虫除けアロマスプレーの材料その2

「安心安全な虫除けアロマの作り方を知りたい!」


先日、素敵なバラが咲き誇っているお庭を、家族みんなでうっとりしながら見学してきました♪ こんにちは、アロマ好きなOtamaです。


ところが、しばらくして小5のお姉ちゃんが、やぶ蚊にチクリ!そのあと、

もぉーーーっ!痒いよぉーーー!!」と、刺されたところを何度も見せに来ては大変でした(;・∀・)


あ~ぁ。。。虫除けアロマスプレー持って来てたらよかったね~~^^;と、反省しきり。

その時、2歳の次女と1歳半の男の子も一緒だったので、これからの時期は外で遊ぶときは虫除けアロマの携帯は必須です!


ということで今回は、アロマコーディネーターの私がおすすめする虫除けアロマの作り方をいくつかご紹介したいと思います♪

それでは、さっそく見ていきましょう!



とっても簡単!虫除けアロマスプレーの作り方

最初にご紹介するのは、山でのキャンプなど、やぶ蚊の多いところで重宝する本格的な虫除けスプレーの作り方です^^

まずは、材料からどうぞ!

材料

虫除けアロマスプレーの材料その1
  • 青色遮光スプレー:容量100ml以上を1本
  • 無水エタノール(90度以上のウォッカ):10ml
  • 精製水(ミネラルウォーター):90ml
  • レモンユーカリ(ユーカリシトリオドラ):8滴
  • ラベンダー:8滴
  • ゼラニウム:4滴
  • クローブ:3滴
今回は、上記の量を半分にして作ってみました^^

クローブがなければ、代わりにほかの精油を1滴ずつ足してもOKです。

無水エタノールは、薬局などで購入できます。ちなみに私は、スピリタスという
世界最強のアルコール度数96度のウオッカを使用しています^^

スピリタス
~万が一、飲んでしまったら火をふくかも?!~

でも実は、肌の弱い方は刺激を少なくするために、無水エタノールやウォッカなどのアルコールなしで作っても良いんです。

その場合は、すべて水に変えて作ってください。ただし、毎回ガシガシ振ってからスプレーして、できるだけ早めに使い切りましょう。(精油と水は混ざり合いにくいので^^;)


また、できるだけスプレー容器は青色の遮光性のガラス製ビンのものが理想ですが・・・

今回は水で希釈しているので、ガラス製じゃなくてもOK^^(つまり100円ショップとかで売っている容器など)

ただし、念のため、早めに使い切りましょう~。(精油は、光に弱いんです・・・)

では、アロマスプレーの作り方を見ていきましょう!

作り方

  1. スプレー容器に、まず無水エタノールを入れます。
  2. 無水エタノールに各精油を加え、ふたをしてよく振ります。
  3. 2に、精製水を加えてさらによく振って混ぜ合わせれば完成!

精油などの材料さえそろえれば、ホントにとっても簡単にできちゃいます♪ それなのに、効果は絶大なので
一度お試しくださいね。


でも「そこまで強力じゃなくても~。子どもや赤ちゃんに気軽に使えるのがいいの~。」という、あなたのために!

お次は、2種類の精油を使った比較的マイルドな虫除けアロマの作り方をご紹介します。



子どもや赤ちゃんにも使える虫除けアロマスプレー

こちらは、用意する精油は2つだけ。子どもにも安心して使える、お手軽な虫除けアロマスプレーの作り方です♪

でも、もちろん効果はありますよ~。さっそく、材料から見ていきましょう!

材料

虫除けアロマスプレーの材料その2
  • 青色遮光スプレー:容量50mlを1本
  • 無水エタノール(90度以上のウォッカ):5ml
  • 精製水(ミネラルウォーター):45ml
  • ラベンダー:7滴
  • ゼラニウム:3滴

また、もしもお手持ちの精油の中に
  • ティーツリー
  • レモンユーカリ(ユーカリ・シトリオドラ)
  • レモングラス

などがあれば、どれか2~3種類チョイスして合計が10滴になるようブレンドしてもOKです!


自分で、あれこれ楽しみながらブレンドして好みの香りに仕上げて、さらに虫除けにもなれば一石二鳥ですよね~♪

ここでブレンドについてポイントです!

混ぜ合わせる前に、ブレンドする香りがどんな感じなのかを知りたくありませんか?

そんな時は候補の精油のフタをとり、片方の手に一緒に持ちもう片方の手で、鼻の方へあおぎながら両方の香りを一緒に嗅いでみましょう。

精油のブレンドを確認する方法

くれぐれも、精油を直接鼻を近づけて匂わないように!刺激がキツすぎる場合があります。

(と言いつつ、ついやってしまいますが・・・^^;)


あ!いくらマイルドバージョンと言っても赤ちゃんや子どもさんに使う場合は、直接お肌に使用せずベビーカーや、衣類などの身の回りのモノにスプレーしてあげてくださいね。


ということで、アロマで作った虫除けスプレーについての注意しておきたい点を詳しく見てみましょう。

虫除けアロマスプレーを使う時の注意点など

手作りの虫除けなので、安心とは言えども精油(エッセンシャルオイル)アルコールなどを使用します。

使い方や保存などいろいろ注意すべき点について、どうか最後まで目を通しておいてくださいね^^

使い方や注意する点など

  • 精油は、必ず混ぜものなしの天然成分100%のものを選んでください。
  • スプレーする前に、毎回必ずよく振りましょう。
  • スプレーする際には、風向きに注意して目に入らないよう注意しましょう。
  • 肌にスプレーする前に、腕の内側などでパッチテストをしてみましょう。
    (もしも、異常が現れたら使用を中止してください)
  • 肌にはできるだけ少量にして、衣類などにスプレーしておきましょう。
    (特に袖口やズボンの裾から侵入されることもあるので、手首や足元は念入りに)

期限と保存

  • 保存料が入っていないので、10日から2週間ほどで使い切ります。
  • 直射日光高温多湿を避けて、常温で保存しましょう。

もし、精油をどこで購入したらよいのか迷ったら…。このような、1000円で送料込みの「お試しセット」を利用してみるのもおすすめです^^



こちらのショップでは、今回ご紹介している精油のうち5種類をそろえることができ、下記の名称で表示されています^^
  • 真正ラベンダー
  • クローブ・バッド
  • ティートリー
  • ユーカリシトリオドラ
  • レモングラス
ちなみに、ゼラニウムは単品で同梱追加できます。5mlと少量ですが「使い切れずもったいない!」と言うこともなく、じゅうぶんですよ~♪


それから、虫除けアロマをお部屋全体に活用する方法もご紹介しておきますね~♪

アロマでお部屋の虫除け対策!

まずは先ほどからご紹介している、虫除けアロマスプレーをお部屋のカーテン網戸にスプレーすることで、できるだけ虫を寄せ付けないようにします。


また、虫除けアロマのブレンドを精油の原液でアロマランプ(電気式が安心)に垂らしておきます。

アロマコンセントランプで虫除け

2種類ほどの精油をそれぞれ2~3滴ずつ垂らし、寝室のコンセントでスイッチオンしておけば、夜の虫除けフットライトの二役を果たしてくれますよ^^


こちらも、とてもお手軽便利なのでおすすめです~♪ では最後に、今回のまとめを…。

まとめ

いかがでした?虫除けアロマは、意外にと~っても簡単に作れちゃいますよね!

そして市販の虫除けにはない良さは、何と言っても”虫は遠ざけつつ、アロマオイルの香りに癒される”ところ。

なので、私は毎年虫除けアロマスプレー作りを楽しんでいます^^


あなたも、ぜひお気に入りの虫除けスプレーを作って常備し、いつでもシュッっとひと吹きしてみてくださいね♪

【どんどん活用したい!アロマの関連記事】

ラベンダー精油の効果と使い方は?もっとも万能なアロマ!?

おすすめのアロマオイル!常備したい精油はティーツリー!

母の日のプレゼント!健康系ならアロマオイルで癒しを!

母の日は手作りプレゼントで!癒される入浴剤の作り方とは?

母の日にアロマオイル!アロマオイル(精油)の知って得するまとめ[6記事]

アロマオイル(精油)は、一家に何種類かあると本当に便利で重宝します。アロマコーディネーターの資格をもつ管理人が、アロマオイルについて書いたお役立ち記事をまとめました。


瀬戸内東予シーサイドキャンプ場の常設テントサイトキャンプ・アウトドアにお役立ちのまとめ[18記事]

気がついたら、キャンプ歴も20年以上になりました。そんな私たちとキャンプ好きなWebライターさんの体験をもとにしたアウトドアやキャンプのお役立ち情報やグッズ、またおすすすめのキャンプ場もご紹介!あとバス釣り関連のまとめ記事も^^


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

この記事と関連の深いページはこちら





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)