子供の習い事にはピアノがおすすめ!その理由とは?


ピアノのレッスン中

どうも、春になると何か、新しいことを始めたくなりませんか。


それは、子供たちにも同じで、習い事をスタートさせてあげるには、とても良い時期でもありますよね^^


でもですね・・・
3歳~7歳くらいの子どもたちの習い事って、なにが良いのか悩みませんか?


スポーツ系なのか、頭脳系なのか、はたまた音楽系なのか?!


習い事をするには、お金と時間が必要ですし、なにより、子どもが喜んで続けてくれるかどうか・・・。ちょっと心配ですよね^^;


そんな、希望と不安を抱えたママさんたちのために、様々なリサーチと、自身の体験を合わせておすすめの習い事をいくつか、ご紹介していきたいと思います。


第一弾の今回は、ピアノです!


なぜ、子供の習い事には、ピアノがおすすめなのか?この後、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク



おけいこ事はピアノだけでよい?!

ピアノの鍵盤

実は私も小学生の頃、6年間ピアノを習っていました。(正確には、ピアノだけ習っていました^^;)アラフォーの私世代でも、ピアノはベタな習い事のひとつでしたね。


そして長女は、4歳になる年中さんからピアノを習い始めました。


そこで・・・

「習い事をさせるなら、ピアノだけでよい!」


と言い切ったのは、ある脳科学者の先生です。


その先生とは、明石家さんまさんが司会の【ホンマでっか!?TV】に出演されている、澤口俊之先生です。


澤口先生は【ホンマでっか!?TV】の中で、このようにおっしゃっていました。


    1番習い事としていいのはピアノです。

    指を動かす、先を読む、暗記する。全て脳の働きを高める。

    ピアノを習っている子は頭がいい。
    さらに、ピアノを習うとキレにくくなる


この言葉の意味は、いったいどういうことなのでしょう?次に詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


ピアノは脳トレ?!

ピアノを弾く、演奏する。この動作は、レッスンすれば簡単なように見えますが・・・


一からピアノ習ってみると、わかるのですが、は、目や耳から得た情報によって、かなり複雑な処理と命令を出しています。カラダはそれに、瞬時に反応しているのです。


つまり、ピアノを演奏するということは・・・


    1. ⇒音符、休符、ペダル、強弱など
      たくさんの情報が、入っている楽譜を一度によむ。
    2. ⇒目から得た情報により、指や足などに指令を出す。
    3. 指・足⇒指(両手は左右違う動き)と
      足をコントロールして、鍵盤やペダルを使いこなす。
    4. ⇒音を聞き取り、イメージ通りか確かめる。

この1~4の一連の動作をスムーズに連続して、さらに感情豊かに表現しているのが、ピアノ演奏です。


これって、普通に考えても、かなり複雑な動きですよね!!


ピアノ演奏は右脳と左脳をバランスよく使う!

人間の脳は、右脳左脳があることはご存知ですよね?


  • 右脳・・・知覚・感性を司り、左半身と連動し支配している。

  • 左脳・・・思考・理論を司り、右半身と連動し支配している。

と言われています。


それぞれの、役割分担はこんな感じです。

main_illust2
(画像出典:www.herba.co.jp)


普段の生活では、どうしても私たちは利き手ばかりを使ってしまいます。


右利きの場合は、左脳ばかりに刺激が与えられています。

その時、右脳は、暇を持て余してさぼり気味になり、なかなか、活性化されず発達しません。


右脳と左脳が、両方刺激を受けて、発達することで、人間として活性化し、理想的なバランスをもって成長することができるのです。


そこで・・・

ピアノは、両手を使って演奏します!


もう言わなくても、ピアノがどれだけ脳の発達に良い影響を与えるのかわかっちゃいますよね^^

しかも、右脳と左脳をこれだけ同時に働かせるという動作は、他にはそうそう見かけないそうです。


ピアノを弾くことは、脳のトレーニング!


ピアノが上達していくと、脳のワーキングメモリーと呼ばれている能力が、発達します。


そして、演奏時は、両手をコントロールするため右脳と左脳がバランスよく活性化されるのです。


すなわち、良い意味での頭の良い子になる!と言うことです。


それだけじゃありません、今はシニア層にも、ピアノは大人気なのです。
楽譜が読めない!だけどピアノが弾けるようになる方法とは?


ピアノを習うこと身に付く生きる力

脳トレにもなるピアノ演奏。

さらに、ピアノのレッスンを続けていくことによって、お子さんの能力をアップすることが、まだまだあります・・・!

レインボー音符

代表的なものでは、暗記力です。


ピアノでは、発表会などでは暗譜が基本です。暗譜とは、楽譜を暗記して演奏することです。


この暗譜は、ただ楽譜に書いてある音符などの情報を丸暗記するのではなく、さらにそこからメッセージを読みとって作った、ストーリーを表現します。


身に覚えがあるのですが、丸暗記では、覚えるのにとっても時間がかかるしなかなか頭に残りません^^;


でも、寝る前に毎日読み聞かせをしてあげていると、いつの間にか絵本をスラスラ覚えてしまう幼児のように・・・


暗譜のできるお子さんは、ストーリーという出来事と関連付けて暗記できる術を身に着けているのです。


ですから、短期間に、効率よく、しかも頭に残る暗記ができる暗譜の訓練は、勉強全般に必要な記憶力を鍛えてくれます。


しかも、ピアノの上達には、毎日の練習は欠かせないもの。と言うことは、おのずと継続力(持続力)を身に着けることができますね。


ピアノを習っていく上で、身に付くと言われている生きていくうえで大切なチカラは、こんなにもあります!


    集中力・想像力・表現力・持続力・記憶力・達成感・積極性

    (ヤマハ音楽研究所より)


それから、東大合格者へのアンケートによると、女子・79%、男子・44%小学校時代にピアノを習っていた、という結果だったそうです。
(朝日新聞社 AERA with kids より)


イチバン大切なことは?

ピアノ教室

いろいろな、リサーチをお伝えして参りましたが、ピアノを習う上で、一番大切なことがあります。(どのお稽古事でも、言える事なのですが・・・)


それは、お子さんが楽しんでピアノのレッスンをしているかどうか?


これが、もし嫌々だったり、義務感で続けているようなら、せっかくの脳トレも、生きる力を身に着けることも半減し、才能を伸ばすことができません。


子供は正直なので、楽しいことは、進んでやります。

楽しむことにより、脳の中のドーパミンという物質が出るため脳の活性化につながります。


まずは、ピアノに興味があるか?ピアノを習いだしたら、楽しんでレッスンしているか?


どうかくれぐれも、押しつけにならないよう、お子さんの気持ちをイチバンに、考えてあげてくださいね^^


最後に・・・

いかがでしたか?


ピアノを習うこと、演奏することは・・・

お子さんの脳をバランスよく鍛えてくれる上に、生きていくうえで人生を楽しめるスキルを身に着けることができるということをお伝えしました。


そして、なにより楽しむことが大切!です^^


確かに、娘やピアノを習っている周りのお友達を見ていても、学校の勉強についていくのが、すっごく大変!!という姿は、みたことがありません。

まぁ、まだ小学生なので、今後は分かりませんが、明るく活発で、お手伝いや兄弟の面倒をよく見てくれる頭の良い子が、多いですね^^


ちなみに、私はピアノを習っていた小学生時代、途中から義務感で続けていたので、あまり、脳の活性化につながっていなかったかも・・・^^;

ですが、パソコンのキーボードのブラインドタッチの習得は早かったですよ!(なぐさめです・・・)


あ~、でもやっぱりあの頃のように、スラスラと自由にピアノが弾けるようになりたいなぁ。私も、もう一度これでピアノをやり直そうかしら…(かなり本気)
憧れのピアノが、わずか30日で弾ける!


やっておきたい習い事の関連記事

楽譜が読めない!だけどピアノが弾けるようになる方法とは?

子供の習い事にそろばん!すべての勉強に役立つ理由とは?

そろばんのやり方!動画で基礎になる足し算の練習方法を公開!

習字を子供に習わせる!字が上手になるだけじゃない?

ピアノの鍵盤生涯の財産!おすすめの子供の習い事まとめ[7記事]

子供の習い事(ピアノ・そろばん)って、じつは将来役に立つことが多いんです。つまり一生の財産になる可能性が高いんですね。そんな子供の習い事についてのまとめ記事です。


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年9月17日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ