アーモンドの効果効能8つ!意外と知られていない注意点とは?


アーモンドからアーモンドミルク

アーモンド、毎日食べてますか?


ローストしたアーモンドって、香ばしくて美味しい!チョコレートやお菓子に入っているアーモンドも、ホント美味しくてたまりません~(*≧∀≦*)


でも、アーモンドの恩恵を最大限に受けるための、実はちょっとした注意点や、おすすめの食べ方があるんですよ^^


自称アンチエイジングの鬼(?)であるOtamaは、かれこれ数年以上毎日欠かさずアーモンドくるみを食しています^^


なぜなら、アーモンドには・・・

アラフォー主婦や育ち盛りの子どもたち、もちろん、働き盛りのパパさんにも嬉しい効果効能が、てんこ盛りだからです!


今回は、そんなアーモンドの実力と、我が家の食べ方を交えてお伝えしていきますね♪

では、さっそくアーモンドの効果効能に参りましょう~!

スポンサーリンク



アーモンドの効果効能とは?まさに天然のサプリメント!

生アーモンド

最近、またもや再注目されているアーモンド。知れば知るほど、素晴らしい食べ物なんですよね~!


それでは、さっそくアーモンドの効果効能8つを見ていきましょう♪


  • 老眼や肌の老化を防いでくれる!
    アーモンドは、老化を促進する物質AGEを減らす作用があります。つまり、血液中の糖分とくっついて、糖化を防いでくれるんです。

    老化対策には、アーモンド1日25グラムを目安に、毎食後に分けて食べましょう。

  • コレステロールが0(ゼロ)!
    牛乳や豆乳に比べてカロリーが約半分で、しかもコレステロールはゼロ

  • 私たち日本人に不足しがちなミネラル類を補える!
    カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛などが豊富なんです。

  • 骨粗しょう症の予防に!
    骨を作るためにはカルシウムだけではダメ!マグネシウムも必要なため、アーモンドは最適です。

  • 若返りのビタミンEで、アンチエイジング!
    活性酸素による酸化を防いだり、血行をよくするビタミンEが豊富。
    アーモンド23粒で、大人の女性に1日に必要な摂取量をカバー!

  • 善玉オレイン酸が、アーモンドの脂肪分約7割を占めている!
    悪玉コレステロールだけを減らしてくれるため、生活習慣病の予防になります。

  • 食物繊維が豊富なので、便秘解消やダイエットに最適!
    腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富なアーモンド。
    なんと20粒で、玄米1杯半と同じ量の食物繊維が摂取できます。

  • アーモンドの種皮にはポリフェノールも!
    活性酸素よる細胞の酸化防止に有効なので、老化や生活習慣病の予防に効果的。


こんなに嬉しい効果効能が期待できるアーモンド。ぜひ、毎日の食生活に取り入れたいと思いませんか?

特に、老化を防いでくれたりとアンチエイジングに効果的なのが、めっちゃありがたい!(特に最近老眼が気になっているので…^^;)


まさにアーモンドは、天然のサプリメントなんですよ!


で、ですね、1日に食べる量の目安は

だいたい20~25粒(体格によって量を調整)

が理想です^^


ただし・・・

どんなアーモンドでも良いかと言うと、実はTVの情報などでは触れられていない、意外な注意点があるのです。


次に、そのあたりを見ていきましょう。

スポンサーリンク


食べるならどんなアーモンドがいいの?

よくスーパーなどに売られているのは、ローストしたアーモンドです。


ローストは、焙煎してあります。要するに、火を通してあるということです。

おまけに、も追加してあるんですよね~(´∀`;)


アーモンドに限らず、ナッツ類は油脂が豊富なので、一度火が入ったものは、時間が経つほど酸化しちゃっています。

ローストしてあるアーモンドは、確かにとっても美味しい!

ですが、ローストしたらできるだけ早めに食べないと、酸化した油を摂取することになり、老化を早めてしまうなど、本末転倒になりかねないのです…(´;ω;`)


私が、ローフードマイスターの勉強をしていた際にも、ナッツは生のものを食べましょうと、教わりました。


生のナッツは、フレッシュな酵素やビタミンが豊富です。しかも、火を通していないので、含んでいるオイルも新鮮です。


ただし、生のナッツにもひとつ注意点があります。


実は、

酵素制御物質を解除しないと、酵素の恩恵を受けることができない

のですね。


ですから、生アーモンドの場合は、8時間ほどお水につけておくのです。(ナッツの種類によって、浸水時間が異なります)


生アーモンドの浸水(ソーク)方法

  1. アーモンドをタッパーに入れます。
    生アーモンドの浸水準備

  2. タッパーに浄水器を通した水を入れます。
    生アーモンド浸水

  3. そのまま8時間おきます。
    夏場は冷蔵庫で浸水すると安心♪
    生アーモンド浸水中

  4. 生アーモンドを浸水(ソーク)し終わったらよくすすぎ、水を切って、冷蔵庫か冷凍庫へ保存して、なるべく早く食べきりましょう!


ちなみに、袋に残ったソーク前の生アーモンドも、冷蔵庫へ保管しておくのがおすすめです。


このソークしたの生アーモンドですが、もちろんそのまま食べてもとっても美味しい!

ですが今回は、我が家のおすすめの食べ方をご紹介しますね♪


アーモンドのおすすめの食べ方とは?

アーモンドに限らず、ナッツ類は食べ方を間違える(よく噛まずにたくさん食べるなど)と、消化に負担がかかってしまいます。

ですから、食べ方に工夫をすると安心ですね^^


せっかくのアーモンドの栄養を余すことなく取り込むために、おすすめの食べ方はこちらです。


アーモンドのおすすめの食べ方
  1. スムージーなどに追加してジュースとして。
  2. ブレンダーでなめらかにして、アーモンドミルクとして。
  3. フードプロセッサーなどで細かく砕き、サラダにトッピング
  4. 細かく砕いたら、和え物などゴマ感覚でどんどん利用。
  5. ペースト状にして、お醤油や味噌と混ぜてごはんのお供に。


我が家では、毎朝スムージーを作って飲んでいるので、もちろんアーモンドもちょい足ししていますよ♪


ちなみに生アーモンドは、なかなか近所のスーパーで手に入らないので、Otamaはいつもこちらのネットショップで購入しています^^



そして今一番ハマっているのが、2番のアーモンドミルクです!!


このアーモンドミルクは、ここ最近、牛乳や豆乳の代替え第3のミルクとして人気急上昇なんですよ。


毎日のように、我が家の2歳児にもせがまれています^^;まぁ、栄養満点なので牛乳やジュースを飲むよりずっと安心なので、よしとしていますが。。。

また、アーモンドミルクについては、こちらで詳しくご紹介しています!
アーモンドミルクの超簡単レシピ!手作りがオススメ!


それから、どうしても香ばしいローストアーモンドを食べたくなった時の対処法もお伝えしますね。

スポンサーリンク


どうしてもローストアーモンドを食べたい時は

このように、今回は生のアーモンドとおすすめの食べ方をご紹介してきましたが、どーーーしてもローストが食べたい!

って時もありますよねぇ…(●´ω`●)


そんなときは、生アーモンドをオーブントースターでローストして、できるだけ早くいただきましょう。

生アーモンドからローストアーモンドを作る方法はカンタン!


ローストアーモンドの作り方
  1. アーモンドをアルミホイルで包みます。
  2. オーブントースターに入れて5分チン!
  3. やけどに注意しながらアルミホイルを開放して、さらに2分チン!
  4. そのまま余熱で、トースター内に放置。
  5. 冷めたらカリッと、いただきます~♪

我が家は1000Wのオーブントースターなので、3番のアルミホイルをチンする時間は2分ですが、小さいワット数の場合は3分必要かもしれません。

焦げない程度に調整してみてくださいね。あと、お好みで塩をすこしだけふりかけても、イケますよ!


それでは、最後に今回の内容を振り返っておきましょう。


最後に・・・

  • アーモンドの効果効能8つ
    1. 老眼や肌の老化を防いでくれる!
    2. コレステロールが0(ゼロ)
    3. 私たち日本人に不足しがちなミネラル類を補える!
    4. 骨粗しょう症の予防に!
    5. 若返りのビタミンEで、アンチエイジング!
    6. 善玉オレイン酸が、アーモンドの脂肪分約7割を占めている!
    7. 食物繊維が豊富なので、便秘解消やダイエットに最適!
    8. アーモンドの種皮にはポリフェノールも!
  • 1日に食べる量の目安は、だいたい20~25粒(体格によって量を調整)

  • ローストアーモンドは酸化しやすので、生アーモンドがおすすめ(8時間以上お水につけておくこと)

  • アーモンドのおすすめの食べ方は?
    • スムージーなどに追加してジュースとして
    • ブレンダーでなめらかにして、アーモンドミルクとして
    • フードプロセッサーなどで細かく砕き、サラダにトッピング
    • 細かく砕いたら、和え物などゴマ感覚でどんどん利用
    • ペースト状にして、お醤油や味噌と混ぜてごはんのお供に
  • ローストアーモンドを食べたい時は、生アーモンドをオーブントースターでローストしよう

アーモンドて、ホントに天然のサプリメントですよね。実は、Otamaの年齢のお話になると必ずと言っていいほど、ビックリされます(´∀`;)

実年齢より、マイナス5歳・・・最大でマイナス10歳に見て頂けることも(*≧∀≦*)


こ、これは、もしやアーモンドくるみのおかげなのか・・・???


いや、おかげでしょう!!!


なんてたって、数年以上も食べ続けているのですから。。。(*≧m≦*)ムフフ


てなわけで、ナッツアレルギーでない限り、無理のない範囲でアーモンドを日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか^^

ちなみにくるみの素晴らしさについては、こちらをどうぞ♪
くるみの栄養や効果効能!生産地ならではのレシピって?

アンチエイジング(若がえり)な関連記事!

チアシードの効果的な食べ方!知らないとダイエットに逆効果!

甘酒のダイエット効果!ムリなく痩せる6つの秘密とは?

豆乳ヨーグルトの作り方!ヨーグルティアなら失敗なし!?

米ぬかの効果効能!その驚くべき健康パワーとは?

亜麻仁油の効果効能!オメガ3は積極的にとりたいオイル!?

フレッシュなミニトマト美肌効果の高い食べ物!40代のアンチエイジングまとめ[20記事]

40代…今のままで過ごしていて大丈夫なの!?いつまでも、プリプリの美肌を保つために、とにかく食生活を改善していきましょう!美肌効果の高い食べ物に関する記事のまとめです!


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー

関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2017年3月16日

よく読まれているオススメ関連記事

15 Responses to “アーモンドの効果効能8つ!意外と知られていない注意点とは?”

  1. 倉持充男 より:

    非常に解りやすくて、勉強に なりました。ありがとうございました。

    • おたまちゃん より:

      倉持充男さん♪
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      アーモンドをぜひ食生活の一部に取り入れてみてくださいね♪

  2. 山田 驍 より:

    炒りアーモンドは酸化しやすいと記憶していましたが、紙パック入りアーモンドミルク(Almond Breeze:Blue Diamond:マルサンアイ社など)はその点(酸化してしまう?)大丈夫ですか。パッケージ賞味期限内であれば酸化はどの程度なのか、折角健康のために継続愛飲していても体に逆効果では無用です。
    この点につき教えて頂きたいです。

    • おたまちゃん より:

      山田 驍さん♪
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      申し訳ありませんが、我が家ではアーモンドミルクは手作りしているため
      市販のアーモンドミルクは、まったく飲んでおりません^^;
      ですので、ご質問の点については各社メーカーさんに問い合わせて頂ければと思います。
      お役に立てずすみませんでしたm(_ _)m

  3. しんいち より:

     とても説明がわかりやすく、参考にさせていただきました。
     市販の輸入品の、アーモンドミルクは砂糖が多めで
    味が日本向けではない感じがして、自分で作った方が
    いいかも・・とおもっていました。
     ありがとうございます。

    • おたまちゃん より:

      しんいちさん♪
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      市販のものは、どうしても添加物なども気になりますよね^^;
      手作りの場合は、保存はききませんが、その代わり好みで自由に調整できますし
      なにより無添加なので美味しくて安心です^^
      こちらこそ、記事を読んでいただきありがとうございました♪

  4. モッチャン より:

    アーモンドの効能が良く解り有難う御座いました。
    ソークする際に浄水器の水とありましたが、一般の水道水ではだめですか?

    • おたまちゃん より:

      モッチャンさん♪

      コメントありがとうございます!
      ソークで使うお水は、浄水されたお水が理想ですが…。
      お使いの水道水が美味しいのであれば、問題ありませんよ~^^
      モッチャンの舌で水のお味を確かめた上で、使ってくださいね(*´ω`*)

  5. itachan より:

    こんにちは。
    甘酒の造り方を調べていたら、おたまジャーナルに辿り着きました。その他、健康情報が満載で、助かっています。
    ゴマについて、以前に書かれた記事はありますか?探してみたのですが、見つからず、、、 記事もたくさんあって、どこから読んでいこうか悩むくらい、うれしい悲鳴です^^; 種子類に含まれる酵素制御物質は、ゴマにも含まれると思うのです。アーモンドの記事を読んでいると、ゴマも購入するなら煎りゴマじゃないほうがいいのかな、と思うのですが、やはりゴマも浸してから利用したほうが良いのでしょうか。

    • おたまちゃん より:

      itachanさん♪

      コメントありがとうございます!
      確かにゴマも種子なので酵素制御物質は含まれますよね。
      ローフードを習った時も、できれば生のゴマを浸水して使うとよいと教えていただきました。
      ですが、生のゴマそのものをお店で見つけることが難しいのと(アーモンドもですが^^;)
      そこまで大量に摂るわけではないので(ゴマの場合、食べる絶対量が少ないですよね)そこまでこだわっていません。
      我が家では煎りゴマを使っていますよ。ちなみにゴマの記事は書いていなくてすみません~(;´∀`)

      それと嬉しい悲鳴、ありがとうございます!記事更新の励みになります(*´ω`*)♡

  6. […] 出典アーモンドの効果効能!意外と知られていない注意点とは?! | Otama Journal☆幸せの種 […]

  7. […] 出典アーモンドの効果効能!意外と知られていない注意点とは?! | Otama Journal☆幸せの種 […]

  8. […] 出典アーモンドの効果効能!意外と知られていない注意点とは?! | Otama Journal☆幸せの種 […]

  9. […] 出典アーモンドの効果効能!意外と知られていない注意点とは?! | Otama Journal☆幸せの種 […]

  10. […] 出典アーモンドの効果効能!意外と知られていない注意点とは?! | Otama Journal☆幸せの種 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ