香川のキャンプ場で大人気!まんのう公園のオートキャンプ場レビュー!


夏休みに入ってすぐに、四国へ3泊4日のキャンプツアーへ行ってきました!

そのうち2泊したのが香川県。今回滞在を決めたオートキャンプ場は、国営讃岐まんのう公園内に併設されています。


正式名称は『ホッ!とステイまんのう・オートキャンプ場』です♪

スポンサーリンク


このキャンプ場は、なんと四国地方で初の五つ星ランク!!(日本オートキャンプ協会認定)


期待度マックスで体験してきましたので、さっそくまんのう公園のオートキャンプ場についてレビューしてみたいと思います。

もちろん、今回も良かった点残念だった点など、余すことなくご報告しちゃいますよ^^


まんのう公園のオートキャンプ場ってどこにあるの?

まんのう公園・オートキャンプ場パンフレット

冒頭でも触れましたが、JAC認定(オートキャンプ場星マーク認定)なんて、あるんですね~!

JAC認定とは、国内のオートキャンプ場の施設や運営管理向上のために作られた制度なんだそうです。
「ホッ!とステイまんのう」ができてすぐ、1998年に4つ星認定、2003年には最高グレードの5つ星認定という実績のあるキャンプ場なんです♪


そんなホッ!とステイまんのうの基本的な情報から見てきましょう。

ホッ!とステイまんのう・オートキャンプ場の基本データ

  • 住所 〒766-0023 香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12
  • 電話番号 0877-79-1717
  • キャンプ場の料金 一般カーサイト(オートキャンプ)3,100円(税込)
    ・・・100平方メートルの芝生テントサイト(全長6m未満の一般乗用車が対象)水道・流し台・AC電源あり(別途500円)
  • 施設維持費 大人(高校生以上)1人640円(税込)/子供(小中学生)1人280円(税込)/未就学児 無料
  • チェックイン 14:00~18:00
  • チェックアウト 8:00~12:00
  • 地図


キャンプサイトは、一般カーサイト(オートキャンプ)の他に
キャビン(コテージ)や、トレーラハウス、キャンピングカーサイト、フリーサイト、二輪フリーなどなど、とっても種類が豊富なんです^^

もちろん、施設維持費にはまんのう公園の入園料も含まれています。
予約が完了すると、封書で案内が送られてきます。


  • ご利用案内
  • 利用申込書(予約内容)
  • 利用通行証
  • ホッ!とステイまんのうのパンフレット
  • 最寄りの国道からの詳しい地図
これらが、同封されていました。

地図がとても親切で、おかげで迷うことなく現地へ到着することができましたよ!

まんのう公園・詳しい地図


そして、利用案内を詳しく見てみると、なんとあるモノを発見したんです!それは冷蔵庫のレンタル
これを発見したことによって、2泊のキャンプがより快適になりました♪


ちなみに、今回私たち(大人2名、小学生1名、3歳児1名)が支払ったキャンプ料金は・・・

  • 一般カーサイト(オートキャンプ)・・・3,100円
  • AC電源・・・500円
  • 施設維持費・・・大人640×2名+小人280×1名=1,560円
    ※次女は未就学児なので無料
  • 冷蔵庫レンタル・・・100円
  • ×2泊・・・5,260円×2

  • 合計・・・10,520円
でした!


私たちは電話で予約をしたのですが、インターネット予約も完備されています。かなりの人気キャンプ場なので、繁忙期は特に早めの予約がオススメです!


お次は、キャンプ場の施設や特徴ついてご紹介していきますね。

スポンサーリンク


施設や特徴について

ここで、ホッ!とステイまんのうキャンプ場のテントサイト、トイレ、炊事棟やお風呂など、各施設や特徴などについてご紹介したいと思います。

まんのう公園・オートキャンプ場のテントサイト(雨)
↑雨仕様のテントサイト。


ココを拠点に、讃岐うどんツアーへや金比羅山へも行きました♪


テントサイトや設備について

今治観光を終えた私たちは、まんのう町へ移動。
ちなみに、前日泊まったオートキャンプ場はのレビュはこちらです。
愛媛のキャンプ場は海!瀬戸内東予シーサイドキャンプ場のレビュー!


で、あらかじめ送っていただいた地図のおかげで、すんなりとまんのう公園内のキャンプ場管理センターへ到着することができました。


そこで、チェックインと支払いの手続きをすませ、まずは、買い出ししてきた食材をレンタルした冷蔵庫へ避難させました。冷蔵庫は小さめと大きめの2種類あって、大きめは1泊200円でした。

コインランドリーも管理棟内にあり、さっそく利用しました。


そして、いよいよテントサイトへ!

キャンプ場内は、かなり広いので、もちろん車で移動です。キャンプ場出入り口のゲートをくぐるためのカードを支給されます。これを出し入れするのがチョット面倒ですが、まぁ仕方ないですね。

まんのう公園・オートキャンプ場のテントサイト


到着した日は、あいにくの雨模様(画像はお天気回復後に撮影したもの)だったのですが、おかげでテントサイトはがら空き!

現地で迷いに迷い吟味した上で、やっぱり場所替えをすることにしました。管理棟のフロントへ連絡して、AC電源の鍵も交換です。

まんのう公園・オートキャンプ場のテントサイトと小道


決め手となったのは、炊事棟とトイレが近いところ。
まんのう公園・オートキャンプ場の炊事棟とトイレ


というのも、困ったのは、雨の中での食事。タープの中でもいいのですが、かなり激しく降ってくると大変なのです。ですから炊事棟でバーベキューをする許可をいただきました^^


炊事棟は管理が行き届いていて、流しもとっても綺麗!
まんのう公園・オートキャンプ場の炊事棟


そして、なんと!洗い物をするときに驚いたのですが、この給湯器があってお湯がでるのです!油物を洗うときや冬場のキャンプでは、ありがたいですね~。
まんのう公園・オートキャンプ場の炊事棟給湯器


カマドもあります。ホウキとチリトリも常備されていました。
まんのう公園・オートキャンプ場の炊事棟カマド

炭捨て場も、キチンと設置してあります。


トイレ&シャワー棟の入口は網戸で、虫対策がバッチリ!もちろん蚊も入ってきません(笑)
まんのう公園・オートキャンプ場のトイレ入口


今回は使いませんでしたが、シャワーはこんな感じです。
まんのう公園・オートキャンプ場のシャワー棟


5分100円で、さっと汗を流したい時は便利ですね。
まんのう公園・オートキャンプ場のコインシャワー


各カーサイトには、小さな炊事場が設置されています。でも、これがあるのとないのとでは、快適さが格段に違ってきます。
まんのう公園・オートキャンプ場のテントサイト炊事場


炊事場の横に電源のボックスがあります。チェックインしたとき、鍵をもらいます。
まんのう公園・オートキャンプ場のテントサイトAC電源


さすが、五つ星キャンプ場です!あらゆる点で至れり尽くせりといった感じでした^^しかも平日の夏休みで初日が雨だったこともあるのか、テントサイトはほぼ私たちだけ!?と言っていいくらい貸切状態だったのです♪(キャビンは埋まっていましたが)


お風呂について

お風呂については、まんのう公園の近くにいくつかの温泉があることを下調べしていました。ですが、初日は、管理棟内のお風呂(大人300円、子供200円)をお借りすることに。

こじんまりとしていますがとても綺麗で、これまた貸切状態!なかなか快適でしたよ♪


翌日の2泊目は、車を15分ほど走らせたところに温泉があって、じんわりと満喫してきました!

行ってきたのは『さぬきの秘湯 塩入温泉』です。
さぬきの秘湯 塩入温泉情報

  • 住所 〒769-0302  香川県仲多度郡まんのう町塩入718-140
  • 連絡先 0877-78-3363
  • 営業時間 10:00~21:00(受付20:30まで)
  • 休館日 毎週水曜日・年末年始(12月31日~1月1日)
  • 料金 大人500円/小人(3~12歳まで)400円
  • 泉質 ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉
  • アメニティー ボディーソープ/リンスインシャンプー

お湯の質もよく、効能は、筋肉痛や関節痛、五十肩に冷え性、疲労などなど他たくさん!お肌ツルツルになりました^^


よかった!感動した!ところは?

香川でキャンプ!七輪で天然の鯛を焼く

何かあると「さすが五つ星キャンプ場やなぁ~」が合言葉になっていた私たち。そこで、ここでは感動したところやよかった点をあげてみたいと思います^^


『ホッ!とステイまんのう』のよかったところ

  1. 到着後、自分で好きなカーサイトを選べ直せる♪
    (もちろん空きがある場合)

  2. 国営讃岐まんのう公園が、すぐそこなので存分に遊べる♪
    (レンタサイクルが充実!)

  3. 冷蔵庫がレンタルできてありがたい!
    (保冷剤や氷も作れる)

  4. 炊事棟のシンクは、お湯も出る!
    (今回は夏でしたが、寒い季節はありがたいし、油物がよく落ちます)

  5. トイレ棟のドアはガッツリと網戸に!
    (虫の侵入が最小限に抑えられる)

  6. 多目的トイレには、小さい子供用の便座もあり!
    (幼児にはありがたい小さな便座)

  7. 管理棟のお風呂がキレイ!
    (シャワーじゃなくゆっくりつかりたいけど、温泉まで行くのが面倒な時ありがたい

  8. 温泉も近い♪
    (塩入温泉意外にもいくつかあります)

  9. うどん屋さんや、こんぴらさんが近い!
    (さぬきうどんの本場なので、周りにはうどん屋さんがたくさん!金比羅山にも登りました!)

全体的にとても管理の行き届いた、清潔感があふれるとても利用しやすいキレイなキャンプ場でした。

もちろん自然の中でのキャンプなので、虫や土、雨による泥なんかは仕方がないし、むしろ醍醐味とも言えます。そこ以外のところで、かゆいところに手が届くようなサービスがたくさん施されていたように感じました。


では、お次にほんの少しですが、残念だったところを。。。


チョット残念だった点は?

香川でキャンプ!朝食のホットサンドをつくる

そんな大満足な「ホッ!とステイまんのう」オートキャンプ場ですが、ちょっとだけ残念だったところもお伝えしておきますね^^;

『ホッ!とステイまんのう』のチョット残念だったところ

  1. 炊事棟の消灯時間が、21時だった!
    (まだ食事中だったのに、真っ暗~)

  2. 雨のため地面がドロドロで使えない選べないサイトも!s
    (芝生サイトとはいえ、土がでているところがありジュクジュクに)

  3. 花火を許可されている場所が、ちと遠かった!
    (サイトは花火禁止はもちろん仕方ないんですけどね~)

  4. まんのう公園の門限があるので注意!
    (キャンプ場のゲート以外に、公園自体に門限があって西口北口でそれぞれ違う)

1番ですが、少し補足しておく事件(?)があったのです。
実は初日はけっこうな雨が降っていたので、炊事棟を利用することを許可していただきました。(ほかのお客さんもいなかったので)

ところが、消灯時間について聞いていなかったので、あともう少しで終わりというところで、突然真っ暗になってしまったんです。スタッフの方に、電話でお伝えすると、なんとかライトを照らして...。なんて言われたんですよね。


ところが!しばらくすると大きなLEDライトのランタンを2つ、なんとチェックアウトまで使用してくださいと置いていってくださったのです!!

これはありがたい!と、ここでもまた「さすが五つ星やなぁ~」が、出ましたとさ^^


最後に・・・

いかがでしたでしょうか。

ちょっとレビューが長くなってしまいましたが、そのくらいお伝えしたいコトが盛りだくさんだったのです( ´艸`)


このホッ!とステイまんのうオートキャンプ場は、なんと、最大106家族も収容可能なんだそうですよ。

そしてまんのう公園もかなり遊びが充実していて、めっちゃ楽しめました♪この公園については、また改めてご紹介しますね!


最後の最後に本当のところを言うとですね・・・
実は1泊はトレーラーハウスに泊まりたかったんです(´-ω-`)でも、また行きたいリピ決定のキャンプ場なので、次はチャレンジしてみたいと思っています♪



キャンプ・アウトドアにお役立ちの関連記事!

オートキャンプ初心者さんも!持ち物リストで忘れ物なし!

キャンプのクーラーボックス!イグルーを選んだ理由とは?

七輪でバーベキュー!キャンプに自宅に大活躍のワケとは!?

滋賀のオートキャンプ場!温泉がすごい姉川パークキャンプ場のレビュー

愛媛のキャンプ場は海!瀬戸内東予シーサイドキャンプ場のレビュー!

香川のキャンプ場で大人気!まんのう公園のオートキャンプ場レビュー!

虫除けアロマの作り方!意外と簡単!赤ちゃんにも!?


瀬戸内東予シーサイドキャンプ場の常設テントサイトキャンプ・アウトドアにお役立ちのまとめ[18記事]

気がついたら、キャンプ歴も20年以上になりました。そんな私たちとキャンプ好きなWebライターさんの体験をもとにしたアウトドアやキャンプのお役立ち情報やグッズ、またおすすすめのキャンプ場もご紹介!あとバス釣り関連のまとめ記事も^^

香川うどん[はゆか]ぶっかけうどん四国のグルメ&お出かけスポットのまとめ[7記事]

ずーっと行きたかった四国のキャンプ!今年の夏は愛媛と香川へ。そこでの観光やグルメもしっかりチェックしてきました!それぞれの記事をまとめてみました。


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2015年10月27日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ