「本当の卵かけご飯が食べたいっ!!!」
長女が、最近ずーっと、それはしつこく訴えるんです。。。^^;



1歳の頃、卵アレルギーと診断された長女が、早いものでもう小学6年生。

アトピー体質も、成長とともにすっかり落ち着いてきて、
今では、ほぼなんでも食べられるようになってはいます。
(ただし、ストレートの牛乳は避けてます...)

スポンサーリンク


でも、普段我が家では、子供たちに卵かけご飯を食べさせていません。
(私の小さい頃は、納豆に生卵が定番でしたが^^;)


いつもは、亜麻仁油とお醤油のなんちゃって卵かけご飯
じゅーぶん満足してくれていたのですよ。
(いやでも、こっちのがヘルシーで栄養あるってば...)


ところが!

とうとう、卵かけご飯への憧れが、止まらなくなってきたようで
「食べたい!」コールを毎日毎日、繰り返すのです^^;


それならばと、母Otamaは考えました。
せめて、生卵より消化に良さそうな、温泉卵ならどうよ!?

・・・と、とうとう根負けして、
温泉卵を作ってあげることにしました┐(´ー`)┌


ならば、手間いらずで簡単に、しかも失敗せず
とろ~りぷるん!な温泉卵を作りたい!


そんなOtamaと同じ思いを抱いているあなたにも・・・
このあと、超カンタンな温泉卵の作り方をご紹介したいと思います♪


お鍋ひとつ!超簡単な温泉卵の作り方

それでは、さっそく失敗知らずな温泉卵の作り方に参りましょう!

温泉卵の完成!

今回は、温泉卵4個分です^^

材料&準備するもの

  • 生卵・・・4個(冷蔵庫から出してすぐのもの)
  • 小鍋・・・1つ(卵がすっぽりはいる大きさ)
  • 水・・・卵がヒタヒタになるくらい(今回は600ccほどでした)

作り方

  1. 鍋に水を入れ、沸騰させます。

  2. 沸騰したら、火を消します。

  3. お鍋に卵をそ~っと入れていきます。
    温泉卵の作り方・小鍋編

  4. 蓋をして15分まちます。(火は消したままで)

  5. 蓋を開けて、卵をそ~と取り出して、冷まします。
    (トングで、挟んで取り出すと便利)

  6. 卵を割って、とろ~り温泉卵の出来上がり!
    温泉卵の完成!


ポイント!

  • 卵は、冷蔵庫から出してすぐでOK!
    (常温の場合は、4番の時間を短くしないと固まりすぎに^^;)
  • お鍋に入れたとき、卵がすっぽりとお湯につかるように。
  • 季節や室温によっては、多少固まり具合が変わります。




ちなみに、4番のところで、あと5分ほど放置したら
こんな感じで、さらに黄身が固まっていました。

温泉卵(ちょっと黄身固め)の完成!

黄身は半熟卵のような感じですが、白身はトロトロのままです。


なので、黄身の固さは、放置時間で調整できますのでお好みで^^

あと、冬の寒い日につくる場合も、
多少放置タイムを延長したほうがよさそうです。


もちろん、数が多いと温度変化が起こるため、同じようにできないので
たくさん作る場合は、放置タイムを調節してくださいね。

失敗しないためには、今回のように4個から作るのがオススメです^^


常温の卵(M)サイズの場合は?

ここで、常温の場合の質問コメントをいただきましたので調べてみました!

常温にもどした卵の場合は、沸騰して火を止めたあと
水を1割(今回の場合は60cc)追加してから、沈めて放置しましょう。
放置時間は、Mサイズの卵で10分です。

※冬などで室温が低い場合は、水の量は半分でOKです。


そういえば、母が直感で、消化がいいのは生卵より温泉卵!
思ったことって、本当に正しかったのでしょうか?

スポンサーリンク


そのことがちょっと気になったので、リサーチてみましたよ。
(いまごろ、調べんたんかーぃ(笑))


温泉卵って本当に消化にいいの?

なんとなく、生卵で卵かけご飯をさせることに抵抗があったので
温泉卵を作って、温玉ご飯にしてあげたのですが・・・

炊きたてご飯に温泉卵!

この判断って、正しかったのでしょうか?


調べてみた結果、たまご消化吸収時間ランキングは
おおよそですが、このようになります。

1位 温泉卵・・・1.3時間
2位 半熟卵・・・1.5時間
3位 ゆで卵・・・2.5時間
4位 生卵・・・2.7時間
5位 目玉焼き・・・3時間
6位 卵焼き・・・3.2時間

はい!母のカンは、正しかったのでした!( ̄ー ̄+)v
やっぱり生卵より温泉卵のほうが、消化吸収が良かったのです。


ただ、意外だったのは、ゆで卵より生卵の方が消化に時間がかかること。
そして、卵焼きが3時間以上なのに、びっくりしました。


消化がよいということは、腹持ちが悪いということ。
なら、逆に言えば、卵焼きや目玉焼きは腹持ちがいいってことですね。

お弁当のおかずに定番な卵焼き、これは理にかなっているのかな。
とも思いまいした^^


にしても、温泉卵は、やっぱりお腹に負担をかけない
しかも、生卵より消化がよくて、アレルギーの心配が少ない
ということが、わかってホッとしました。


最後に・・・

いかがでしたでしょうか?


長女は、さっそく出来上がった温泉卵を炊きたてご飯にのせ
極上のお醤油をかけ、それは美味しそ~うに食べていました( ´艸`)ムププ


これでしばらく我が家では、温泉卵ブームがつづきそうですね...。


あと、電子レンジでもっと簡単につくる方法もあるようです。
でも、我が家にはありません。

え?!何がって?
はい、電子レンジがない。のです(´ε`;)
(数年前に故障して、そのままやりくりできています)

だから、お鍋で温泉卵が簡単に作れるこの方法は、とっても重宝します。


他にも「うちは、いつもこの方法で失敗なしよ♪」という
温泉卵の作り方情報がありましたら
コメント欄にてお気軽にシェアしてくださると、とっても嬉しいです^^



”ブログで人生が劇的に変わったアラフォー主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!




スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー

おすすめ関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)