりたい」と言いました。

そこで、私が一番おススメしたいのがコチラ!


キパワーソルトは高品質なのはもちろんですが、私的には「水に溶かした時のあの温泉卵のような匂い」一番のお気に入りです♪


それでは最後に、今回の鼻うがいのお話をまとめておきます♪

最後に

いかがでした?今回私が紹介した鼻うがいの方法なら、スポイトのような少しの量で上咽頭にくっついた花粉細菌が洗い流せます。

本当に、鼻うがいが初めてでも違和感なくできますよ。(つまり、痛くないってこと^^)実際、私は拍子抜けするほどあっさりできちゃいました^^


花粉症のシーズンが終わってからでも、一年中鼻うがいを続けることで症状がどんどん軽く済むことが期待できるそうです。

この際、外から帰ったら手洗い・うがい・鼻うがい!を習慣にしていきたいものです~^^


花粉症対策!食べ物など花粉症に関するまとめ[10記事]

花粉症の季節が来るたびに憂鬱になりまんせんか?今年こそは、花粉症対策をとって備えましょう!花粉症を克服した管理人が花粉症対策としてアップした記事のまとめです!


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

関連記事(一部広告を含む)





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)