お彼岸にはなぜ「おはぎ」なの?意外に知らないその理由とは!?


お彼岸 おはぎ 理由01

毎年お彼岸の時期にになると「おはぎ」を食べますよね。


そのおはぎは、おばあちゃんやお母さんと一緒に作ったりお店で買ってきたり…。きっと、ご家庭によって違うことでしょう。


でも、「なぜお餅をあんこ(小豆)で包んだおはぎをお彼岸に食べるの?」…。

そんな理由を子供に聞かれたことはありませんか?


私は、ちゃんとした理由が分かっていませんでした。というか理由を知る必要性すら感じていなかったですね^^;

もしかして、あなたも?


日本の伝統的な行事には、必ず深い理由が隠されています!しっかり子供たちに継承していくためにも勉強しておくことは大切。


なので今回は、「お彼岸におはぎを食べる理由」と「おはぎという名前の意味」そして「ぼたもちとの違い」を紹介していきます。


ちなみに、私の実家では春も秋も「ぼたもち」でした。いったい、何が違うんでしょうね?

それでは、このあとご一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク



お彼岸におはぎをお供えして食べる理由とは?

お彼岸 おはぎ 理由02

お彼岸とは、春の春分の日・秋の秋分の日の前後3日間を合わせた7日間の事です。つまり、年間に14日間ということ。


ちなみに、春分の日・秋分の日は天文学的な計算をして決められますので、毎年違います。

春分の日・秋分の日は、お彼岸の中日(ちゅうにち)と言われ、その日は昼と夜が同じ長さになり太陽は真東から登り真西に沈みます。そこが大事なポイント!


仏教では、ご先祖様がいるところを「彼岸」(あちらの岸)といい、私達がいるところを「此岸(しがん)」(こちらの岸)と言います。


「彼岸」は西の方角にあるといわれ、太陽が真西に沈む春分の日・秋分の日は、ご先祖様の近くにいける日とされています。

その大事な日に、特別な食べ物としてお供えしていたのが「おはぎ」なのです。

「おはぎ」は、小豆砂糖もち米でできています。


昔から、小豆の魔除けになると言われていました。また、砂糖やお米は貴重なものでした。


そんな小豆とお米と砂糖で「おはぎ」をつくって、ご先祖様にお供えして健康や豊作を感謝したのです。

これが、お彼岸に「おはぎ」をお供えして食べる理由というわけ。


最近、きなこゴマの「おはぎ」もありますよね。そう言えば、最近私の実家でよくやっているのが栗入りのあんこです。あっ、もちろん秋ですよ。

これがまた、ほっくりとしていて美味しい!ただ、私にはまだ作れないので我が家の子供たちはこの味を知りません^^;

近いうちに、母から細かいレシピを教えてもらい作ってあげたいと思います。


そんなおはぎ、なぜ「おはぎ」と呼ぶのでしょう?このあと、その秘密が明かされますよ^^


お彼岸のおはぎ!名前の意味は?

お彼岸 おはぎ 理由03

お彼岸にお供えして食べる「おはぎ」が、「おはぎ」と言われる理由は何なのでしょう?

それには、いろいろな説があります。中でも、

  • 秋には萩(はぎ)の花が咲くので、「おはぎ」という説
  • お餅とあんこをはぎ合わせるので、「おはぎ」という説

この二つが、有名。


これは、私たち日本人が四季を愛しご先祖様に感謝し、仏事と神事を取り入れて来た証拠でもあります。

では、この2つの説をもう少し詳しく見ていきましょう!


まず、「秋に萩の花が咲く」というのは、ちょうどお彼岸の頃に萩の花がきれいに咲くということ。そうそう、秋の七草の一番目も萩でしたね。

秋の七草とは「はぎ・すすき・くず・なでしこ・おみなえし・ふじばかま・ききょう」で鑑賞する七草なんですよ!

ちなみに、春の七草は食べる七草ですからね^^

そして、小豆の収穫時期はお彼岸の少し前になります。ということは、採れたての小豆というわけ。

その小豆のは、邪気を払う力があると言わ昔から季節の行事やお祝いごとに使われてきました。

というように、秋という季節と「おはぎ」には深い関係があったんですね^^


次に、「お餅とあんこをはぎ合わせる」というのは、彼岸の中日(ちゅうにち)はご先祖様の一番近くまで行って「ご先祖様と心を合わせる」ということに繋げています!


「おはぎ」の名前がついた理由は、日本人ならではの心。実は深かったのですね^^

では、お彼岸にお供えするのは「おはぎ」だけなのでしょうか。これも気になるので、次に見ていきましょう!


お彼岸にお供えするのは「おはぎ」だけ?

abbafd5f212911a917d1fba6eefeb079_s

お彼岸に作ってお供えするのは「おはぎ」だけではありません。おはぎの他に、もう一つ「彼岸団子」があります!

季節の行事は、その地域によって風習が違ってきます。お彼岸も、その一つ…。

  • おはぎだけの地域
  • おはぎとお彼岸団子をお供えする地域
  • お彼岸団子だけの地域

とさまざまです。また、

  • 「彼岸入り」に彼岸団子、「彼岸中日」におはぎ、「彼岸明け」に彼岸団子という地域
  • 「彼岸入り」におはぎ、「彼岸明け」に彼岸団子という地域
  • 「彼岸中日」におはぎだけの地域

と、おはぎや彼岸団子をお供えする日も違います。


また、昔はお墓にも「おはぎ」をお供えしていましたが、近年では衛生面からお参りが終わったら持って帰るのがマナーになっています。

ちなみに、私の実家や今住んでいる地域では、彼岸団子をお供えする習慣がなかったのでそれすら知りませんでした^^;

もう一つ、違いで思いつくのが「おはぎ」と「ぼたもち」という名前なのでは?

ちなみに、あなたは「おはぎ?」それとも「ぼたもち?」…。もしや、違いを知ってる人?


では次に、「おはぎ」と「ぼたもち」にはどんな違いがあるのか見ていきましょう!

スポンサーリンク


お彼岸のおはぎとぼたもちの違いは?

6fb2b145bda810c9faeaf69d8b372bda_s

「おはぎ」と「ぼたもち」同じように見えますが、どんな違いがあるのでしょう?ちなみに、材料は小豆砂糖もち米と両方同じもので作られています。


では、違いについて見ていきましょう!


まずは、季節による違いから。←コレが一番正しいですからね^^

ぼたもち」は、春のお彼岸で食べられるものです!

春分の日の頃、牡丹(ぼたん)の花がきれいに咲くことから、それにちなんで「牡丹餅(ぼたもち)」と呼ばれるようになったのです。

「おはぎ」は秋に咲く萩の花にちなんでいましたよね。なので、秋のお彼岸は「おはぎ」というわけ。

つまり、

  • 春→牡丹の花→ぼたもち
  • 秋→萩の花→おはぎ

ということ


あと、春と秋では厳密に言うと材料(小豆)も微妙に違います。

先程、小豆の収穫時期はお彼岸の少し前と言いました。ということは、秋は採れたての新小豆春は半年ほど保存した小豆を使っているのです。(ねっ微妙に違うでしょ^^)


秋の「おはぎ」は、採れたての小豆なので皮も柔らかく食べられます。なので、粒あんに。対して、春の「ぼたもち」は、乾燥させて保存された小豆で皮が固くなるため、こしあんにされます。

つまり、

  • は採れたての新小豆→皮が柔らかいので粒あん
  • は半年ほど保存した小豆→皮が硬いのでこしあん

ということですね。

やはり、「おはぎ」と「ぼたもち」は季節による違いハッキありましたね^^

あと、牡丹と萩の花に例えられていることから、大きさも「ぼたもち」の方が大きいという違いもありますよ!


それから、地域性の違いから呼び方が変わる場合もあるのでは?「おはぎ」に関わらず、食べ物の呼び方には地域性がありますからね。


例えば、鶏肉を関西では「かしわ」と呼んだり…。あと、関東は「おさしみ」、関西は「おつくり」…など。


ちなみに、私の実家では春も秋もお手製の「ぼたもち」だったのですが、名前の意味は「大きくてぼたっとしているから」だと思っていました^^

そのまま子供に教えなくてよかった^^;

それでは次に、今回の内容をおさらいしておきましょう!


まとめ

1.お彼岸に「おはぎ」をお供えして食べる理由は?
お彼岸は、ご先祖様に一番近づける日なので、特別な食べ物である「おはぎ」をお供えして、家族の健康や作物の豊作を感謝した。

2.「おはぎ」の名前がついた理由は?
いろいろな説があるが、
  • 秋のお彼岸の頃には萩の花がきれいな花を咲かせること
  • あんことお餅をはぎ合わせること
    ご先祖様と心を合わせるとことつながったというのが、日本人ならではの心が出ている。

  • 3.お彼岸には「おはぎ」だけお供えするもの?
    • おはぎだけではなく彼岸団子もあり、おはぎと組み合わせてお供えする地域もある。

    4.お彼岸のおはぎとぼたもちの違いは?
    • おはぎ・・・秋のお彼岸で新小豆で粒あん
    • ぼたもち・・・春のお彼岸で保存した小豆なのでこしあん
    大きさも、牡丹の花にちなんでいるので「ぼたもち」は少し大きめ。また、地域によって呼び方が違うこともある。


    お彼岸に、おはぎ・ぼたもちをお供えして食べる習慣は、日本中どこにでもある行事です。住んでいる地域によって、呼び方や食べ方が違っていますがその心は同じ

    その心とは、家族の健康をご先祖様に願いや作物の収穫をご先祖様に感謝すると言う気持ちです。

    そういう大切な心は、ずっと持ち続けたいものですね^^

    そして、毎年お彼岸には「おはぎ・ぼたもち」を食べて、子供たちにもこの行事の大切さを伝えていきましょう!


    スポンサーリンク


    追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

    『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

    特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

    OtamaJメルマガ用バナー


    最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


    公開:

    よく読まれているオススメ関連記事

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    お役立ち!まとめ記事一覧

    ライブラリー用バナー

    このページの先頭へ