赤ちゃんのあせもに効果的な予防法6つ!さらに我が家の工夫とは?


赤ちゃんは、汗っかき。
いつの間にかできてしまう、あのプツプツしたあせも。。。


できることなら
今年こそは、あせもを作らないようにしてあげたい!


そんな決意を新にして
このブログへ来てくださったあなたのために・・・


Otamaが、2児の子育て経験と
綿密な(?)調査から

あせもをできるだけ作らないようにするための
効果的な予防方法をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク



あらゆる角度から、あせも予防に迫っていきますので
赤ちゃんのためにも、リラックスして読み進めてくださいね^^


後半では、Otama家の工夫もご紹介します♪


あせもの予防!こんなことに気を付けて!

あせもを予防するための、おすすめしたい内容や
注意点はこちらです。


  1. お家で過ごす時の室温
  2. お風呂やシャワー・水遊びの活用
  3. お出かけするとき
  4. 車やベビーカーに乗っている時
  5. 授乳する時
  6. 服装やオムツについて

それでは、気になるところからどうぞ~♪


あせも予防その1!お家で過ごす時の室温

赤ちゃんとお家で過ごす際に、気を付けてあげたいこと。

ちょっとしたことなんですが
ついつい面倒だからと放置してしまいがち^^;


しかも・・・

できるだけ、エアコンは使いたくない気持ちはわかります!

でも、赤ちゃんが必要以上に汗をかかないよう
なるべく蒸し暑くならないよう、調節してあげましょう。


ドライ機能扇風機も併用して、空気の流れを作り
直接エアコンの風が、赤ちゃんにかからないように注意を!

目安は、外気温のマイナス5度以内で、27~28度が目安です。


ただ、1日中エアコンの効いたお部屋にいて
まったく汗をかかずにいると
汗腺の機能が発達しないので、困りもの。

適度に汗をかくことも必要なんですよ~。
(なので、汗をかいたあとのケアをね^^)


また、直射日光も暑さの原因になるので
特に昼間は、陰になる涼しいお部屋に寝かせてあげてくださいね。

スポンサーリンク


あせも予防その2!お風呂や水遊びでいつもさっぱり!

寝起きや、外から帰ってきた時に、汗をかいていたら
なるべくすぐに、洗い流してあげてください。


でも、石けんを使って、ゴシゴシ洗っちゃうのはダメです!
石けんを使うのは、1日1回だけにしましょう。

それ以外は、ぬるま湯のシャワーなどで洗い流してあげて。


沐浴やシャワーも、あまり回数が多いと負担になるので
1日3回くらいまでに。


石けんを使う時も、できれば泡タイプのもので
ふわふわの泡で、そっと撫でるように洗ってくださいね。


タオルで拭いてあげるときも、ポンポンと軽くたたくよう
水分をとってあげてください。

決して皮膚をこすらないように~!



水遊びそれから、真夏におすすめなのが、水遊び
小さなお子ちゃまは、水遊びが大好きですよね♪

ベランダや、お庭、もしくはお風呂場で
パシャパシャと、楽しく水遊びをして過ごしてみては^^


1日のうちで、水遊びの時間をもうけると
ほぼ汗をかかないし、かいてもすぐに洗い流せるので
あせも発生率がぐんと下がります♪


ただし、長時間遊びすぎて
かえって冷えすぎないよう注意してくださいね^^;


あせも予防その3!お出かけするとき!

外出するときは、必ず着替えを持って行きましょう!

お着替えセットとしては
  • 下着
  • Tシャツ
  • ボトム
  • オムツ
  • 汗取りパッド
  • ガーゼ
  • 水で湿らせたタオル

最後の、水で湿らせたタオル、つまり冷たいおしぼりはあると便利!
ビニール袋へ入れて、お茶と一緒に保冷バッグへ入れておきましょう。

汗は、できるだけ皮膚に触れる時間を短くしたい!
なので、タオルで拭いて着替えさせてあげてくださいね。


このほかに、紫外線や冷房対策
ストールバスタオルがあると便利です。


あせも予防その4!車やベビーカーに乗っている時

car_childseat赤ちゃんが、車に乗っている時って
どうしてもチャイルドシートに密着している背中
チンチンになって、汗だくになるんです(;´∀`)

ベビーカーでお出かけしている時も、です。


なので、背中にあらかじめガーゼや、汗取りパッド
差し込んでおいて、汗をかいたら交換するか
抜き取ってあげましょう。

汗をかいたまま、お肌に密着させておくより
これだけでも、ずいぶん違ってきます。

ですから、1番のお着替えセットは忘れずに!


あとは、やわらかいタイプの保冷剤を冷凍しておき
赤ちゃんの背中に、あてるようにしていたのですが・・・


チャイルドシートや、ベビーカーに乗っている際に
赤ちゃんの頭部や、背中を快適な温度に保ってくれる
こんな便利なグッズがありました!

カンガルーの保冷・保温やわらかシート
カンガルーの保冷・保温やわらかシート オリーブ色/カンガルーの保冷・保温やわらかシート/冷却…


Otamaは、さっそくこれ↑注文しちゃいました^^
手元に届いたら、また使い心地をご報告しますね♪


あせも予防その5!授乳する時

夏の授乳は、赤ちゃんにとってもママにとっても
大変です・・・!

と言うのも、授乳時は密着しているので
お互いの体温もあるし、とってもあっつい!デス(;´∀`)


お肌の触れているところが、あせもになりやすいので
必ずタオルはさんで、授乳するようにしています。

ママの腕にタオルを置いて、赤ちゃんの頭を乗せてあげましょう。


あとは、授乳タイムはなるべく涼しいところ
ゆったりとしたいところですね^^


あせも予防その6!服装やオムツについて

暑い季節は、ついついお肌を露出した服装にしがちです。

でも、ちょっと待ったぁ~!!


実は、ノースリーブなどのお肌を出す服装って
汗を吸い取ってくれないので
かえって、脇にあせもができやすかったりします^^;


ですから、Tシャツなど袖があるもの
汗を吸い取ってもらって
こまめに着替える方が、あせもになりにくいです。


それから、衣類の素材ももちろん大切です。
お肌に直接触れる肌着は
通気性や吸水性の良い素材を選んであげてくださいね。

我が家では、綿(コットン)にしています。
天竺、ガーゼ、フライスなどの素材がおすすめ。



次に、オムツのことです。

我が家の場合、お家で過ごす時は
基本的に布オムツなので、こまめにおむつ替えをしています。


が、外出時は、紙オムツのお世話に。

するとどうしても、おしっこの吸収10回分!
を信用して、ついついオムツ替えの回数が激減します^^;


紙オムツは、おしっこの吸収はもちろん良いのですが
あせもになりやすいのは、ウエストや股ぐりのギャザーのところ。


なので、汗をかいたなと思ったら
オムツ交換するか
濡れタオルで拭いてあげましょう^^


我が家のあせも予防体験!こんなひと工夫?!

これまでご紹介してきた、あせもの予防方法ですが
我が家では、もう一工夫しています。


お風呂に入る時とお風呂上りにひと工夫!

汗をかいた日、お風呂へ入れてあげるだけで
とってもサッパリします。

が、さらに、そこへあるモノを投入するのです・・・!


実は、桃の葉を煎じたエキスを湯船に足してやると
お肌が健やかになり、あせも予防になります^^


そして、お風呂上りにも桃の葉エキス桃の葉ローション
さらに、あせも予防!

スプレー容器に入れて、シュッ!シュッ!とすれば
さらにサッパリです♪


昔から、桃の葉にはあせも日焼け、肌荒れによいとされる
効能があるので、あせも予防にも威力を発揮してくれます。


もし、あせもになってしまっても慌てず
桃の葉のお風呂桃の葉ローションで、乗り切ってますよ!

こちらの記事で詳しくご紹介しています^^
赤ちゃんのあせもがヒドイ!薬を使うならどれがいい?!


おしぼりのタオルにひと工夫!

汗をかいたときに、どうしてもシャワーができない時って
ありますよね。

赤ちゃんが眠っている時や、外出している時など。。。


そんな時は、ボウルにぬるま湯をはり
アロマオイルを1滴入れて
タオルを浸して絞り、アロマおしぼりを作って拭いてあげます。


アロマオイルは、いわゆる天然の精油100%のものを使い
ティーツリーラベンダーが、おすすめです。


精油には、抗菌作用と香りの相乗効果
スッキリ感がぐんとアップしますよ!


スキンケアに使う精油については、こちらの記事でもご紹介しています。
赤ちゃんのあせも対策は?我が家で効果のあった秘策はコレ!


最後に・・・

いかがでしたか?


赤ちゃんのあせもをできるだけ予防してあげたい!

そんな気持ちで、いっぱいなので
ついつい、力が入ってしまいました。。。(;´∀`)


可愛いお子さんが、あせもで苦しんだりしないよう
できる限りのことは、してあげたいものです。


どうか今回の記事が、少しでもお役に立てますように。

オススメまとめ記事!

黄昏泣きの赤ちゃん赤ちゃんのトラブル対処法のまとめ[12記事]

初めての子育てはもちろん、2人目以降でもさまざまなトラブルは勃発します!そんな時に、どうかこのまとめ記事がお役に立ちますように。


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー

関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年4月14日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ