子供の粘土に安全なものを!私が蜜ろう粘土を選んだ理由は?


子供って、粘土(ねんど)遊びが大好き!ですよね^^


我が家の2歳児も、粘土で遊ぶのが大好きです。
事あるごとに「ねんどするぅ~」と要求してきます^^


先日、小5の長女が、学校で使わなくなった油粘土
持ち帰ってきました。


それで、すぐにそれを次女に使わせてあげようと
思ったのですが・・・


ん?!まてよ・・・???


この粘土って、幼児が使っても大丈夫なの?
長女が、長年使ってたけど、腐ってないのかな??

そもそも、粘土っていろいろあるけど、どれがいいの

スポンサーリンク



なんて疑問が、ふつふつと湧いてきたので
子供たちのために、いろいろと調べた上で

実際に、2種類の粘土を購入して遊んでみました。


今回は、そのうちのひとつ、蜜蝋(みつろう)粘土
使い心地をレビューしてみたいと思います^^


子供用の粘土の種類って?

ひと口に粘土と言っても
本当にいろいろな種類がありますよね!


樹脂粘土や、陶器の土なども、もちろん粘土なんですが
どちらかと言うと、大人向き(?)でしょうか。


小さな子供が、遊ぶための粘土と言う前提で
思いつく代表的な粘土は、この5つになりました。


  1. 油粘土(あぶらねんど)
  2. 紙粘土(かみねんど)
  3. 小麦粉粘土(こむぎこねんど)
  4. 蜜蝋粘土(みつろうねんど)
  5. 寒天粘土(かんてんねんど)

1番の油粘土は、保育園や学校で使う
おなじみの粘土ですよね。

あの、独特のにおいが、何とも抵抗あるんですが~(+_+)
(最近は、無臭の油粘土もあるとか)

で、もし口に入れちゃったら、どうか?

いや、ちょっと、ダメっぽいですよね。
てか、ダメでしょう!


2番の紙粘土も、やっぱり小中学校の図画工作などで
親しんできました。
乾くと、カチカチに固まるんです。

で、触れるとポロポロと白い粉が・・・^^;

口に入れたら、やっぱりダメですよね。


この中で、安全そうなのは3~5番の粘土です。
気になっているのが・・・
4番の蜜蝋粘土と、5番の寒天粘土です。


3番の小麦粉粘土は、安全で手作りできる点が
とってもポイント高いんですが、これはまた改めて。。。


5番の寒天粘土も、実際使ってみたので
これも、また後日にご紹介しますね。


それでは、さっそく
蜜蝋粘土のレポートに参ります!

スポンサーリンク


蜜蝋粘土(みつろうねんど)を購入してみた

購入したのが、こちら。
シュトックマー 蜜ろう粘土6色6枚】です。

シュタイナー教育に使われている粘土だそうです。

蜜蝋粘土(みつろうねんど)
購入したのは、6色セット。
他に12色セットもあります。


実は、長女の時に同じ、シュトックマーシリーズで
蜜ろうのブロッククレヨンを使っていたので

きっと、蜜ろう粘土も良いにちがいない!
ドイツ製だから安全だしね♪

と言うのが、選んだきっかけでした。


蜜ろうは、天然の抗生物質が含まれていて
抗菌作用があるので
子どもが、手で触りまくる粘土にはピッタリですよね。


衛生的に使えるのはもちろん
蜜ろうの香りに、とっても癒されリラックスできるんです。
もとってもキレイですよ。


ところが、購入した時期
まだ、春が来る前の3月。

蜜ろう粘土は、文字通り
材料が蝋(ロウ)なので・・・。


子供たちが使うには、ある工夫が必要でした。
それでは、実際に使ってみた様子をお伝えしますね。


蜜蝋粘土を実際に使ってみたら・・・

蜜ろう粘土の大きさは、10cm×4cm、厚みが5mmの板状でした。
こんな風に、曲げることはカンタンにできます。

蜜蝋粘土(みつろうねんど)02

箱から出したとき、姉妹(2歳&10歳)の反応

「わぁ~♪きれ~~~♪♪♪」
「いいにおい~~~♪」


でした^^


それでは、いざ触って作ってみよう!

となったのはいいのですが・・・


なにせ、相手は蜜蝋が原料の粘土
常温では、カッチカチッ!なんです・・・^^;


いくら手でこねようにも、うんともすんとも言わないので

仕方なく、説明書きにもあるように
お湯につけてみることにしました。
蜜蝋粘土をやわらかくする

これで、ようやく2歳児でも
なんとか、こねこねすることができたんです^^;


その後、姉妹で蜜ろう粘土をこねこね触って遊んで
てな具合に、いろいろ作っていました。

蜜蝋粘土の作品
↑10歳の長女の作品。
ミニチュアの野菜や包丁とまな板など。



実際に、蜜ろう粘土を使ってみた感想
まとめてみました。

★蜜ろう粘土の良かったところ!

  • ドイツの厳しい基準(食品の基準)に合わせて作ってあるので安全♪
  • 蜜蝋が原料なので、抗菌作用もあり衛生面で安心♪
  • 蜜蝋の香りが優しくて甘くていい匂い!
    触っていると癒されてリラックスできる♪
  • 触っているうちに、柔らなくなる感覚が楽しい♪
  • 蜜ろう粘土で遊んでいても、手がべとつかない♪
  • 蜜ろう粘土の発色がとてもよい♪
  • 色を混ぜても、濁らずとてもきれい♪
  • 粒子が細かいので、小さい作品もきれいに作れる♪
  • 薄くのばして、ガラスやアクリル板に貼り付けると
    まるでステンドグラスのよう♪
  • 子どもの創造力を伸ばすために考えられている粘土♪
    (シュタイナー教育で使用)
  • しばらくすると、固まるので作品をきれいに飾っておける♪
  • 穴をあけておくと、オーナメントやアクセサリーにもできる♪
  • 蜜ろう粘土を触っていると、だんだんとなんだか落ち着く~♪

蜜蝋粘土をガラスに貼り付けた


★蜜ろう粘土の困ったところ!

  • 冬場など、寒い季節の時は、気温も低く手も冷たいので
    なかなか柔らなくならない。
  • カチカチの時は、お湯につけるか、コタツに入れておかないと遊べない。
    (お湯が冷めると、柔らなくならないのでさし湯が必要)
  • 遊びたい時に、すぐに形にできない。
    (しばらくモミモミが必須!)


蜜ろう粘土で遊ぶにあたって・・・

とまあ、先ほど蜜ろう粘土のメリットとデメリット
あげてみました。


良いところは、ご覧のとおり盛りだくさんでした。
で、困ったところと言うのは・・・

つまり、硬いということ。


固いから、モミモミするか、冬場はお湯につけないと
カタチにできない

その1点だけですね^^;


でも、冬以外は、手の中で触っていると
割とすぐに、柔らかくなるし
その過程が、なんとも楽しいのです。

欠点と言うより
蜜ろう粘土の特徴と言うべきなのかもしれません。

考える時間を作るために、意図的に少しかたくしてあるとか。
その時間は、集中力や創造力を生む大切な時間になる・・・。

今の時代、なんでも、すぐすぐ!今スグ!
急いで遊ぶ必要もないのかもしれまんせんね。。。


ちなみに、板状の蜜ろう粘土を小さくカットしておいてあげると
子どもの手でも、モミモミしやすくて、遊びやすいと思います。
蜜蝋粘土をカット



ただし、2歳児には、やっぱりちょいと早いかな~?!
と言うのが、正直な感想です^^;


小さな細かい作業ができる、年長さんくらいから
楽しく遊べるんじゃないでしょうか。

上は、小学生はもちろん
実は、大人の私たちもハマってしまいます~!


ちなみに、Otamaがお世話になったショップはこちらです^^


最後に・・・

いかがでしたか?


これからの梅雨の時期、お部屋で遊ぶにのに
粘土遊びって、もってこいですよね^^


今回ご紹介した蜜ろう粘土は
4~5歳くらいから小学生のお子さんまで楽しく遊べますので
ご兄弟で、使えると思いました。


パパさんや、ママさんも
蜜ろう粘土で、お子さんと一緒になって
なにか作ってみませんか♪

蜜ろう粘土を触っていると
いつの間にかリラックスして無心に。。。

香りにも、触り心地にも癒やされ
日ごろのストレス解消にもなりますよ^^


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2015年9月4日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ