バス釣りで誰よりも遠投したい!知っておきたいコツとは?


バス釣り遠投コツ01

バス釣りをしていると、「とにかく遠投したい!」と思ったことがあなたにもあるはず。


たとえ釣れなくても、遠投できれば気持ちいいですからね^^

ただ、遠投といってもコツが分からず力任せに投げたところで、あまり遠くへ飛ばない経験をしたこともあるのでは?

それに、力いっぱい投げたらラインが切れて「ルアーがはるか彼方へ飛んで行った」こともありますよね?(笑)


実は、私はバス釣りだけでなく海のルアーフィッシングもやっています。そこで大事になってくるのが遠投なのです。

遠投にはやっぱりコツがあります!


今回は、バス釣りで【覚えておきたい遠投のコツ】について伝授していきましょう。

最後に、おすすめの遠投用タックルも紹介しました。

スポンサーリンク



遠投のコツその1.重たく空気抵抗の少ないルアーを使う

まずは、なんといっても重たいルアーを使いましょう。

バス釣り遠投コツ02

最近のバス釣り雑誌で紹介されている軽いルアーは、プロ向けで遠投には向きません。

また、重たいだけでなく体積の大きなものも遠投には向いていません。投げても空気抵抗でくるくる回ってしまい、失速してしまうからです。

バス釣りで遠投に向いているルアーは、

  • バイブレーション
  • メタルバイブ
  • キャロライナリグ

がおすすめです。

まずは、重たく空気抵抗の少ないルアーを使うのが遠投のコツです!


遠投のコツその2.タラシを長く取る

タラシは、できるだけ長く取るようにするのが遠投のコツです!

ちなみに、タラシとはロッドの先からルアーの先端までの部分になります。

最低でも50センチくらいが、バス釣りで遠投するときに必要なタラシの長さです。


タラシを長くすると、その分遠心力が働きルアーの放たれる高さが高くなります。結果として遠投できることに^^


また、タラシを長くするとティップの影響を受けにくくなります。

どういうことかというと、キャストした後、ロッドはキャストの反動で振動して元の真っ直ぐな状態に戻ろうとします。

このティップの振動がルアーに伝わってしまうと、ルアーの姿勢が乱れてしまい、結果として遠投できなくなってしまいます。

こういったことから、バス釣りの遠投にはタラシを長く取ることもコツということを覚えておきましょう。


遠投のコツその3.ロッドの反発力を活かしきる

バス釣りのロッドで遠投するには、ロッドの反発力を活かしきることが重要になってきます。

ルアーは、人間の力だけでなくロッドの反発力を活かして飛ぶことを理解しておきましょう。


その反発力を活かす方法としては、振りかぶる範囲を大きく取ることが必要。

バス釣りで使う一般的な遠投向きのキャストは、スリークォーターキャストです。

スリークォーターキャストとは、利き腕の斜め上方向からロッドを振りぬく方法です。

このキャストは、振りかぶる範囲を大きく取ることが出来て、スイングスピードも取りやすいキャスト方法になります。


バス釣り初心者さんが、遠投するコツを掴みやすいのはこのスリークォーターキャスト方法です。

でも実は、コツを掴めればもっといいキャスト方法があります。それを次に紹介していきますね!

スポンサーリンク


コツを掴めば遠投できる!ペンデュラムキャスト

この記事を見ているあなたは、ペンデュラムキャストというキャスト方法を初めて耳にしたのではないでしょうか?


まずは、こちらの動画を見てください。約5分ありますが、とても詳しく解説されていますよ!

ぜひ、じっくり勉強してくださいね^^


これが、ペンデュラムキャストというキャスト方法です!すぐにでもマスターしたくなったでしょ^^

言葉で説明すると、

  1. タラシをリールの上くらいまで長く取る。
  2. 振り子の要領で前にルアーを振る。
  3. 前に行ったルアーが後ろに来るのをそのまま送り込む。
  4. そして縦に回転させて投げる。

といった感じです!

ただ、ペンデュラムキャストで遠投のコツを掴むまでは繰り返し練習が必要です。

私も遠投のコツを掴むまでは、前でなく上にルアーが飛んでいました(笑)

ペンデュラムキャストのコツは、ルアーを前に放つ瞬間のみ力を加えるといった感覚です。


バス釣りでこのキャストを使っている人は少ないので、うまくできればきっと目立ちますよ^^

ぜひ、繰り返し練習してコツを掴んで使ってみてくださいね!


遠投のコツがわかったところで、次におすすめの遠投用タックルを紹介しておきましょう!

やはり、遠投したいなら遠投向きのタックルが必要かと^^


私がおすすめする遠投用タックルはコレ!

バス釣り遠投コツ03

私がバス釣りの遠投でおすすめするタックルを紹介しておきますね。

  • ロッド・・・長さ7フィート以上、硬さがミディアム以上のスピニングロッド
  • リール・・・2500番台のスピニングリール
  • ライン・・・PEライン0.8号クラス

バス釣りで遠投するには、この組み合わせがおすすめです。

やっぱり、遠投には長いロッドとPEラインでスピニングタックルの組み合わせが一番です!

ぜひ、バス釣りで遠投するときに選ぶタックルの参考にしてくださいね。


まとめ

それでは、今回の記事をおさらいしておきましょう!

バス釣りで、遠投する時のコツは次の通りです。

  • 重たく空気抵抗の少ないルアーを使う。
  • タラシを長く取る。
  • ロッドの反発力を活かしきる。(スリークォーターキャストが基本)
  • できればペンデュラムキャストを使ってみる。

これら遠投のコツを意識して、あなたのバス釣りに取り入れてみては。遠くへキャストすることができれば、絶対釣れるバスも増えるはず!

私の場合、ヘビキャロで大遠投をするようになってから、かなりの確率でランカーサイズをゲットできるようになりました^^


ぜひ、遠投で広範囲を探ってたくさんのデカバスを手にしてくださいね^^


バス釣り関連記事はコチラ

バス釣り初心者でもよく釣れるワーム!おすすめはコレ!

バス釣り!トップウォーターのおすすめルアーはコレ!!

バス釣り!スピナーベイトは使い方次第でよく釣れる!

バス釣り釣果in琵琶湖2015!自己ベスト更新したポイントは?

[バス釣り]釣果02琵琶湖でバス釣り!タックル&湖北ポイント情報まとめ[38記事]

こちらではバス釣り初心者さんに役立つ情報をWebライターさんと一緒に1記事ずつ丁寧にまとめています!私は琵琶湖・湖北で漁港まわりや浜や内湖でおかっぱりをしてます。基本、お気に入りのタックルでおすすめのトップウォータールアーを投げまくるバサーです^^

瀬戸内東予シーサイドキャンプ場の常設テントサイトキャンプ・アウトドアにお役立ちのまとめ[18記事]

気がついたら、キャンプ歴も20年以上になりました。そんな私たちとキャンプ好きなWebライターさんの体験をもとにしたアウトドアやキャンプのお役立ち情報やグッズ、またおすすすめのキャンプ場もご紹介!あとバス釣り関連のまとめ記事も^^


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年8月31日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ