「ん?!もしかして、汗臭い?!」

わーーん゚(゚´Д`゚)゚
さっき、汗をかいてしまったから、もしかしてわたし、ニオってるかも。。。


もうすぐ梅雨明け。そして暑い夏がやってくる。ということは、ガンガン汗をかく季節、到来ですよね~^^;


この時期だけは、汗の臭いがとーーっても気になっちゃいます。。。


よしっ!汗の臭い対策、なんとかしなくっちゃ!!


ってことで、今回しっかり研究して、簡単にできる方法かつ、効果が実感できたものだけをご紹介します!

しかも、カラダにもおサイフにもとっても優しい方法ですよ~。あなたも、この夏を爽やかに乗り切るために、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

汗の臭い対策に効果的な3つの方法!

Otamは、もともと敏感肌なアレルギー体質なのと小さな子供を育てていることもあって、普段からなるべくカラダに優しいものできるだけ非ケミカルなものをチョイスするようにしています。


手っ取り早く、汗の臭いや、体臭をなんとかしたい時、市販のスプレーやなんとかシートを利用するという方法もあるのですが、それらはできるだけ使いたくないのです。
(もちろん否定はしませんし、若かりし頃は使っていました^^;)


で、これら3つの方法がとても効果的だったのです^^


  1. 米のとぎ汁で入浴をする
  2. りんごの芯を使った湿布
  3. アロマオイル(精油)使ったスプレー


今回は、この中から・・・
1番の『米のとぎ汁入浴』をご紹介します!

汗腺機能を取り戻せ!なぜ米のとぎ汁入浴がいいの?

実は、汗の臭いに関係するのは、カラダの全身に分布している、エクリン腺なのです。


で、このエクリン腺から出る汗

  • 水分・・・99%
  • 塩分&尿素&アンモニア・・・1%


ところが、最近の環境の変化、特にエアコンの効いた部屋にいることが多くなり、このように汗腺の機能が低下してしまうんですよねぇ・・・。



  • 汗腺機能が正常・・・サラサラの汗

    ⇒汗の材料として取り込まれたミネラル類と水分のうち、カラダに必要なミネラル類は、血液に再度、吸収される。


  • 汗腺機能が低下 その1・・・ベタベタの汗

    ミネラルの再吸収が正常に働かないので、ベタベタした汗になる。
    蒸発しにくいベタベタ汗は、雑菌が繁殖しやすい。
    結果、雑菌が臭いを発生させてしまう!


  • 汗腺機能が低下 その2・・・休眠汗腺の増加

    ⇒汗を出さなくなってしまった休眠汗腺
    ここに詰まった垢や老廃物が汗に溶け出し、さらにベタベタ汗に。
    結果、臭いも強くなってしまう!


じゃあ、いったい汗腺機能を回復させて、サラサラ汗がかけるようになるためには・・・


OtamaOtama

そう!米のとぎ汁入浴が、有効なんです♪


なぜ、米のとぎ汁で入浴するのがいいのかって?

それはですね~


  1. とぎ汁(米ぬか)に含まれる酵素が、余分な皮脂や角質を取り除き
    汗腺を清潔に保ってくれる。
  2. とぎ汁(米ぬか)には、保湿効果があるので
    皮脂を必要以上に奪うことがなくしっとりする。
  3. 血行が良くなり、新陳代謝がアップするので
    サラサラの汗が、かけるようになる。

このような効果が期待できるのです^^


それでは、いよいよ米のとぎ汁入浴の効果的な方法をお伝えしますね♪

スポンサーリンク


サラサラ汗をかこう!米のとぎ汁入浴の効果的な方法とは!

汗の臭いワキガを撃退するために、カラダに優しく美肌効果も期待できる、米のとぎ汁入浴の方法です。

材料

米のとぎ汁・・・500cc程度
(異臭のするような、古いものが使用しないで~!)

米のとぎ汁

入浴方法

  1. 浴槽に、3分の1程度のお湯(43度くらいの熱めで)をはります。

  2. 左右の膝から下と、肘から先だけをお湯につけます。(10分くらい)

  3. 次に、浴槽に水を足してぬるめのお湯(36度くらい)にして
    そこへ米のとぎ汁をいれて10~15分ほどつかります。

  4. この時、全身を使っても、半身浴でもOKです。

  5. あがる際に、シャワーで洗い流します。

  6. 入浴後は、汗を拭き取って水分補給をしてゆっくりやすみましょう。
    (10~15分ほど)

  7. できれば、汗が蒸発してしまうまでは、衣類を着ずにすごしましょう。



うっかり、米のとぎ汁を用意し忘れた時なんかには、米ぬかをガーゼなどに包み湯船で揉み出してもよいですよ~^^

米ぬか洗顔 米ぬか洗顔ガーゼ


米のとぎ汁をいれたお湯って、とてもまろやかで柔らかく、乳白色の温泉に入っている気分で、癒されます。

OtamaOtama

こちらでもお風呂での米ぬか利用について語っています♪
米ぬかの利用方法!捨てるなんてとんでもない!?


で、お風呂上がりの感じはと言うと・・・

余分な皮脂が落ちて、スッキリさっぱり!でも、しっとりしているんです。

次の日は、ほとんど汗の臭いも気にならなくなりベトベトした汗もなく、サラサラ汗をかけたようでした。


お米のとぎ汁に溶けている、米ぬかの酵素が働いてくれた証拠です^^


これは、ホントに試してみる価値ありですよ♪では、最後に今回の内容を振り返ってみましょう^^

最後に・・・お洗濯にも!?

  • 汗の臭い対策に効果的な3つの方法は
    1. 米のとぎ汁で入浴をする
    2. りんごの芯を使った湿布
    3. アロマオイル(精油)使ったスプレー
  • 汗腺機能を取り戻せすには”米のとぎ汁入浴”がおすすめ!
  • ”米のとぎ汁入浴”の効果的な方法は、米のとぎ汁米ぬか&ガーゼを準備すればとても簡単!

お勤めしていた時代は、どうしてもエアコン漬けの日々で、汗腺がえらい怠け者になっちまっていたようでした(´-ω-`)


そんな時、この米のとぎ汁入浴法は、まさに救世主だったんです♪お米のとぎ汁なら、毎日お米を炊くときに手に入るし、O円だし、試してソンはなし!


あとですね。。。

余談ですが(いや余談どころか本題かも)、臭いが気になるTシャツをとぎ汁に浸しておいたんですね。

すると、翌朝にお洗濯をする際、なんと汗臭さが消えていたんです!


いやはや、お米のとぎ汁パワー恐るべし~!!!



”ブログで人生が劇的に変わったアラフォー主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!




スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー

おすすめ関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)