「ハッ、ハクション!!」
「グシュ、グシュ、ズルズル・・・」

ある日突然、風邪を引いたわけでもないのに、くしゃみ・鼻水・鼻づまりが~!



あれれ???今まで大丈夫だったのに・・・。

ガーーーン!!!もしかして、これって花粉症じゃ。。。


私自身も20代後半に初めて花粉症を発症し、34歳で長女を出産した後、さらに悪化。


この時は、慢性蓄膿症になり、1ヶ月間まったく味がしなくなって、あれほど大好きだった料理と食事が苦痛になったことも・・・(´;ω;`)


「花粉症を何とか克服したい!!」でも、もとはと言えば、どうして花粉症になったの?


と言うことで今回は、花粉症になる原因やメカニズムをご一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク


花粉症の主な原因とは

直接の原因と言われているのは、もちろん植物の花粉です。


その中でもなんと、7~8割の人がスギ花粉によるものだそうです。私の場合も、やっぱりスギとヒノキがアレルゲンと診断されました。

  • 主にスギ、ヒノキ、ハンノキ、ケヤキ、シラカバ、コナラ、ブナ
    オオバヤシャブシ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ
    などの花粉。
  • 花粉にプラスして、大気汚染物質も関係している。
  • ハウスダスト・ダニ・動物(犬や猫など)が原因の場合も。

大気汚染といえば、都会などは排気ガスなどを連想しますよね。

ここは関西の田舎ですが、中国から黄砂が飛んでくる時期になると花粉症の症状が悪化してそりゃもう大変…!(TдT;)


それでは花粉を吸いこんだあと、いったいカラダでは何が起こって花粉症を発症してしまうのでしょう?花粉症が発症するまでのプロセスを見ていきますね。


花粉症が発症するまでのプロセス



去年まで他人事だった、花粉症。どうして今年は、発症してしまったの・・・!?

そもそも、花粉症になるメカニズムってなんぞや???


いったいあなたのカラダの中で何が起こっているのか、簡単にわかっておきましょう。

花粉症発症については、以下の説が有力と言われています。

1.IgE抗体&Th1細胞とTh2細胞のバランス説

花粉症とは、いわゆるアレルギー反応による症状です。

アレルギー反応の過程

1.花粉を吸いこむ。
   ↓
2.カラダの粘膜に付着
   ↓
3.カラダが花粉を異物(敵)と認識する。
   ↓
4.対抗するためにIgE抗体をつくる。
   ↓
5.花粉症予備軍の完成。
   ↓
6.IgE抗体が作られすぎて、予備軍の30~50%が発症
   ↓
7.IgE抗体が肥満細胞に取り付く。
   ↓
8.IgE抗体付きの肥満細胞に、花粉がくっつく。
   ↓
9.ヒスタミンロイトコリエンなどの化学伝達物質が放出される。
   ↓
10.神経や血管が刺激される。
   ↓
11.くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がでる。


花粉を異物(敵)とみなしてしまったカラダの過剰反応が、花粉症なのですね。


その結果花粉を排除しようとして、くしゃみや鼻水をあなたにガンガンさせているのです。((+_+))


なぜ、過剰にIgE抗体が作られる?

1.アレルギー抗原である花粉が体内に侵入。
   ↓
2.ヘルパーT細胞に花粉の存在が知らされる。
   ↓
3.ヘルパーT細胞は、Th1とTh2と呼ばれる2種類が存在している。
   ↓
4.普段はお互いに同じレベルで存在し、均衡を保っている。
 ●Th1細胞・・・細菌感染に対応
 ●Th2細胞・・・抗体がつくられることに関係
   ↓
5.花粉侵入の合図が発信される!
   ↓
6.合図を受け取った花粉症予備軍の人は、Th2細胞が過剰に増える
   ↓
8.よって、Th1細胞とTh2細胞バランスが崩れる
   ↓
9.誤った命令により多くのIgEが放出されて、アレルギー症状が出る!


どうやら普段は均等なバランスを保っていると。そこへ花粉が侵入してくることにより、Th2細胞が過剰になってしまう。


すると、間違った命令よりIgE抗体が大量に出てしまい、くしゃみや鼻水鼻づまりなどのアレルギー反応が起こる。


こういう流れのようです。

うーーーん、なるほど…。花粉を異物(敵)とみなしてしまったことが、そもそもの悲劇の始まりですね・・・。


ではなぜ、花粉を吸いこんでも異物とみなす人とそうでない人がいるのでしょうか?

2.免疫機能バランスが崩壊

花粉症って、体質のせい?それとも遺伝?同じ親から生まれたのに、兄弟で花粉症になる人とならない人がいる。

そんな現象が起こるのはどうしてなのでしょう?


その鍵は、免疫力、それも免疫機能バランスなんですって!


そもそも、無害である花粉を異物(敵)とみなしているのは、免疫力が高いとは言えず、むしろその逆なのです。


1.さまざまな要因で免疫力が低下している。
   ↓
2.ヘルパーT細胞をはじめ、T細胞、B細胞、NK細胞などが
  それぞれの役割を間違ったり、さぼったりしている。
   ↓
3.免疫機能バランスが崩壊する!
   ↓
4.過剰な免疫反応による、過剰防衛(アレルギー)が起こる。
   ↓
5.不必要な炎症が引き起こされる。


今まで「免疫力が高いから、花粉症やアトピーになる。」と、勘違いしていませんでしたか?(実は、私は勘違いしていました・・・^^;)


だから巷でのお薬や治療って、免疫抑制を主体とした対症療法が主流ですよね。


私が、花粉症から慢性蓄膿症になった時に処方していただいたお薬は劇的に効きましたが、副作用が怖くてすぐにやめてしまいました。


くどいようですが・・・

花粉症になるのは、免疫力が高い

からではなく

免疫力低下によって、免疫機能バランス崩れて免疫をつかさどる細胞たちが、間違った仕事をしている結果

なのでした!


免疫力はバランスが命!なのですね・・・!

スポンサーリンク


花粉症を克服するために・・・



それでは、免疫バランスを取り戻すためにはどうしたらいいのでしょう?


免疫力を低下させてしまった原因は、いろいろあると思います。

小さい頃の生活食生活の変化や習慣低体温住宅事情ストレス遺伝などなど。

また、スギ花粉の増加舗装道路の増加なども原因のひとつでしょう。


これらの中には、自分では対処のしようがないものもあります。


ですが、食生活を改善することで体質を変えたり、ストレスを減らすことなどは、何とかできるのではないでしょうか。


こちらのまとめ記事も、ぜひ合わせてご覧くださいね。
花粉症対策!食べ物など花粉症に関するまとめ


それでは、今回の内容を振り返っておきましょう。


最後に・・・

  • 花粉症の主な原因
    • 7~8割の人がスギ花粉
    • 大気汚染物質も関係している
    • ハウスダスト・ダニ・動物(犬や猫など)が原因の場合も
  • 花粉症が発症するまでのプロセス
    1. 花粉を異物(敵)とみなしてしまったカラダの過剰反応によるもの
    2. 免疫力が低下し免疫機能バランス崩れて、免疫をつかさどる細胞たちが間違った仕事をしている結果
  • 花粉症を克服するために、まずは食べ物による体質改善から
    参考:花粉症対策!食べ物など花粉症に関するまとめ

直接の原因は花粉そのものですが、花粉症を引き起こす原因は、まだまだ解明できない部分が多いと言われています。


ただ、大きな原因のひとつが、崩れた免疫機能バランスとわかって、少し光が見えてきましたね。


そして、最初のほうでお話したアレルギー反応を起こす原因となっているTh1細胞とTh2細胞の崩れたバランスを戻す方法。

実は、その救世主が乳酸菌なのです。

傷ついた腸を修復するための、重要な役割も担っている乳酸菌。ぜひ、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。
花粉症には乳酸菌?効果を私の体験から探る!!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!大変お疲れ様でした。



”ブログで人生が劇的に変わったアラフォー主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!




スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー

おすすめ関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)