湯川温泉 四季の郷

「湯川温泉って、日帰りで源泉かけ流しが楽しめるんでしょ?」
「四季の郷温泉も良いと聞いたんだけど…。」



こんにちは。”源泉かけ流し”のあの香りに癒されまくりのOtama夫issaです^^


和歌山の湯川温泉と言えば、私の実家「新宮」から車で30分くらいのところ。そして年2回の帰省では、必ず訪れる温泉なのです。

ちなみに、湯川温泉のお隣にある”夏山温泉もみじや”で堪能した源泉かけ流しについては、こちらでご紹介しています!
夏山温泉もみじやで日帰り入浴!源泉かけ流しを超堪能してきた!


で、今回は湯川温泉にある3つの有名な温泉のひとつ”四季の郷温泉”のお話をしていきます。ちなみに、あと2つは

  • きよもん湯
  • ゆりの山温泉
こちらは”もみじや”さんのお話の中で紹介していますので、ぜひ参考にしてください~^^


それではさっそく、四季の郷温泉を楽しみにいきましょう!



湯川温泉”四季の郷”で日帰り入浴を楽しむ!

そうそう、のれんをくぐる前に!まずは、これからお話する四季の郷温泉に行くキッカケをお話しさせてください~^^;

キッカケ…。それは、ある人との出会い。その人は、先ほど紹介した”夏山温泉もみじや”の達人!(スミマセン、私が勝手に名付けてます^^;)

で、達人が教えてくれたこと。
「ここ”もみじや”の源泉も最高やけど、四季の郷温泉もいいから行っときや~^^:(これは温泉の汗…。)」
「ただ、ここより温度が低い源泉やから1時間はつからんとあかんで!」

という教え通り、ここ四季の郷温泉に来たというわけ。


ちなみに場所は、ゆりの山温泉を通り越してそのまま道なりに少し行くとありますよ。(途中に看板がないので、実は1度迷っています^^;)

お待たせしました!では、源泉かけ流しを楽しみにいきましょう^^

湯川温泉 四季の郷 入口

なかなか風情のある入口でしょ^^ちょうど年末に行ったので、お正月飾りもしてありますね。ではでは…。

あっ、そうそう!(またかよ、まわりくどいって言わないでね^^;)
湯川温泉 四季の郷 受付

ここ”四季の郷温泉”の受付は、駐車場にある事務所になります。なので、まずはそちらで日帰り入浴代を支払いましょう!ちなみに、
  • 大人500円
  • 小人300円
になります。まあ、日帰り温泉入浴としては一般的な値段。また、営業は夕方までなんですね。では、脱衣所へGO!

湯川温泉 四季の郷 注意事項

まずは注意事項を読んで…。「おー、飲める温泉水!いいですねえ^^」そして、

湯川温泉 四季の郷 加温

あれれ?加温??」と、ふと疑問に思った私。たしか、達人からは沸かしていない源泉(37℃くらい)って聞いたはず…。

温泉を楽しんだあと事務所に行って確認したところ、数か月前に施設を改装したとのこと。その際に、加温方式に変えたのかな。(きっと、いろんな意見があったのでしょう。)


達人に言われた通り1時間じっくりつかる覚悟で来た私にとって、ちと残念な思い。でも”加温”なので、沸かしていないことには違いありませんが。

(にしても、どうやって加温してるのか?なんか不思議ですよね。それは、次回伺ったときの課題ということで…。)


あと飲める温泉水ということで、脱衣所にこんなサービスもありますよ^^
湯川温泉 四季の郷 飲める温泉水

で、まずは加温していない源泉を楽しむため、シャワーから…。

「うーん、確かにちょっとぬるすぎ^^:」
「この温度の湯船だったら、さすがにちょっときつかったかも?」
「達人の言ってた通り、1時間はつからんと芯まで温かくならんやろなあ。」(これが醍醐味だったんでしょうが…。)

といった感じ。肝心の温泉の質はというと。
  • 癒しの香りも抜群!
  • 源泉特有のぬるぬる具合もすごい!
といった感じで、これは絶品!超オススメです~^^

ちなみに、湯船は十分広い(3畳くらいかな?)のでゆったり楽しむことができますよ。そして、湯船の温度も加温ということもあるのか、程よい熱さです。

これなら、そこそこ長湯してもぜんぜん平気でしょう!そして、カラダの芯からしっかり温まる^^



そして…。”もみじや”好きな次女さん(5歳児)が、ここの源泉を楽しんで真っ赤な顔して出てきて言った言葉…。

ふう…。ここもいいねえ。でも明日は、”もみじや”行こね!
「わかったよ~。」と私。(内心「やっぱりあなたはそうなのね」と思いながら)


また、しばらくして同じく顔を赤くして出てきた妻のOtamaや長女さん感想はというと、

「しっかり温まったし、ゆっくりできたわ^^」(長女さん)
「浴槽の中のベンチの高さが2段階あって、自分で調節できるのがよかったね♪」(Otama)

といった感じで、こちらの温泉もしっかり堪能したようです^^確かにベンチの高さが対面で違うのは、ちょっとしたことですが長湯できるポイントになりますね。

※浴室内の画像はありません。これは、ぜひあなたの目で確かめに行ってください〜。


そして、こちらの四季の郷温泉では温泉水を購入することもできます!広くて綺麗な温泉水汲み場がコチラです。

湯川温泉 四季の里温泉 温泉水汲み場

ちなみに、1リットルあたり10円で販売されていますよ。温泉水で煎れたコーヒーや炊飯も抜群なので、このサービスも嬉しいですね^^

では次に、今回お話してきた四季の郷温泉の基本情報を紹介しておきましょう!



四季の郷温泉の基本情報

住所:〒649-5337 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川橋の川287
TEL&FAX:0735-52-2515
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円小人300円
入浴時間:10:00~17:00(最終受付16:30)
最寄駅:JR湯川駅から徒歩20分
事前に営業確認してからお訪ねください。



それでは最後に、今回の内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 和歌山湯川温泉の有名所は3つ
    • きよもん湯
    • ゆりの山温泉
    • 四季の郷温泉
  • 四季の郷温泉の泉質は抜群!源泉の温度が37℃弱なので、湯船は加温している。
  • ちなみに、シャワーは源泉のままなので湯シャンにピッタリ。
  • 夏山温泉もみじやの達人いわく、以前は加温してなかったので、そのぬるま湯にじっくりつかって温まるのが醍醐味だった。

今回お話した四季の郷温泉ですが、私が達人から話を聞いた後に改装されたそうです。

残念ながら、達人に教わった醍醐味(ぬるめの温泉に超長湯して芯の芯から温まる!)を味わうことができませんでした。

でも、施設は綺麗でドライヤー・シャンプー・リンスなどの設備も整っています。なので、ある意味どなたでも源泉かけ流しを楽しめるところです。

ぜひ、四季の郷温泉にもコッソリ行ってその源泉の質を堪能してきてくださいね^^


ただ、やっぱり我が家は”もみじや”さんの源泉とその場(めっちゃ狭いです)が合っているようです。

ということで、次女さんの強〜いリクエストに答えて、今回の帰省ツアーの締めの温泉でリピしてきましたよ!

〔源泉のアノ香りに癒されたOtama夫issa〕

次女さん大絶賛の”もみじや”について詳しくはコチラをどうぞ〜^^
夏山温泉もみじやで日帰り入浴!源泉かけ流しを超堪能してきた!


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

この記事と関連の深いページはこちら





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)