南紀新宮 川遊び 穴場

「南紀新宮でおすすめの川遊び場って?」
「子供から大人まで楽しめる穴場スポットを知りたい!」



どうも!地元和歌山の新宮を愛するOtama夫issaです^^

最近でこそ、道路が整備され少し近い存在になってきた南紀新宮。それこそ一昔前は、ある意味陸の孤島でしたから^^;

でもそれは、自然豊かな土地とも言える証拠!そんな新宮から離れて約30年、でも毎年お盆の時期は帰省しています。


ということで今回は、そんな私がおすすめしたい川遊びの穴場的な場所2ヶ所紹介しちゃいますよ~。きっと、かれこれ30年近く通い続けるワケが分かっていただけるかと…。

それではさっそく話を続けていきましょう!



南紀新宮の穴場的おすすめ川遊びスポットとは?

自然豊かな南紀新宮!夏の帰省の目的は、何と言っても
  • 温泉
  • BBQ
です。それこそ天気が良ければ毎日出かけるので、母親から「あんたらは、ほんとにじっとしてられんなあ…」と笑われます^^

OtamaOtama

その言葉に「昨日は海と温泉やったし、今日は川と温泉行ってくるからね^^」と返すおばあちゃん好きな次女さん♪


そんなやりとりもあり、夫婦2人だけの時代から家族4人になって世代を超えて通っている川遊びスポットはこちらの2ヶ所です!

南紀新宮の川遊びの穴場2つ!
  1. 高田川
  2. 赤木川


いずれも、熊野川の支流になります。ちなみに高田と言えば、第一自然プールが有名どころ。でも、私達が通ってるのはソコじゃありません~。

では、それぞれの魅力を詳しく紹介していきますね!

高田川で川遊びするならココ!

新宮市街から168号線で本宮方面に向かうこと約10分。高田川に沿って左折、そこから左手に第一自然プールを見ながらスルーして数分行くと…。

右手に高田郵便局があり、そのすぐ先の橋を渡ると宿泊&日帰りでも楽しめる雲取温泉があります。

issaissa

スミマセン^^;肝心のおすすめ川遊びスポットを通り越してしまいました~。私達が長年楽しんできたのは、ズバリ!雲取温泉手前の橋の下です。


南紀新宮 川遊び 高田川
橋の上から見た風景~

では「毎年なぜココに行ってしまうのか?」というお話から。それは…。

  • アユ・ハヤ・ハゼなどがたくさんいて、魚と存分にたわむれられる!(至福の時間)
  • 浅瀬と深場がバランスよく広がっている!(子供も安心)
  • 早い者勝ちですが、橋の下でBBQができる!(多少の雨でもOK)
  • 水流が多いときは、急流滑り的な遊びも!(流れ込みを利用)
  • 川遊びの後、隣の雲取温泉でゆっくりくつろげる!


南紀新宮 川遊び BBQ
BBQ七輪を愛用~

こういった理由でリピートしまくってるんです^^やはり、よく知っている地元の方は、混んでる第一自然プールではなく手つかずの自然スポットで川遊びされます。

南紀新宮 川遊び 高田川
~まだ泳げない次女さんは、浅瀬で川遊び~

実は雲取温泉までの道中に、他の穴場スポットが数カ所あります。なので、橋の下がいっぱいの時は、そちらに移動することも…。


でも一番は橋の下なので、なるべく早めに出かけるようにしています!ここで、川遊びを楽しむ動画も紹介しておきましょう。



今回は雨降り後だったので、かなり増水してました~。普段はもっと穏やかで、ほどよい流れ込みなんですよ^^

OtamaOtama

ちなみに、雲取温泉の日帰り入浴代は大人500円小人250円。露天のお湯は、少し青味がかった乳白色。山あいの清流の音を聞きながら、自然を目一杯満喫できますよ♪


ということで、私達が通うおすすめの川遊びスポット”高田川”の雲取温泉手前の橋の下はコチラです~。

高田川のおすすめスポットはこちら!



ちなみに、高田郵便局を目印にしています。その先の橋ですよ~^^

issaissa

あと駐車スペースですが、橋を渡って左手の広場に停めています。荷物の出し入れの際のみ、路駐させていただいています。

郵便局の周りもスペースはありますが、一度注意されてますので避けましょう^^;


では次に、南紀新宮でおすすめの川遊びスポット”赤木川”のお話をしていきましょう!



赤木川で川遊びするならココ!

実は赤木川(厳密に言うと「かな〜り奥の」が付きますが)が流れる熊野川町は、何を隠そう私の母(姉妹にとってはおばあちゃん)が生まれ育った地なんです〜。

issaissa

なので私も小さい頃、お盆の帰省で川遊びはもちろん釣りの楽しさを母から教えてもらった川でもあるんです!つまり、ひじょうに馴染み深〜い川というわけ^^

今住んでる滋賀ではもっぱらバス釣りです~。
琵琶湖でバス釣り!タックル&湖北ポイント情報まとめ[44記事]


そんな私が、妻や姉妹を連れ時代を超えて通い続けている赤木川の超おすすめのスポットがあるんです。それは〜、ズバリ!ここです^^



国道168号線から赤木川沿いの県道44号線を走ること約7分。目印は福祉施設の杉の郷さんで、その手前の脇道を進むとこんな景色が現れます!
南紀新宮 川遊び 赤木川
~河原まで車で入っていくことができます~

どうです?先程紹介した、高田川のおススメスポットとはまた違った雰囲気がただよっているでしょ^^

川幅もそこそこあり、もちろん浅瀬〜水深2m以上の深場までゆったりとした流れの中、川遊びを満喫できるスポットなのです。

issaissa

それに対岸まで渡って、岩場の上から”飛び込み”も体験できますよ^^(もっぱらこれをするのは私だけですが…)頭からでも、また思っきりジャンプして足からでもどうぞ〜っていう高さです。


南紀新宮 川遊び 赤木川
~水の綺麗さはピカイチ

もちろん高田川の橋の下スポット同様「魚と一緒に泳ぐという醍醐味」は、こちらでも存分に味わえますよ。あの感覚は、潜りができるなら絶対に体験してほしい!!!(これは強く強く言いたいです〜)

ただこちらのスポット。実は、天候の変化に気をつけないといけません。それは、



長年通っていて、ほぼ毎回”昼から風が強くなるん”ですね。なので、日よけのタープや簡易テントはしっかり固定しておく必要があります。

OtamaOtama

ちなみに、こちらの河原はゴロゴロ石。ペグは使えませんので、大きめの石を使っての固定になります。

通いだした当初は日よけにタープを張って川遊び&BBQを楽しんでましたが、ここ数年はポップアップ式の簡易テントまたは日よけなしです~♪


こちらでの川遊びの様子を動画でも案内しておきましょう!


長女さん、早く温泉に行きたがってましたね…。ではここで、赤木川での川遊びの魅力をまとめますね。

新宮で川遊び!赤木川に通い続けるワケ

私にとって、小さい頃から思い出がたくさんある赤木川。そんな赤木川で、毎年川遊びを楽しみにしている理由はコチラ!
  • 何と言っても水が超キレイ!(30年間変わりなし)
  • 昔に比べ多少数は減ったものの、元気いっぱいな魚たちと一緒に泳げる!
  • 川幅があり、いろんな水深を楽しめる!(岩場から飛び込みもOK)
  • 河原が広く車で乗りいれられる!
  • ほぼ混雑することがない!
といった感じでしょうか。ただ「午後から風が強くなりやすい」ということだけは覚えておいてくださいね~。

OtamaOtama

そうそう!川遊びとセットにしたい温泉ですが…。帰り道に熊野川温泉さつきがありますので、私達はいつも利用しています♪

ちなみに料金は、大人500円子供250円です。露天風呂もあって、いつもゆっくり癒されていますよ~。


それでは最後に、今回のお話を振り返っておきましょう!

まとめ

地元が南紀新宮の私が、長年川遊びを楽しんでいる穴場的スポットはこちらの2ヶ所です。(いずれも熊野川の支流)
  • 高田川(雲取温泉の手前の橋の下)
  • 赤木川(福祉施設杉の郷さんが目印)

いかがでしたか。2011年大水害があったこの地域。実はその時、私の実家も裏山の土砂崩れで被害を受けました^^;テレビで実家近辺の被害状況が映った瞬間は、今でもハッキリ覚えています。

そして、その後の復興。今でも、昔と変わらず自然の中で川遊びができることに感謝しないといけません。水害後のあの姿を見ているだけに、ホントつくづくそう感じます!

ぜひあなたも、今回紹介した川遊びスポットで自然の素晴らしさを体験してきてくださね^^

[では!Otama夫issa]


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

関連記事(一部広告を含む)





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)