3歳児と楽しむ絵本のおすすめは?読み聞かせボランティア厳選の5冊!


3歳 絵本 おすすめ01

絵本の読み聞かせは、子育てには絶対欠かせませんよね…。


3歳にもなると、言葉を理解する力がグングン伸びてきて、言葉の量もどんどん増えてきます^^

シンプルなストーリーが理解できるようになり、ちょっと長いお話も楽しめるように!


子育て支援センターで絵本の読み聞かせをしている時にも、3歳児の子どもさんは短か目のストーリー性があるものを喜んでくれますよ。


それこそ、あまりにもじっと見つめて聞いてくれるので、こっちがびっくりするくらいです!そして、自分が知っているところは、一緒に口ずさんでくれたりも…。

そんな時は、「あ~、この絵本好きなんだな~~」って、読んでる私もうれしくなります^^


そんな中から、読み手をしている私が3歳児におすすめの絵本5冊ほど厳選しましたのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



3歳児と楽しむ絵本のおすすめ5冊はコレ!

3歳児の頃は、乳児から幼児に変化していく頃で、会話やお話を楽しめる時期になってきます。また、お父さんやお母さんのまねっこ遊びもしますね^^


でも、まだしっかりとした物語は難しいです^^;なので、言葉の繰り返し繰り返しのリズムが特にはまるようですね。

そんな3歳児の頃におすすめしたい絵本が、こちらの5冊になります!

  1. ぐりとぐら
  2. てぶくろ
  3. おおきなかぶ
  4. 三びきのやぎのがらがらどん
  5. かばくん

これらの絵本は、子育て支援センターでの絵本の読み聞かせの会でも大変人気があります。親子で楽しめる絵本なので、ぜひおすすしたいです^^

それでは1冊ずつ詳しく見ていきましょう!

おすすめ絵本その1:ぐりとぐら


のねずみのぐりぐらは、お料理することと食べることが大好きです。

ある日、森へ出かけて自分たちよりも大きな卵を見つけました。

何を作ろうかと二匹で考えて「あさからばんまでたべても、のこるくらいのおおきいかすてら」をつくることにしました。

やけるのをうたいながら待っていると、匂いにつられて森中の動物たちが集まってきて…。


大きな卵を割って作るカステラの作り方、大人が見ていてもワクワクする絵本ですよね^^

リズム感のある「ぐりぐら ぐりぐら ぐりとぐら」という歌のようなフレーズが、3歳児にはうけるようです!

我が家でも、この絵本は3歳でも5歳でも大好きでした。何だかいつも「ぐりぐら ぐりぐら ぐりとぐら」と歌っていました。

かすてら、作りたい!」とせがまれましたが、何度やってもホットケーキでした^^

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)


おすすめ絵本その2:てぶくろ


雪の降る森の中で、おじいさんが手袋を落としてしまいます。

そこにねずみがきて住むことにしました。そして、うさぎ・きつね・おおかみ・いのししと次々やってきます。最後には、くままで来て入ってしまいます。


それから、おじいさんは手袋を落としたことに気づき戻ってきます。さぁ、手袋はどうなるのでしょう…。

中にいるのは だれ?」「いれて?」「どうぞ」という会話がくり返されます。

動物がどんどん大きくなってきて、「なかはどうなっているんだろう」とワクワク、「まだ来るの?、もう無理じゃない?」とハラハラ


手袋の形も、どんどん変わっていくところも楽しい絵本です。そんなところにも、3歳児は引き込まれるようですね^^

我が家の下の子が、手袋を片方なくしたとき「動物さんが入っているのかなぁ」と。

(いやいや、ここは森じゃないですから)と思いつつ、「そうだといいね」と笑いました。

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)


おすすめ絵本その3:おおきなかぶ



おじいさんが、かぶを植えました。甘くて元気のよいとてつもなく大きなかぶになりました。


おじいさんは、「うんとこしょ、どっこいしょ」とひっぱって抜こうとしますがぬけません。

おじいさんはおばあさんをよんできて、ひっぱりますがぬけません。おばあさんは、をよんでひっぱります。

まごいぬねこと呼ぶたびに「うんとこしょ、どっこいしょ」とかけ声をかけて引っ張るのです。

最後にねずみがきて…。


うんとこしょ、どっこいしょ」というところは、3歳児の心をワクワクさせます。

いっしょにかけ声をかけながら、引っ張るまねをしてくれるので楽しくなりますよ^^

我が家の子ども達も、図書館でも子育て支援センターでも我先にと大合唱でした。

家で、何かを引っ張る場面でもかけ声をかけてくれました。一度、面白すぎて力が入らず笑い転げてしまったこともありますね^^;

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)


おすすめ絵本その4:三びきのやぎのがらがらどん



三匹のヤギが、山へ草をたべに行こうと出かけました。おおきいやぎ、ちゅうくらいのやぎ、ちいさいやぎ、三匹とも名前は「がらがらどん」。

山へ行く途中には橋がかかっていて、そこには「トロル」という化け物が住んでいて、三匹が渡ろうとするとおそいかかってきます。

三びきのヤギは、無事にわたることができるのでしょうか…。


3歳児にとって、天狗のような大きな鼻と大きな目の「トロル」は本当に恐ろしい化け物に見えるでしょう。

その化け物と闘うヤギたちを応援する姿は、やっぱりかわいいです^^

3歳児は気にしないで自然と聞き流していくフレーズで、どうしても大人にとっては面白い言葉があります。

やまへ ふとりに いくところです」⇒食べに行くことを表現
これで めだまは でんがくざし」⇒串刺しのことを表現

私は、いつもここで吹き出しそうになってしまいます(笑)

こちらの絵本は、1965年に翻訳出版されているので言葉もクラシックなのです。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)


おすすめ絵本その5:かばくん



動物園に、朝が来ます。「おきてくれ かばくん」といって、カメを紐でつないだ少年がやってきます。

かめくんは、カバの池に入って一緒に遊びます。

今日は日曜日なので、動物園はおおにぎわい。かばくんの前にも、子どもたちがたくさん来ました。

くつした はいてる」
すかーと はいてる」
はんずぼん はいてる」
げたの こもいる」

…と子ども達も「かばだ かばだ」と大喜び!

やがてご飯の時間になり、キャベツやとうもろこしを大きなお口でぱくりと一口。食べた後はゴロンと横になって寝ます。

さようなら またくるよ」と男の子はカメを連れて帰っていきました。


この絵本も、発行日が1966年となっています。だから、子ども達の服装が、とても昭和です。

この懐かしい感じも、子ども達には違和感なく受け入れられていくのでしょうね。何だか、ほっこり暖かくなります^^

我が家の子ども達は、この絵本の影響でゲタに大はまりして、しばらくマイブームで履いていましたよ^^

かばくん (こどものとも絵本)




以上が、私が3歳児と楽しめる絵本としておすすめしたい5冊です。

そして、楽しい絵本と出会って来た中で、もう1冊どうしてもおすすめしたい絵本があります。

スポンサーリンク


3歳時におすすめの絵本!おまけの1冊

私が、どうしてもおすすめしたいもう1冊の絵本はこちらです。

おすすめ絵本その6:三びきのこぶた(原作)



こぶたの3兄弟が、それぞれを建てることになりました。

1番目のこぶたはわらで、2番目のこぶたは木の枝で、3番目のこぶたはレンガで家を作ります。

そこにオオカミが来て、1番目と2番目のこぶたの家は吹き飛ばされ2匹は食べられてしまいました。


3番目のこぶたの家にもおおかみが来ましたが、レンガは丈夫なのでへっちゃらです。

3番目のこぶたは、オオカミを退治しようと知恵をしぼって頑張ります。さて、うまくいくのでしょうか…。


この絵本は、原作なので嫌がる人もいると思います。

なぜなら、こぶた2匹がおおかみに食べられてしまいますし、おおかみも食べられてしまうからです。

でも、3歳児でも命の大切さはわかると思います!「頑張れば、大きいものにも怖いものにも立ち向かえる」と子ども達も考えることでしょう!

そもそも、子ども達はこの絵本を怖いと思わないみたいですよ。

我が家の子ども達も、この絵本を怖いと言ったことはありません。

逆にとっても、お気に入りでしたよ^^今でも、優しい子どもに育っています。大丈夫です!

三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)

それでは最後に、今回の内容を振り返っておきましょう!


まとめ

3歳児と楽しむ絵本のおすすめ5冊+おまけの1冊はコチラ!

  • ぐりとぐら
  • てぶくろ
  • おおきなかぶ
  • 三びきのがらがらどん
  • かばくん
  • 三びきのこぶた(原作)「おまけの1冊」

はっきり言うと、紹介したいおすすめの絵本を6冊に絞るのはかなり大変でした^^;どれもおすすめで、全部紹介したいくらいだからです!


3歳児は、行動力も増え行動範囲も広がり、赤ちゃんから子どもに向かってまっしぐらな時期です。

また、自我も芽生えて自己主張も激しくなり「の3歳」とも言われています。

そんな時は、絵本に助けてもらいましょう!

絵本の内容も、男の子女の子と好みも分かれるところもまります。そこは、やっぱり本能なのでしょう…。

「男の子は、乗り物冒険もの」
「女の子は、動物お花やかわいいもの」

を自分で絵本の棚から選んできます。年齢に合った絵本なら、ぜひ読んであげてくださいね^^

また、「三びきのこぶた」も原作を紹介しましたが、そもそも絵本の世界は楽しいものです。「残酷だ」とか「難しい」とか思わずに、原作もぜひ読んであげて下さい。

そして、お父さんもお母さんも一緒に親子で絵本を楽しみましょう!

~絵本の読み手である私からのメッセージでした~


絵本で子育て関連記事まとめはコチラ

絵本 読み聞かせ 効果12絵本で子育て!読み聞かせ効果やおすすめ本のまとめ[12記事]

子育てに今も昔も絵本が活用されていますよね^^幼児期からたくさんの良い絵本に触れることは大切なこと…。なのでぜひ積極的に絵本を子育てに取り入れましょう!こちらでは実際に絵本の読み聞かせをしているライターさんが書かれた記事をまとめてみました!


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年11月17日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ