[ウッドデッキ床張り方]床

「ウッドデッキをDIYしたいんだけど…」
「ウッドデッキの材料におススメなのは?」



とよく質問を受けます。どうも!自称ウッドデッキのプロOtama夫issaです^^


最近、DIYでウッドデッキにチャレンジされる方が増えているような…。DIY応援隊の私にとって、大変喜ばしいことです!


ウッドデッキをDIYする時に、まず悩むのが「どの材料を使うか?」なのでは。確かにウッドデッキに使える材料は、たくさんの種類があるので迷って当然でしょう。


やはり「予算内で、いかに理想のウッドデッキに仕上げるか?」が材料選びのポイントになります!


そのためには、材料の耐久性のことや後々のメンテナンス費用も考えておかなければいけません。


ということで、今回は【DIYでウッドデッキの材料に何を選ぶとべストなのか?】という解説をしていきましょう。



ウッドデッキの材料におススメなのは?

ウッドデッキの材料には、大きく分けて天然材樹脂材2種類あります。

ウッドデッキをDIYする場合、樹脂材を選ぶことはまずありませんので天然木で話を進めていきましょう。

天然木ならハードウッド?それともソフトウッド?

天然木は、ハードウッドソフトウッドの2種類に分けることができます。

さっそく、それぞれ詳しくみていきましょう。

ハードウッドについて

ハードウッドとは、その名前からイメージできる通り「堅い木」です。要は、密度が高く(比重が高い)耐久性に優れた材料になります。

ハードウッドの代表的な材は
  • ウリン
  • イペ
  • イタウバ
  • サイプレス
  • セランガンバツー
などです。

デッキ1
セランガンバツーで製作

これらの材料はかなり高価ですが、本当に耐久性が高いので後々のメンテナンス費用がほぼ掛かりません。

ちなみに、公共施設でよく使われているのもハードウッドです。

やはり長い目で考えると、ハードウッドのメリットはコストパフォーマンスの高い材料と言えます!


最近、ウッドデッキにハードウッドを選ばれる方が多いのもよく分かりますね。その人気ぶりで、希少価値が高まって価格がどんどん高騰していますが…^^;


ただ、このハードウッドにはデメリットが一つあります。それは加工性が悪いこと^^;具体的には…。

  • 本当に堅い!
    もちろん、手ノコでカットなんてとんでもないです。

    ビス留めする時も、必ず専用の錐を使って下穴をあけてから、堅木用のビスで留め付けしなければいけません。

    ホゾ組したくてホゾ穴をあける時も、もちろん苦労します^^;
  • 非常に重たい!
    ハードウッドの規格サイズは、比較的短い2000mmくらいまでが多くなっています。このことがハードウッドの重さを物語っているのでは。

    確かに、90角の4000mmがあっても到底一人では持てませんからね^^;


そういったことから、ハードウッドはDIYに慣れた方でないとおススメできません。つまり、

  • 電動工具の特性を理解していて、正しい電動工具の扱いができる。
  • ノミや手ノコ・カンナといった手道具を扱う技術を持っている。


これらに自信があるなら、材料にハードウッドを使ってウッドデッキのDIYにチャレンジする価値は十分あります!やはり、コストパフォーマンスが高いですからね^^

issaissa

ちなみに、私がハードウッドを仕入れる時よくお世話になるになるのは、リーベのウッドデッキ&ガーデンさんです。


もし、そこまで自分のウデに自信がないというなら、次に紹介するソフトウッドがおススメです。

ソフトウッドについて

ソフトウッドは、堅いハードウッドの逆で「柔らかい材料」のことを言います。

ハードウッドに比べ、耐久性はかなり落ちるというデメリットはあります。でも、価格も手頃で加工性もいいというメリットがあり、特にDIY初心者さんにおすすめしたい材料です。


ソフトウッドの代表的な材は
  • SPF
  • スギ
  • ヒノキ
  • SPF防腐注入材
  • レッドシダ―
などです。

これらのソフトウッドは、ハードウッドと違いもたくさんあるので、温かみのあるイメージの仕上がりになります^^


もちろん、耐久性を高めるために防腐塗料の塗装など定期的なメンテナンスは必要ですよ!

issaissa

ウッドデッキのメンテナンスについてはコチラ!
ウッドデッキの塗装メンテナンス!仕上がりに差がつく方法とは?


[ウッドデッキ DIY]ナナメデザイン
↑我が家のウッドデッキはレッドシダーで製作

ソフトウッドの中で、一番安くホームセンターでも簡単に手に入るのがSPF材です。DIY初心者さんには「まずはコレから!」と言いたいのですが…。

実はこのSPF材、一番使ってほしくない(おススメできない)材料なんです。なぜかというと、耐久性が低すぎるからです。多分、2年もすれば傷んでしまうでしょう。



せっかくDIYした愛着のあるウッドデッキ。簡単に腐ってしまったらショックでしょ^^;SPF材は、雨のあたらない内装材と考えておきましょう。


では「ソフトウッドの中でもおすすめは?」って聞かれたら私はこう答えます。

「少しでも予算が取れるなら、レッドシダーが一番です」と。


なぜなら、レッドシダーはソフトウッドの中で一番耐久性が高いから!状況やメンテナンス具合にもよりますが、6~10年位(もしくはそれ以上)は持つでしょうね。

[ウッドデッキの材料おすすめ]レッドシダー側溝のフタ

↑我が家で約10数年前に設置したレッドシダー(ちなみに無塗装)の側溝フタです。冬の間は雪の下に埋まっていますが、まだ腐っていない(一部交換済)パーツがほとんどです!

劣悪な環境なのにこの耐久性!特に、あの頃のレッドシダーの質は抜群でしたね^^

ただ、これらのソフトウッドの中で価格が一番高いのもレッドシダーになります。(防腐注入材の約1.5倍)だから、予算のことを付け加えたんです。


レッドシダーは耐久性が高いからと言って、ハードウッドのように無塗装というわけにはいきません。必ず、防腐塗料を塗装しましょう。もちろん定期的なメンテナンスも。


そんな加工性と耐久性のバランスが良いレッドシダーも、その人気から価格が急上昇しています^^;もちろん、比較的安価なハードウッドと比べたら断然安価ですよ!


でも、そこまで予算が^^;と言われるなら、次におススメなのが【防腐注入材】になります。

[ウッドデッキDIY費用]防腐注入材
↑防腐注入材は、表面が緑系の色合いです。


防腐注入材は、SPF材などに防腐効果のあるクスリを注入して作られています。確かに表面はよく浸透していますが、芯までは行き届いてません。(切断してみるとよく分かりますよ)


ですので「耐久性は?」と聞かれたら「あんまりかな」と答えます。しっかり防腐塗料を塗って定期的にメンテナンスしても、耐久性は4~6年位でしょうね。

というわけで、ソフトウッドは価格と加工性の良さからDIY初心者さん向けですが、できればレッドシダー防腐注入材を使いましょう!

ハードウッドとソフトウッドどっちが良いの?

ウッドデッキのDIYにソフトウッドを選ぶかハードウッドを選ぶかは、予算だけではなくとDIYの技術(要はウデ)も関わってきます。


だから、一概にどちらが良いかということは言えません。

ただ、どちらもメリット・デメリットはあります。なので、その特性を上手く利用して【予算内に収まる理想のウッドデッキ】を考えていきましょう!


ということで、次にウッドデッキの材料選びに役立つ裏ワザも紹介しますね。



ウッドデッキの材料選びの裏ワザ

ハードウッドとソフトウッドについて理解していただけましたか?それでは、賢い材料選びのコツをみていきましょう。

ウッドデッキの材料選びの裏ワザとは、部分別(パーツごと)に材料を使い分けるという方法です!



え、どういうこと?」って言われそうなので、さっそく説明しましょう。


ウッドデッキは、基礎デッキ本体で作らていますよね。さらに本体を、パーツ分けするとこのようになります。

ウッドデッキ本体のパーツ
  1. 土台・根太
  2. フェンス

ちなみに、この順番は傷みやすい順番でもあります。

一見「見えている床が一番傷みやすいのでは?」と思われがちです。でも実際傷んでいる床をめくると、ほぼその下の根太や土台は腐っています^^;


これまで、何度もメンテナンス補修をしてきているので間違いないでしょう。


根太や土台は、一番傷んでほしくない部分でもあります。なぜかというと、傷んだ時のやり替えが大変だからです!

なので、根太・土台(できれば柱も)には、極力耐久性の高い材料を使うことが一番のポイント


そのかわり床やフェンスは、メンテナンス(洗いや塗装)や補修もしやすいので多少耐久性の落ちる材料でもOKということです。もしソフトウッドを利用するなら、

  • 根太・土台の材料には、耐久性の高いレッドシダーをしっかり塗装(2~3回塗り)して使う!
  • 柱(下場にパッキン併用)・床・フェンスの材料には、比較的安価な防腐注入材を使う!

というように、材料を使い分けることが一番なのかと…。


もちろん予算があるなら、根太・土台にハードウッドを使って、その他のパーツにレッドシダーを使うとより耐久性があがりますよ^^

それでは最後に、今回のお話をまとめましょう!

最後に

いかがでした?今回は、ウッドデッキをDIYする時におすすめの材料について解説してきました。
  • 予算と技術があるなら、ハードウッドが一番コスパが高くおすすめ!
  • ソフトウッドなら、レッドシダー防腐注入材がおすすめ!(SPF材は避けよう)
  • 材料選びの裏ワザとして、パーツごとに使う材料を変える方法もある!

ウッドデッキの材料にはいろんな種類があって悩むところですが、せっかくのDIYなので少しでもコチラの記事が参考になればと思っています!

実は、あともう一つ【ウッドデッキの材料選びに関すること】でお話しておきたいことがあります。

それは【ウッドデッキに屋根を付ける】ことです!

屋根付きにすることで、雨にあたることがなくなるので耐久性がグンとUPします。


ということは、使う材料もALL比較的安価な防腐注入材でも十分OK!もちろん、ウッドデッキに屋根を付けることでほぼメンテナンスフリーにもなりますよ^^

〔Otama夫issa〕

ウッドデッキのあれこれ関連記事

ウッドデッキの作り方!長持させるDIYのコツ10か条を伝授!

ウッドデッキのDIY!気になる費用の出し方をプロが解説!

[ウッドデッキ]バーベキュー失敗しないDIY!ウッドデッキの作り方とコツまとめ[12記事]
ウッドデッキのある暮らしがしたい!ウッドデッキの作り方を知りたい!最近、ウッドデッキをDIYされる方も多いです。そんなあなたに役立つ情報をまとめた記事を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!


DIYお役立ち関連記事

失敗しない蝶番のつけ方とコツとは?知って得するDIY情報!

正しいインパクトドライバーの使い方!失敗しないコツとは?

作業台の作り方!大工さんが使っているペケ台自作のコツとは?

[作業台の作り方 大工さん&合板]準備するものDIY!木工や日曜大工に役立つ情報まとめ[13記事]

DIYでものづくり!大変素晴らしいことですよね^^最近、テレビでもよくDIY関係のことが特集されリフォームやリメイクといった言葉をよく耳にします。こちらでは、そんなDIYのお役立ち情報の記事をまとめています。


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

関連記事(一部広告を含む)





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)