湯たんぽで低温やけど?正しい使い方とは




寒い冬の時期・・・

布団を温めるために湯たんぽを使用されている方も多いのでは?


我が家でも、冬の暖房アイテムとして
欠かせないものになっています。


湯たんぽを知るまでは、電気あんかや電気毛布を使っていました。


電気あんかや電気毛布は、確かに温かいのですが
電気を使っているという点で


微量だと思うのですが
電磁波が、体によくないだろうなぁ・・・とか


一晩中つけていたら
電気代もばかにならないのでは、という疑問を持っていました。


そんな時に出会ったのが・・・


湯たんぽなのです!

[湯たんぽ]3種

湯たんぽは、昔から使われてきたものですよね。

湯たんぽのよさは
なんといってもやわらかい温もりが得られるということです。


使っている方は、お分かりでしょうが
電気あんかや電気毛布とは、まったく違う温かさなんです。


そして、じわじわと温度が下がっていくという点も
体にとっては、ちょうどいいのです。
人が、本来持っている自家発熱を損なわないのですね。


寝始めは、湯たんぽの熱を利用して体(特に足先)をあたため
体が全体が温まってきたら、自身の発熱で十分眠れます。


眠りについた頃には、少しずつ湯たんぽも冷めていく
といった感じです。


それから、湯たんぽは
もちろんエコという点でもすばらしい暖房アイテムだと思います!


そんな湯たんぽですが、良いばかりではなく
ちょっと注意して使用して頂きたいことがあります。


今日は、私の体験も交えまして
湯たんぽの、正しい使い方をご紹介していきたいと思います。


正しい使用方法を理解して、湯たんぽライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク



湯たんぽで低温やけど?!

冬の暖かアイテムとして、大変便利な湯たんぽですが
実は、この湯たんぽが原因で
毎年、かなりのやけど事故が起きているようです。


熱湯によるやけど

湯たんぽは、熱いお湯を利用するので
やけどの原因は、熱湯によるものになります。

[湯たんぽ]マルカポリ湯たんぽ

  • 湯たんぽに熱湯を入れる際、こぼしてしまいやけどを負う。

  • 湯たんぽ本体が劣化し、破損や破裂によって熱湯がかかりやけどを負う。

  • 入り口のキャップの破損によって、熱湯がかかりやけどを負う。


特に小さいお子さんがいるご家庭では
お湯を入れるときは、側に来ないよう気をつけてあげてください。


実は、湯たんぽによるやけど事故は、熱湯だけじゃないのです。


低温やけどは重症化しやすい!

意外かもしれませんが、
もっとも多発しているのが、使用中の低温やけど事故なんです!


熱いものに触れると、反射的に「熱い!」と離れるため
表面はやけどを負うことがあっても
皮膚の深いところまではやけどをしないものです。


ところが低温やけどは、心地よく感じるくらいの暖かさの温度
長時間、皮膚に接することによって起きるやけどです。


要するに、無意識のうちに湯たんぽが長時間皮膚に接したままの状態で
感覚が麻痺し、熱さや痛みに気が付かないまま
皮膚の深いところまで達してしまうやけどなのです。


一般的に、60℃で5秒程度・50℃で3分程度・44℃で6~10時間
皮膚が損傷を受けるといわれています。


そう考えると、湯たんぽでの低温やけどは
十分にありえる事故なのですね。


2度も経験!低温やけどの傷跡

実は、私(おたま夫)も2回ほど、湯たんぽで低温やけどを
してしまったことがあります^^;


一度目は
朝起きたら左足のくるぶしにチクチクした痛みを感じ
見てみると小さい水疱ができていて
何コレ?虫刺され???って思いました。


すぐに調べてみると、低温やけどだと分かり
念のため病院で診てもらいました。


その後、1週間ほど痛みが続きなんとか完治しましたが
あのなんとも言えない痛みは、始めて味わいました。


そして、2度目はお酒を飲みすぎて眠った時に^^;


今度は右足のすねで、前回と違いかなり大きい水泡と痛みが・・・
今回も、病院へ行こうかなとも思いましたが
痛みに耐えること約1ヵ月、なんとか完治しました。


それから約3年くらい経ってますが
その傷跡はしっかり残っています。



お見苦しいですが、コレがその傷跡です・・・
湯たんぽ低温やけど痕
(画像:おたま夫のスネ^^;)


さすがにそれからは
湯たんぽの使い方には、十分気をつけるようになったので
低温やけどを起こしたことはありません。



低温やけどを防ぐ湯たんぽの正しい使い方

超手軽でエコな暖房器具である湯たんぽ・・・

一度あのやわらかい温かさを味わったら
手放せない湯たんぽ・・・


そんな湯たんぽのこわーい低温やけど事故を防ぐためには
どうすればいいのでしょうか?


低温やけどを確実に防ぐ方法としては
あらかじめ、就寝前に湯たんぽを入れておきましょう。


こうして、しっかり布団の中を温めておき
就寝時に、湯たんぽを布団から出すことしかありません。


ただ、この方法ですと温かさが続かないので
物足りないですよね。


それならば、100%低温やけどを防ぐ、とは言えないのですが
湯たんぽのカバーを厚手のタオルや布にして、包む方法もおすすめです。


これで、ほぼ低温やけどを防ぐことができます。


湯たんぽの付属のカバーが、少し薄い場合がありますので
綿が入っていたり、層になっているものが良いと思います。


実際、我が家ではこの方法で
あれ以来、低温やけど事故は防げています^^



いずれにしても
それぞれの製品の取扱上の注意事項
よく確認して使用しましょう!

スポンサーリンク


愛用の湯たんぽをご紹介

湯たんぽもいろいろな種類があります。

陶器製の湯たんぽ、金属製の湯たんぽ
樹脂製の湯たんぽ、ゴム製の湯たんぽなどなど。


ちなみに我が家の愛用湯たんぽは
就寝時に、丈夫で長持ちする「マルカ ポリ湯たんぽ」です。


保温性もかなり高く、朝までほのかに暖かさが残っているほどです。


それから昼間ですが
天然ゴム製の湯たんぽも愛用しています。

[湯たんぽ]ダンロップ

これはダンロップの製品なのですが、こちらも我が家には2つあります。
こちらの湯たんぽには、フリースのカバーをかけて使っています。


デスクワークの時などに、直接お尻に敷いて座ったり
太ももの上にのせてブランケットをかけたりして
快適に暖をとっています。


また、冷えによる腰痛の時
心地よく患部を温めることもできるので、かなり重宝しています。


天然ゴム製なので、少し臭いが気になりますが
丈夫で使い勝手が良く、かなりオススメの湯たんぽです。



最後に・・・

いかがでしたか?


ちなみに我が家には、薪ストーブがあるので

湯たんぽのお湯は、薪ストーブの天板に
やかんを置いて沸かしています。

湯たんぽ01

薪ストーブで暖をとりながら、やかんの湯気で加湿して
さらに湯たんぽのお湯で暖をとる・・・
かなりエコでおすすめです!


薪ストーブに関しては
またの機会に記事にしたいと思います^^



寒い時期にかなり頼りになる湯たんぽ・・・

正しい使い方を守って、快適安眠湯たんぽライフを楽しみたいものですね。



スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年1月21日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ