無垢のフローリングの手入れ・道具(亀の子たわし・石鹸・水)

「無垢フローリングって、やっぱり気持ちいいですよね!」
「ただ、やっぱり手入れが大変なんじゃ?」



どうも!無垢フローリングを愛するOtama夫issaです^^


我が家はログハウスということもあり、もちろん無垢のフローリング(厚みが28mmのパイン材)を使用しています。通常は15ミリくらいが多いので、かなり贅沢な無垢材といえます^^


無垢のフローリングは、ふつう無塗装のまま施工してから保護のための塗装をします。塗装をしないと、汚れが浸透してしまうからです。

そういったこともあり無垢フローリングは、メンテナンス(お手入れ)が必要なんですね…^^;


だったら「メンテナンスが楽な合板フローリングがいいのでは?」と言われる方もいます。


でもでも、見た目もそうですが、なんといってもあの感触は天然無垢のフローリングでしか味わえません!素足で歩いてみれば、きっとすぐに分かるはずです^^

ですから、たとえメンテナンスが必要でも「健康素材の無垢フローリングにしたい!」という方も多いのです。


ということで、今回は我が家でも実践している蜜蝋ワックスを使った無垢フローリングの手入れ方法を紹介します!

お手入れすることで、より愛着も湧きますからね^^



蜜蝋ワックスを使った天然無垢フローリングの手入れ方法!

無垢のフローリングに塗る塗料も、いろんな種類があります。中でもよく使われているのが

  • 無公害健康塗料で有名なOSMOのフロアクリアー
  • 今回おすすめする蜜蝋ワックス

2つでしょう。


ちなみに我が家は、新築当初に蜜蝋ワックスを塗装しました。それ以降、特に汚れやすいキッチンやダイニングまた洗面所の床は、何回か手入れしてきました。

意外にも簡単に表面の汚れを落とすことができ、ほぼ元通りに綺麗になります。



私は、仕事柄もありOSMOのフロアクリアーも使用したことがあります。確かに撥水性・摩耗性にも優れているいい塗料だと思います。

両方使ってみて使用感の違いで思うのは、より自然に近いのが蜜蝋ワックスだという点です。


さっそく、蜜蝋ワックスを使ったお手入れについて、細かく見ていきましょう!

蜜蝋ワックスならお手入簡単!まずは洗い作業から

約16年前に蜜蝋ワックスを塗って以来、長年メンテナンスをしていない我が家の床(パイン材)。今回、一番汚れが気になっていた所をメンテナンスしました。

ではさっそく、実際にお手入れした様子をどうぞ。

  1. こちらがお手入れ前の床です。
    無垢のフローリング・手入れ前の状態

    すごいシミが付いてしまってます。実はこの場所で、観葉植物(モンステラ)を育てていました。このシミの原因は、モンステラの葉から出る汁(水)だったんです。綺麗になるか少し心配でした^^;

  2. こちらが、洗うために使った道具です。
    無垢のフローリングの手入れ・道具(亀の子たわし・石鹸・水)
    • 亀の子タワシ
    • 石けん
    です。ちなみに、軽い汚れだと洗剤要らずのメラミンフォームがイチバン便利です!
    無垢のフローリングの手入れ・メラミンフォーム

    今回、かなりひどいシミもあるので、こちらの道具も準備しました。
    無垢のフローリングの手入れ・道具(マジックロンたわし・金ブラシ)

    これは、マジックロンと金ブラシです。(かなり強力です)

  3. まずはしっかり汚れを落とすために、水で濡らして汚れを浮かします。
    無垢のフローリング・水で湿らす

    ほとんど撥水効果が落ちてしまっていますね^^;
    無垢のフローリング・撥水効果が落ちている

  4. 石鹸を付けて、まずは亀の子タワシでゴシゴシこすっていきます。
    無垢のフローリングの手入れ・石鹸をつけてこする

    簡単に、全体的に綺麗にすることができました!ただ、がんこなシミがなかなか落ちません^^;

    そこで、マジックロン金ブラシの登場です。
    無垢のフローリングの手入れ・ひどい汚れをマジックロンでこする

    こちらはやはり強力で、がんこなシミも綺麗に落とすことができました!

    ちなみに1分弱ですが、洗いの様子を撮ってみましたのでご参考にどうぞ↓

    ただしマジックロンなどを使った時は、表面を少し削ってしまいます。ザラザラ感が気になる方は、乾いてからペーパーがけするといいと思います。


  5. 浮き出た汚れを、ぞうきんで拭き取りながら進めます。
    無垢のフローリングの手入れ・浮き出てきた汚れを拭き取る

    うーん...かなりの汚れですねえ^^;きれいな水を使いながら、しっかり汚れを拭き取りましょう。

  6. 汚れをしっかり拭き取った後は、乾いた雑巾で乾拭きします。
    無垢のフローリングの手入れ・乾拭きをする

    乾拭き後は、こんな感じです。
    無垢のフローリングの手入れ・乾拭き後

  7. こちらが洗いのお手入れ後と、洗い前の比較画像です。
    無垢のフローリングの洗い前後

あのシミだらけの床が、すっかり綺麗になりましたね!

うーん、洗っていないところが気になるう...^^;

ちなみに、この日は天気も良く乾燥していて風もあったので、表面はすぐに乾いていきました。中までしっかり乾燥させるには、一日は放置しておきましょう。



以上が、洗い作業の流れです。長年お手入れしてなかった無垢のフローリングが、すっかり綺麗に蘇りましたね^^

やっぱり無垢のフローリングはスゴイです!久々に実感^^さすがに合板フローリングでは、こうはいきませんからね。


洗いができたら、いよいよ蜜蝋ワックスの再塗装です。さっそくいってみましょう!



蜜蝋ワックスならお手入簡単!洗って乾燥させたら再塗装です

綺麗に洗って汚れを落として、しっかり乾燥させてから、蜜蝋ワックスを再塗装します。

  1. こちらが準備したものです。
    無垢のフローリングの手入れ・蜜蝋ワックスと道具
    • 蜜蝋ワックス
    • スポンジ
    • スプーン
    • 缶オープナー(ちなみにOSMO社のもの)
    です。塗り方は至って簡単!注意することはひとつ、「しっかり伸ばして塗りすぎないようにすること」だけです。

  2. スプーンで蜜蝋ワックスを少量とってスポンジにつけ、だまにならないようにスプーンの裏で広げます。

    だいたいこれ位です。
    無垢のフローリングの手入れ・蜜蝋ワックスをスプーンでとる

    固まりのまま塗ると、どうしてもムラになりやすくなりますので、このひと手間は大切ですよ。
    無垢のフローリングの手入れ・蜜蝋ワックスを平らに伸ばす

  3. 塗る場所の端から順に、しっかり伸ばしながら塗っていきます。
    無垢のフローリングの手入れ・蜜蝋ワックスを塗る

    触ってみてべたついているようなら、伸ばしきれていない証拠なので、しっかりチェックしながら塗りましょう。

  4. 塗り終わったら、乾いたぞうきんで乾拭きします。
    無垢のフローリングの手入れ・蜜蝋ワックスを塗ったあとの乾拭き

  5. 以上が、塗り方の手順です。ホントに簡単でしょ^^ちっちゃなお子さんでも十分できる作業なんです!

  6. こちらが塗装のビフォーアフターです。
    無垢のフローリング・蜜蝋をまだのところ・塗ったところ

    蜜蝋ワックスを塗ったところは、少し色が濃くなってしっとりした感じになっています。


    もう一度言っておきますが、塗りすぎにだけは注意してくださいね!

  7. さらにこちらが、お手入れをしていない所との比較画像です。
    無垢のフローリングの手入れ・お手入れ前と後

    簡単なお手入れで、すごく綺麗になりました!うーん「こっちも綺麗にしたあい」って思いますよね^^

塗装後の乾燥は、時期や天候にもよりますが半日から1日は乾かしましょう。また、敷物も乾いてから敷くようにしましょう。



ちなみに、お手入れ後の撥水テストを撮ってみました!20秒ほどです↓
水分を弾くのはもちろんのこと、汚れもまったくつきません^^

あと、塗装後の塗りたては特によく滑りますので気を付けてくださいね。



まあ、使っていくうちに馴染んできますので心配いりませんが…。それでは次に、今回使用した蜜蝋ワックスについてお話しておきましょう!



おすすめ塗料の蜜蝋ワックスについて

それでは、蜜蝋ワックスの特徴について簡単にまとめておきますね。

正式には未晒し蜜ロウワックスといい、材木屋さんとハチミツ職人さんが作りました。未晒しということは、化学薬品によって漂白されていない蜜ロウを使用しているんです。

また、無添加無農薬の精製荏ゴマ油が使われているので、匂いもほとんどありません。自然を活かした、人にも環境にもやさしいワックスなんです。


ちなみに我が家は、いつもコチラで購入してます^^


そして、長年愛用してきた感想です!

  • 何と言っても塗り方が超簡単なので、誰でも塗装できる!
  • 自然塗料なので安心して使える!


ということです。あと、今回のお手入れを見て分かっていただけたと思うのですが、非常にメンテナンスがしやすい塗料なんですね^^

というわけで、蜜蝋ワックスは無垢フローリングには最適な塗料だと思いますよ。

それでは最後に、今回のお話を振り返っておきましょう!

まとめ

いかがでした?無垢のフローリングは、年月が経つほど飴色になっていい味がでてきます!

そう!床についたキズさえも味わいとなり、汚れたら洗って蜜蝋ワックスで元通り。なんです~^^

ちなみに、無垢フローリングについた傷の補修に関してはコチラ↓
無垢フローリングの傷!補修にアレを使えば元通りに?!

ところが、合板フローリングではそうはいきません。もともと合板は水に弱いので、傷つけてしまうと、どうしてもそこから傷んでくることも多々あります。

特に、水回りでは要注意。しかも私はどうしても、あの感触が好きになれません...^^;

特に夏場、裸足で歩き回ったりゴロリと寝転んだ時の気持ちよさは、やっぱり無垢のフロリーングにかなうものはないですね。

呼吸している木は、やっぱり気持ちがよいんです。

ということで、末永く気持ちよく無垢フローリングを楽しむためにも、きちんと手入れしてあげましょう!


〔無垢フローリングが一番!Otama夫issa〕

DIYお役立ち関連記事

無垢フローリングの傷!補修にアレを使えば元通りに?!

[作業台の作り方 大工さん&合板]準備するものDIY!木工や日曜大工に役立つ情報まとめ[11記事]

DIYでものづくり!大変素晴らしいことですよね^^最近、テレビでもよくDIY関係のことが特集されリフォームやリメイクといった言葉をよく耳にします。こちらでは、そんなDIYのお役立ち情報の記事をまとめています。


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

関連記事(一部広告を含む)





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)