あんこの作り方!超簡単なガス代が節約できる裏ワザとは?


先日なにげなくTVを見ていたら
小倉トーストが、紹介されていたんです。


Otamaは、高校卒業後10年以上、名古屋に住んでいたので
小倉、つまりあんこをトーストにのせて食べる
小倉トーストに、すっかりハマった人でした^^;


あ~~~!
久しぶりに、小倉トーストが食べたい!!


そうだっ!あんこを作ろう♪

スポンサーリンク



思い立ったらさっそく作りたくて、うずうず・・・!


でも、今まで私が知っているあんこの作り方だと
小豆をお鍋で柔らかくなるまでゆでるところから
スタートなんですよねぇ。。。


うーん・・・面倒だ・・・
長時間火を使うなんて暑いし、ガス代がもったいない・・・(^-^;


ところが!!


先日、魔法瓶(保温ポット)を使った
簡単に豆料理ができる方法という裏ワザを見つけたのです♪


で、よい機会なので今回試してみましたっ!


結果は・・・


な・ん・と!
本当に、ガスを使わず簡単に茹でることができたんです^^

ガス代が、半分以下ですよ!
いや、もしかしたら3分の1以下かも・・・!


この方法は小豆だけでなく、いろいろな豆に応用可能なので
これからは、豆料理がぐっと身近になります♪
(これまで豆料理って1日仕事でしたもんねぇ。。。)


それでは、さっそく見ていきましょう~^^


魔法びんで超簡単にゆで小豆!?

小豆をゆでる(魔法瓶で)04

まずは、必要なものとして魔法びん(保温ポット)を用意します。

わざわざ購入しなくても
お家に、1本や2本はあるのではないでしょうか^^
もちろん、最近流行りのスープジャーでもOKです!

●魔法びんの条件
保温効力・・・2時間後、80度以上


条件をクリアした魔法びんが、見つかったら
いよいよ小豆を茹でてみましょう♪


◆材料・準備するもの

  • 魔法びん・・・1.2リットル
  • 小豆(乾燥)・・・130グラム
  • 熱湯・・・2リットルほど
魔法びんサイズいろいろ

今回は、画像の魔法びん1.2Lのものを使ってみました。

ここまで大きなものがない場合でも、もちろん大丈夫!
小さい魔法びんなら、少量からできちゃいます^^


乾燥豆は、茹でると2倍から2.5倍ほどに増えます。
ですから、魔法瓶と小豆の分量の目安はこんな感じです。

魔法びんの容量が

380mlの場合・・・乾燥豆40グラム
480mlの場合・・・乾燥豆60グラム

お手持ちの魔法びんと
上記を参考にしてみてください^^


◆乾燥小豆のゆで方

  1. 魔法びんに小豆を入れます。
    小豆をゆでる(魔法瓶で)01

  2. 1に、熱湯を注ぎます。
    小豆をゆでる(魔法瓶で)02

  3. フタをして、軽くゆすり小豆を洗うと同時に
    魔法びんの中も温めます。
    小豆をゆでる(魔法瓶で)03

  4. 注ぎ口から、中のお湯を捨てます。

  5. 再び、魔法びんの口近くまで熱湯を注ぎ
    すばやくフタをして密閉します。
    小豆をゆでる(魔法瓶で)04

  6. 2時間半後、小豆と茹で汁をザルで分けます。
    (茹で汁は、あとで使うので捨てないように)
    小豆をゆでる(魔法瓶の温度)
    ちなみに、今回使用した魔法びんは、2時間半後でも
    80~90度を保っていました!

  7. これで、茹で小豆の完成です♪
    小豆をゆでる(魔法瓶で)04


どうですかっ!
魔法びんにお任せの放置プレイなのに、完璧な茹で上がり!

最初に、お湯を沸かす時のガス代か電気代だけで
130gもの小豆をやすやすと茹でちゃってくれましたよ^^


今まで1時間ちかくも
ぐつぐつ煮ていた作業はいったい。。。(;´∀`)


ここで、今回魔法びんで小豆を茹でてみて
感じたことをどうぞ^^

魔法びんで小豆を茹でてみた感想♪

  • 形はしっかりあり、柔らかく茹で上がっていてビックリ!
  • 少量でも、手軽に茹でることができて便利!
  • ガスコンロの側に張り付いていなくても、茹であがる!
  • 茹でている最中にふきこぼれたり、焦げ付いたりする心配がまったくない!
  • 朝、魔法びんに小豆をセットしておけば
    用事を済ませている間に、茹で上がっている!
  • 何より、コンロを使わないので、ガス代(電気代)がいらない!
    (まあ厳密に言うと、お湯を沸かす時だけは
    ガスか電気が必要でしたが^^;)


ちなみに、この茹で小豆は

茹で汁ごと冷蔵庫で3日間前後
冷凍庫で1ヶ月ほど保存ができます。


なので、余っても心配ないのです^^
(今回は、ぜーんぶ大好きなあんこにしちゃいました(*ノωノ))


では、いよいよあんこ作りです!

スポンサーリンク


小豆を甘煮にしてあんこを作ろう!

完成したあんこ

さて、魔法びんに小豆を茹でてもらったら
あとは甘味を調整して、あんこが出来上がります♪


念のため、作り方をば。

◆材料・準備するもの

  • 茹で小豆・・・280g(今回130gの乾燥小豆が280gになりました)
  • 茹で汁・・・400ml前後
  • 黒砂糖・・・大さじ5(甘さ控えめなので、お好みで調節してください)
  • 塩・・・ひとつまみ
  • お鍋・・・材料が全部入る大きさのもの


もう少し少量で作りたい場合
こちらをご参考にどうぞ^^

  • 茹で小豆・・・100g
  • 茹で汁・・・150ml
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 塩・・・少々


あ、そうそう!
もしも、茹で汁を捨てちゃったよ~~(;´・ω・)
と言う場合は、お水でも大丈夫です!

お砂糖も、黒砂糖じゃなくて、きび糖などでもOKです^^


材料が準備できたら
さっそく、あんこを作ってみましょう♪


◆あんこの作り方

  1. お鍋に、茹で小豆、茹で汁
    砂糖、塩を入れて火にかけます。
    あんこを作る01

  2. 1が煮立ったら中火で15~20分ほど
    煮汁が少なくなるまで煮詰めます。

  3. 煮詰まったら、ここでスプーンの背などで粒をつぶしておくと
    さらにあんこらしくなります。
    あんこを作る02

  4. そのまま冷まして、甘味をなじませたら
    自家製あんこの完成です♪
    完成したあんこ


こんな感じで、簡単!あっという間に
美味しいあんこの完成です^^


甘さも自由にできるのが、嬉しいですよね♪


サクッとカンタンに出来上がった、自家製あんこ
どんな食べ方があるのか、今更ですがご紹介しておきますね^^


茹で小豆やあんこの活用いろいろ!

自家製あんこの小倉トースト

今回は、小倉トーストを食べたくて
いそいそと、あんこを作ったわけですが
食パンが8枚切りだったので、小倉サンドにしてみました^^


その他、あんこの活用として・・・

  • ぼたもち(おはぎ)のあんことして
  • 白玉だんごに添えるあんことして
  • アイスクリームに添えるあんことして
  • ぜんざいのあんことして
  • 羊かんの材料として

それにしてもあんこって
いろいろなスイーツに使えますよね♪
(あぁ・・・ホントあんこ好きだわぁ~)


それから、甘味を付ける前の茹で小豆
こんな感じで、お料理にも利用できるんです。

  • かぼちゃと一緒に煮る、いとこ煮
  • サツマイモと一緒に煮る
  • おかゆにトッピング

などなど・・・。


美味しいだけじゃなく
健康にも嬉しい効果が、たくさんあると言われている小豆さん。


ガス代が、どーんと節約できちゃう今回の方法で
ささっとあんこを作り
美味しくて、ヘルシーなおやつタイムを過ごしませんか^^


最後に・・・

いかがでしたか?


今回は、小倉トースト食べたさに
小豆から、あんこを作ってみました。


実は、魔法びんで豆を茹でるこの方法は
大豆、黒豆、金時豆、えんどう豆、ひよこ豆など
いろいろな豆をゆでることができます。


次回は、一晩つけなきゃいけない面倒な大豆で
チャレンジしてみようと目論んでいます^^


この方法なら、エコだし豆料理が身近になるので
主婦としては、本当にありがたいですね~♪



”ブログで人生が劇的に変わったアラフォー主婦”ってどんな人!?
Otamaの詳しいプロフィールはこちら!



スポンサーリンク


関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2014年7月27日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ