ラバージグの使い方!バス釣りで必須のコツ3つとは?


バス釣り ラバージグ 使い方01

「ラバージグ…こんなのでバスは釣れるの?」


バス釣りで使うラバージグといえば、こんなイメージをあなたは持っているはず。


バス釣り歴20年以上ある私も、初心者の頃はそう思っていました。

絶対にラバージグみたいな生き物っていないし、「よっぽどラバージグを喰うバスってお腹減ってるの?」みたいなイメージで(笑)


私も、バス釣りを始めた頃はラバージグは使っていませんでした。なぜかというと使い方が全く分からなくて、釣れるイメージも掴めなかったから!


しかし、ベイトリールを使うようになったことをきっかけに、ラバージグを使うようになりました。

その頃から、「ラバージグって釣れる!なんでもっと早くから使わなかったんだ…。」と後悔してしまうくらいバスが釣れたんです!


その時から意識するようになったのが、今回私が伝授する3つの使い方

このラバージグの使い方を意識することで、あなたもきっとラバージグが大好きになるはず。


それでは、私がおすすめするラバージグも最後に紹介しつつ、3つの釣れる使い方についてこのあと伝授していきたいと思います!

スポンサーリンク



バス釣りのラバージグで釣れる3つの使い方とは?

バス釣り ラバージグ 使い方02

私が伝授するバス釣りのラバージグで釣れる使い方は、こちらの3つです!

  1. ラバージグの使い方の絶対条件!必ずトレーラーを付ける!
  2. 釣れるラバージグの使い方その1・ボトムパンピング!
  3. 釣れるラバージグの使い方その2・スイミング!

この3つの使い方を意識するようになって、ラバージグは私にとって大好きな釣れる1軍ルアーになりました。

それでは早速、1つずつ解説していきますね。


絶対条件!必ずトレーラーを付ける!

私が、ラバージグの使い方で紹介する1つめは、必ずトレーラーを付けること!

これをしないと、ラバージグではバスは釣れないといっていいほど重要なことです。

トレーラーを付けるとは、ワームやポークといったソフトルアーをラバージグのフックに付けること。


たったそれだけのことですが、ラバージグを使ったバス釣りではめちゃくちゃ重要なんです!


これは、私が実際に試してみたことなのですが、見えバスの目の前にトレーラーを付けずにラバージグを投げても見向きもしませんでした。(完全に無視^^;)

その後、トレーラーとしてワームを付けて同じように投げてみると、一瞬でバイトしてきました!

ちなみに、この実験は何回もやっています。でも、結果は同じ…。


それから、何度か試しにラバージグにトレーラーを付けずにバス釣りをしてみたものの、やはり全く釣れず…。


このように「ラバージグにはトレーラーは必要なんだ」とつくづく実感してきました。

なので、ラバージグを使ってバスを釣りたいなら、トレーラーを付けることは絶対条件だと言えます!

では次に、ラバージグの釣れるテクニックについて見ていきましょう。


釣れるラバージグの使い方その1.ボトムパンピング

私が紹介する、バス釣りでやってほしいラバージグの使い方の2つめは、ボトムパンピング!

ボトムパンピングは、バスがボトム(底)を意識しているときにとても効果的な使い方です。

ボトムパンピングとは、ラバージグが底をトントンと飛び跳ねるように動かす使い方です。

イメージは飛び跳ねて逃げるザリガニ!


動かし方のコツは、2~3回ラバージグを飛び跳ねさせるようにして、ストップを必ず入れること。

飛び跳ねさせる距離は10センチくらいがベストです。


そして、バスのバイトがあったら即フルパワーでフッキングしましょう!


釣れるラバージグの使い方その2.スイミング

私が紹介するラバージグの使い方の3つめは、スイミング!

バスが、ちょっと上方向を意識しているときに効果的な使い方です。

スイミングとは、ラバージグをロッドアクションやリールの巻き取りで、底に付けずにスッー、スッーと動かす使い方です。

イメージは逃げ惑う小魚です!


動かし方のコツは、底に付けないようにアクションしつつ、途中に一瞬ストップを入れること。

1回の移動距離は、50センチくらいをイメージしてみてください。


バスのバイトは、「一瞬ストップを入れた時」か「ストップから動き出した瞬間」が多いです。


このスイミングでは、すぐにバスがラバージグを吐き出すことは少ないので、バイトがあったらしっかりラインを巻き取ってからフッキングするようにしましょう。


以上が、私が伝授したいラバージグの釣れる使い方3つです^^

それでは最後に、私がイチオシの釣れるラバージグを1つ紹介しちゃいましょう!

スポンサーリンク


私がおすすすめする釣れるラバージグはコレ!

私が、バス釣りでおすすめする釣れるラバージグはこちら!

バス釣り ラバージグ 使い方03

これは、メガバスのマッシュヘッドです!

マッシュヘッドは、

  • すごくバランスのとれたヘッド
  •     
  • 少しの水流にも反応するファインラバー

この組み合わせがめちゃくちゃいいラバージグなんですよね^^

このラバージグは、なんといってもボトムパンピングの使い方がおすすめ!

そして、組み合わせるトレーラーは小さめのチャンク系がベストです。



~ジャッカルCHUNK CRAW チャンクロー 2.8inch~

なぜかというと、「使ってからのお楽しみ!」と言いたいくらいなんですが(笑)、この組み合わせで上手く動かすとボトムでドックウォークするんです。

要は、真っ直ぐでなく左右に飛び跳ねるアクションをするわけ!


実は、私にとってかなりのシークレットだったんですが、あなたにもぜひラバージグでバスを釣ってほしいので、今回は特別に紹介しました。


マッシュヘッド + 小さ目のチャンク系トレーラー、ぜひ試してみてくださいね!


まとめ

私が今回伝授した【バス釣りで使うラバージグの釣れる使い方】は、こちらの3つです!

  • その1.必ずトレーラーを付けること
  • その2.ボトムパンピングで誘う
  • その3.スイミングで誘う

バス釣りでラバージグを使うときは、この3つの使い方をぜひやってみてください。

この使い方をしていれば、絶対にバスは釣れます!

そして、あなたも私と同じようにラバージグが大好きになるはず。

ちなみにですが、ラバージグはブラシガードが付いているタイプをよく使いますよね。(ブラシガード無しのタイプもありますが…。)

昔は、本数を減らしたり切ったりして調整が必要でしたが、最近のラバージグは調整がしっかりされているので、そのまま使ってくださいね。

もし調整したいというときは、本数を根本から減らしましょう。

長さを短くしてしまうと、ブラシガードは硬くなってしまいフッキング率が悪くなってしまいます。

バス釣り初心者の頃、何度もそれで失敗してきた私からのアドバイスです(笑)


ぜひあなたもラバージグの使い方をマスターして、楽しくバス釣りをしてくださいね!

バス釣り関連記事はコチラ

バス釣り!スピナーベイトは使い方次第でよく釣れる!

ミノーの使い方!バス釣りでマスターすべき3つのテクニックとは?

バイブレーションの使い方!バス釣りの釣果に差がつくコツとは?

クランクベイトの使い方!バス釣りでやってる私のこだわりとは?

バス釣り!フロッグの使い方は!?釣果に差がつく3つのコツ!

[バス釣り]釣果02琵琶湖でバス釣り!タックル&湖北ポイント情報まとめ[38記事]

こちらではバス釣り初心者さんに役立つ情報をWebライターさんと一緒に1記事ずつ丁寧にまとめています!私は琵琶湖・湖北で漁港まわりや浜や内湖でおかっぱりをしてます。基本、お気に入りのタックルでおすすめのトップウォータールアーを投げまくるバサーです^^

瀬戸内東予シーサイドキャンプ場の常設テントサイトキャンプ・アウトドアにお役立ちのまとめ[18記事]

気がついたら、キャンプ歴も20年以上になりました。そんな私たちとキャンプ好きなWebライターさんの体験をもとにしたアウトドアやキャンプのお役立ち情報やグッズ、またおすすすめのキャンプ場もご紹介!あとバス釣り関連のまとめ記事も^^


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ