赤ちゃんの鼻水対処法とは?我が家はこれでスッキリ!


めったに風邪を引かない私が
お正月から風邪を引いてしまいました。
(普段は、気合で引かないようにしているのに・・・)

今は、もうほとんど完治しているのですが
困ったことが起こっています^^;


と言うのは、我が家には
1歳10ヶ月になる次女がおりまして

常に、私と密着しているものだから、一番に移ってしまいました。

スポンサーリンク



彼女も熱はなく
ひたすら元気に鼻水を垂らしまくっています^^;

ただし、まだ授乳をしているので
息が苦しそう
苦しそうで・・・

それはもう本当にかわいそうなのです。
(誰のせいやねん・・・)


そう・・・!

赤ちゃんって、口呼吸が苦手なんですよね。
(カラダのためには、もちろん口呼吸はよくありませんが)


赤ちゃんの授乳例え口呼吸ができたとしても

口にはおっぱいを加えているのですから
息ができるはずもなく・・・。


時々離しては、息継ぎをするように「ハ~」と言って
またおっぱいを飲む。

を繰り返しています^^;


長女の時もそうだったのですが

こんな時は、できるだけ早く
なんとかしてやりたいのが親心
というもの。


と言うことで
今回は赤ちゃんの鼻づまりや鼻水について
私の育児経験も踏まえつつ、ご紹介していきたいと思います!


赤ちゃんの鼻水対処法

生まれてから、自分で鼻がかめるようになるまで
赤ちゃんは、いったい何回
鼻水を垂らしたり鼻づまりになるんでしょうね^^;


今、まさにお困りの場合はもちろんのこと
その時になって、慌てることのないよう
対策を頭に入れておきましょう。


  1. まずは乾燥を防ぐ。

  2. お風呂へ入れてあげる。

  3. 鼻水吸引器(鼻吸い器)で吸ってあげる。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう~。

1.まずは乾燥を防ぐ

これは鼻づまりにも言えることなのですが
そもそも、部屋が乾燥しているとウィルスも蔓延しやすいですし

鼻を通る空気に、適度な湿り気がないと
赤ちゃんの鼻くそも、かピカピに乾燥してしまって
鼻づまりの原因になってしまいます。


加湿器を使うなどして
適度な湿度を保つようにしてあげてください。


湿度は40~60%がベストですが、あまり高いと
結露が起こってカビなどの原因になってしまうので
50%くらいがよいでしょう。


我が家の場合は、アロマディフューザーとしても使える
超音波加湿器を使っています。

赤ちゃんでも使える、天然のアロマオイル(ラベンダー)
保湿だけでなく、癒しと殺菌の効果も狙っています。


アロマオイルの香りに癒されながら
お部屋も浄化できるので、かなりいい感じですよ^^


2.お風呂へ入れてあげる

もし、熱がないようでしたらお風呂へ入れてあげるのも
一つの方法です。


お風呂の暖かい湯気で、カラダや鼻が温まることによって
鼻づまりが通りやすくなります。

結果、鼻水もサラサラになってとってあげやすくなります。


ただし、湯冷めしないよう
くれぐれも注意してあげてくださいね。

と言うのも、次女はお風呂で遊ぶのが好きなので
いったい入ると、なかなか上がろうとしてくれないんです^^;

スポンサーリンク


3.鼻水吸引器(鼻吸い器)で吸ってあげる

いよいよ最後の秘密兵器登場です!!
鼻水たれ子さんに強力なツール。

その名も鼻水吸引器、別名鼻吸い器です!

我が家では現在小4の長女の時から
大活躍しているのがこれ。

鼻水吸引器

今、まさに愛用しまくりの鼻水吸引器(鼻吸い器)です。(笑)
もう購入してから10年以上になりますが
まったく壊れません!

現在は「ママ鼻水トッテ」という品名で、販売されているようです。



分解した鼻水吸引器

使った後は、こうして分解して洗浄できるので
清潔に保つことができます。


いわゆる、耳鼻科・眼科・小児科の先生おすすめ
シール付きでしたので
安心して使っていますが
ちょっとした注意点があります。

  • 最初はやさしく吸ってあげましょう。
  • 吸うときは、あまり力を入れすぎないよう
    吸いすぎは粘膜を痛めますので、ほどほどに。
  • 固まった鼻水や粘り気のある鼻水は、かなり取れにくいので
    お風呂上りなどにお試しを。
  • あまり勢いよく吸ってしまうと
    逆に、お母さんに移ってしまうこともあるかもしれません。
  • 使った後は、しっかり洗浄しておきましょう。
ご機嫌をうかがいながら、上手く鼻水を取ってあげることができると
かなりスッキリするので、おっぱいやミルクも飲みやすくなります。


ただ、我が家の次女は、鼻水吸引器を異常に嫌がります。
もうこりゃ虐待か?!と言わんばかりに泣かれるので

寝ているときなどに、そ~っと吸ったり
不意をついて吸ってあげています。


それでも、なかなか鼻水が取れない場合は
申し訳ないけど心を鬼にして、抱きかかえ
ズーズーズーとやっちゃいます^^;
(長女の時は、これほどまでに拒絶されなかったような・・・)


そこまでしてやってあげるのは
やっぱり、ズルズル鼻水が取れると空気の通りがよくなり
母乳も飲みやすくなるし、眠ってくれるんですよね。


それから、鼻水吸引器で鼻水をとってもらうと
本当にスッキリするので
やってほしい!と自ら言ってくれる子もいるんですよ~。

また、月齢の小さい子ほど抵抗なくやらせてくれます。


赤ちゃんの鼻づまり解消法

今回は、ちょっと長くなってしまいましたので
頑固な鼻づまり解消法については、別の記事にまとめました。

赤ちゃんが鼻づまりで寝れない!とっておきの解消法3つ!


良かったらチェックしてみてくださいね!


最後に・・・

いかがでしたか?


赤ちゃんの鼻に関するトラブルって、本当に頻繁に起こるし
一刻も早く、なんとかしてあげたいものです。


我が家の場合はこれらの方法で
なんとか病院のお世話になることなく乗り切っています。

が、どうしても鼻水吸引器がうまく使えなかったり
鼻水とらせてくれない場合は
無理しないで、耳鼻科を受診してくださいね。


どうかあなたのお子さんも
早く風邪が治って、元気になられますように。。。

オススメまとめ記事!

黄昏泣きの赤ちゃん赤ちゃんのトラブル対処法のまとめ[12記事]

初めての子育てはもちろん、2人目以降でもさまざまなトラブルは勃発します!そんな時に、どうかこのまとめ記事がお役に立ちますように。


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年4月14日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ