よく飛ぶ凧 作り方 親子

「よく飛ぶ凧の作り方を教えて!」
「子供と一緒に凧揚げを楽しみたい!」



昔ながらの冬にする外遊びの定番は、なんといっても凧揚げでしょう^^どうも!Otama夫issaです^^


新年を無事に迎え、初詣もきっちり済ませた。

さあ、ゆっくり寝正月でもしようか^^」と思ってるお父さん!寝てる場合じゃないですよ…。


子供たちが暇してるでしょ^^;日頃遊んでやれない分、今こそ子供と触れ合うチャンスですよー。

そこで、育メンパパの私がおすすめしたいのは「凧揚げ」なんです!


なぜなら、凧揚げは親子で楽しめる遊びだから。子供の頃、親と運動場や浜に行って凧揚げをして遊んだ思い出ありません?


そんな思い出ないよ~」なんて言わないでくださいね^^;


大人になった私にとって、子供の頃の遠い思い出となっていた凧揚げですが、ある時小学生の娘がこう言い出しました。

娘:「自分で凧を作って飛ばしてみたい!」
娘:「お父ちゃん、よく飛ぶ凧の作り方知ってる?」

私:「小さい頃自分で凧を作って、凧揚げ大会にも出てたよー^^」
私:「一緒に作ってみよか!」

でも、内心「よく飛ぶ」という言葉が引っかかっていました^^;

なので、最近の手作り凧はどうなっているのか調べてみました。


なんと!身近なものを使って簡単に手作りできるよく飛ぶ凧があるじゃないですか!!!


それでは、さっそく「よく飛ぶ凧の作り方」を紹介しましょう^^

あっ、私の凧揚げの思い出は一番最後にお話しますね。



アレを使ってよく飛ぶ凧を簡単に作る!

身近なアレ…。なんだと思いますか?

もしかしたら、「そんなの前からよく知ってるよ」って言われるかもしれませんが^^;(いやいや、まだまだ知らない方もおられるでしょう)

身近なアレとは、「スーパーのレジ袋」や「ゴミ袋」なんです!


これだったら、どこの家にもまず間違いなくありますよね。あなたのお家にもあるでしょ^^


じゃあ、どうやって作るのか?まずは、私達親子が何度も(10回位)見て参考にした動画をどうぞ。


3分弱にうまくまとめられていますよ~

いかがでしたか?これならホントに簡単でシンプルな作り方なので、子供でもすぐにできちゃいますよ!

きっと、何回か動画を見れば、すぐに作り方の手順は理解できるでしょう。

レジ袋凧の作り方

動画を見てから、こちらの手順でチャレンジしてみてくださいね〜^^
用意するもの
  • レジ袋
  • 竹ひご(100均)
  • つまようじ
  • ハサミ
  • テープ
  • 千枚通し
  • タコ糸
作り方の手順
  1. 竹ひごの長さに合わせてレジ袋を凧の形(5角形)にカット
  2. 残ったレジ袋で脚を作る
  3. 本体に竹ひごと脚をテープでしっかり固定する
  4. 左右両端をつまようじで補強する
  5. タコ糸を通す穴を千枚通しで開けておく
  6. 両端をタコ糸で本体をつるように結ぶ
  7. 完成
※凧の大きさは任意