ロースイーツのいちごタルト!生のナッツで焼かずに作る!


今年も、イチゴの美味しい季節が、やってきました!

フレッシュいちご我が家の姉妹も、イチゴが大好き♪
もちろん私も、大好きです^^


そんな次女は、3月生まれ。
しかも、ひな祭りも近いと言うことで
毎年、イチゴのスイーツを作っています。


今回は、イチゴのスイーツの中でも
人気のいちごタルトのレシピを
ご紹介したいと思います。


それも、一般的な、いちごタルトではなく
なんと、焼かないタルト。
ローいちごタルトです!

スポンサーリンク



え?!
タルトなのに、焼かない?って、どーいうこと???
ロー(Raw)ってなあに?


ちょっと、気になったあなた!
この、ローいちごタルトとの出会いは、衝撃ですよ^^


それでは、これからご一緒に
レシピを見ていきましょう~。


乳製品フリー!焼かないローいちごタルト

ローいちごタルト

このいちごタルトは・・・

小麦粉乳製品白砂糖を使わず
しかも焼かない(加熱しない)ナッツ類をベースに作る
ローフードのスイーツです。


ローフードって、なになに?

と、ご存じない方は、とっても気になりますよね。
ここでご説明すると、か~なり長くなりますので
後ほど、少しだけ触れたいと思います。


とにかく、フレッシュいちごをふんだんに使った
酵素たっぷりで、ヘルシーなスイーツ・ローいちごタルト
まずは、材料です!


ローいちごタルトの材料(18㎝のタルト型1枚分)
【タルト生地】
  • 生クルミ・・・50g
    〔下準備:ひたひたの水に2時間以上浸しておく〕
  • 生アーモンド・・・50g
    〔下準備:ひたひたの水に8時間以上浸しておく〕
  • デーツ・・・100g
  • 塩・・・ひとつまみ

  • 【フィリング】
  • 生カシューナッツ・・・150g
    〔下準備:ひたひたの水に2時間以上浸しておく〕
  • メープルシロップ・・・大さじ3~4
  • レモン汁・・・大さじ1

  • 【フルーツ】
  • いちご・・・1パック
    〔下準備:洗ってヘタをとっておく〕

ナッツ類は、生クルミ生アーモンド生カシューナッツ
ローストしていない、すべて生のものを準備します。


実はこの生ナッツ、なかなか近くのスーパーに
売ってないのです^^;


デーツも、あまりなじみがないかもしれませんが
非常に栄養価が高く、カリウム、鉄分、カルシウム、リンなどの
ミネラルが、バランス良く含まれている、ドライフルーツです。

ロースイーツの甘味料として、よく利用します。


ローフードの食材を扱っている、または
ナッツ&ドライフルーツを扱っている
ネットショップで購入するのが、とても便利です。


私が、いつもお世話になっているショップは

ローフード通販ショップ LOHASさんです。
生ナッツ、デーツともに、安心安全良質なお品を
扱っておられます。


おっと、それから大切なことをひとつ。
生ナッツですが、使用する際には、下準備が必要です。


栄養面で、素晴らしい恩恵を受けられる、生ナッツですが
正しい食べ方が、あるのです。


ちょっとだけ、小難しい話になりますが
生のナッツは休眠状態で、発芽をしないよう
発芽制御物質(酵素制御物質)が、含まれています。


それを取り除いて、発芽してもいいよ~♪の状態に
つまり、生きている状態にしてあげることが、必要なのです。


生ナッツを休眠状態から、覚ましてあげるために
ナッツの種類によって、一定の時間、水につけることで
発芽抑制物質を取り除くことができます。
ローいちごタルト・生くるみ浸水中


今回使用するナッツの場合は・・・

  • 生クルミ・・・ひたひたの水に2時間以上浸す。
  • 生アーモンド・・・ひたひたの水に8時間以上浸す。
  • 生カシューナッツ・・・ひたひたの水に2時間以上浸す。

ですから、今すぐ作りたい!
となっても、浸水済みのナッツがないと作れませんので
それだけは、ご注意を^^;

◆関連記事
アーモンドの効果効能!意外と知られていない注意点とは?!

ええいっ!
いちいち浸水時間なぞ、覚えてられぬわ!(怒)

と言うあなた!(わたしも含め)
使用する、生ナッツすべてを一晩浸水しておきましょう^^


それから、稀にナッツアレルギーの方もいらっしゃいますので
浸水済みのナッツを少量味見して、テストしてくださいね。

スポンサーリンク


それでは、お待たせしました。
いよいよ作り方です!

ローいちごタルトの作り方

  1. 浸水しておいたすべてのナッツは、よくすすいで水を切っておきます。

  2. まずは、タルト生地から作ります。
    フードプロセッサーに、ナッツ類をすべて入れ細かく砕きます。

  3. ナッツが細かくなったら、デーツ(種があったら取り除いて)と
    塩を加え、再びフードプロセッサーにかけます。

  4. 全体が、デーツのねばりで、ひとまとまりになったらOK!
    タルト型に、指を使って、敷き詰めていきます。

  5. タルト生地は、フィリングを作る間、冷蔵庫に入れ
    休ませておきます。

  6. 次に、フィリングを作ります。
    いわゆる、普通のタルトのカスタードクリーム部分です。

  7. ブレンダー(ミキサー)にカシューナッツ、メープルシロップ
    レモン汁を入れて、撹拌します。

  8. 何度かゴムベラで、側面についた材料を落としながら
    撹拌していきます。

  9. ここで、硬くてうまく回らないときは
    少しだけ水をいれて、混ぜていきます。

  10. 全体がクリーム状になったら、タルト生地に流して
    均一にのばして平らにします。

  11. すぐに食べない場合は、タルトは冷蔵庫へ入れておきます。
    (飾ってから、時間が経つと、いちごから水分が出てくるため)

  12. 食べる前に、カットしたいちごで、飾りつけをしたら完成です!

以上が、ローいちごタルトの作り方でした!
拍子抜けするくらい、簡単ですよね!?


ちょっと下準備が必要だったりしますが
生ナッツを水に、つけておくだけですし
なにしろオーブンを使わないので、経済的で安全。

もちろん、お子さんと一緒に作ることもできます。


オーブンは必要ないのですが、フードプロセッサー
ブレンダー(ミキサー)は、必須アイテムとなります。


ローフードってなあに?

今回は、焼かない、乳製品&動物性&白砂糖フリーの
ロースイーツ、いちごタルトの作り方をご紹介しました。

ですので、ローフードについて簡単に、まとめておきますね。

  • ローフードのロー(Raw)は生、フード(Food)は食べ物という意味で
    ローフード(Raw Food)は『生の食べ物』と言うことです。
  • 海外では、多くのセレブやモデル、俳優さん達が
    美容と健康維持のために、ローフードを取り入れています。
  • ダイエット効果アンチエイジング(若返り)
    美肌効果などが、期待できます。
  • ローフードとは、酵素(エンザイム)が生きている
    食べ物のことです。
  • 酵素は熱に弱いので(48度以上で死滅する)
    酵素が、死なないよう調理した食べ物が、ローフードです。
  • 酵素(エンザイム)は、あらゆる生の食べ物に存在し
    カラダの中の化学反応(消化・代謝など)の媒体として
    必要不可欠です。
  • 酵素を生かして保存する知恵が、日本の保存食にもあります。
    梅干し、ぬか漬け、漬物、切干大根、乾燥ワカメなど。

我が家では、朝食に、フレッシュなフルーツと葉物野菜を
ブレンダーでジュースにした
酵素たっぷりな、グリーンスムージーを飲んでいます。

これを3年近く続けていますが、とっても調子が良いです^^


最後に・・・

いかがでしたか?


ちょっと、聞きなれないロースイーツは
こうやって、レシピにすると長いかもしれませんが
材料さえ揃えれば、本当に簡単に作れます♪


少々食べ過ぎても、普通のスイーツより
太りにくいのが、ありがたい・・・!


ローストしていない、つまり火を入れていない生ナッツって
オイル成分が酸化していないので、胸焼けしませんし
自然な甘さと旨みが、クセになるのです。


何より、初めてロースイーツを食べた時の感動は
今でも忘れられません!
ナッツといちごのコラボが、たまりませんよ~♪


ぜひ、美味しい苺が手に入ったら
生ナッツとデーツを入手して、チャレンジしてみてくださいね。


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2015年4月22日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ