バス釣り初心者がまず1匹ルアーで釣るには?誰でも釣れる方法紹介!


ルアーといえば、やっぱりバス釣り!

バス釣り初心者ルアー1

男女問わず、バス釣りをする人が最近増えてきています。

でもやり始めたはいいけれど、実は「まだ、1匹も釣ったことがない・・・。」そんな人も多いのでは?


今ではバス釣りルアー歴20年の私も、最初の1匹を釣るには相当苦労しました。でも、その苦労の分だけめちゃくちゃ嬉しかったです!

その1匹が釣れたときの光景は、いまでもはっきりと覚えているほど。


そこで今回は、まだ1匹も釣ったことがないんだけど…。そんなバス釣り初心者さんに、ルアー(ハードルアー)でまず1匹を釣る方法を紹介します!

スポンサーリンク



まず釣り具屋で情報収集!

まずは、釣り具屋さんに行ってみましょう。


ただ、釣り具屋さんに行ってはみたものの、置いてある商品が多すぎてどれを使ったらいいのかわからない。そもそもバス釣り用のルアーってどれ?ってなりますよね。


店員さんにいろいろ聞きたいんだけど、声をかけるのって勇気入りますよね?

「そんなことも知らないの?」

みたいなことを思われたりしないかって…。実際にそんなことはありませんので(笑)


でも、まず初心者さんが1匹釣りたいなら、素直に店員さんに聞きましょう。

インターネットが普及した今であっても、最新の情報はやはり釣り具屋の店員さんが持っています。

「どの辺で釣れているのか」

「どんなルアーが釣れるのか」

情報を聞き出す必殺の言葉は「まだ1匹も釣ったことがないんです^^;」です!(笑)


ただし、店員さんのセールストークに乗せられて、あれこれ買ってしまわないように注意!

ちなみに、私が最初の1匹を釣った組合せ(タックル)をあげておきますね。


それは、いわゆる【スピニングタックル】で初心者さんでも扱いやすい組み合わせになります^^

  • 釣竿は1.8メートル前後のスピニングロッドでリールは使い勝手のよいスピニングリール
  • 糸(ライン)は、12ポンドもしくは3号と書いてあるもの(ナイロンラインがおすすめ)
  • ルアーは、10グラム前後のクランクベイトで色は好きなものでOK!

これだけあればまずは十分です。

バス釣り初心者ルアー02

なぜルアーはクランクベイトなのかというと、「これぞバス釣り!」といったルアーなんです。私が最初の1匹を釣ったルアーもクランクベイトです!


クランクベイトの使い方は至って簡単です。

ただ巻きするだけで、ルアーが勝手にアクションしてくれます!要は、引っ張れば勝手にバスを誘って食いつかせてくれるルアーなんです^^


私が釣った最初の1匹も、クランクベイトを投げて巻いてたら釣れちゃいました!って感じでした。


あと、タックルのセッティングに関して補足しておきますね。

リールへの糸(ライン)は巻き方にはコツがあるので、できれば初心者のうちは店員さんに巻いてもらっておきましょう。

おすすめのルアーがゲットできたら、いよいよ釣り場(ポイント)へ向かいましょう!


次は、釣り場での準備についての注意点をお伝えしますね。(←初心者さんはココが大事です)


いざ釣り場へ!着いたら落ち着いて準備

釣り具屋さんでルアーについての情報を聞いて、道具を揃えたらいざ釣り場へ!

釣り場(ポイント)についたら心が躍りますが、準備は落ち着いて慎重に行いましょう。

バス釣り初心者ルアー04

初心者の時にやりがちなのが、ラインを1か所だけガイド(ロッドに付いている糸を通す輪っか)を通し忘れてしまうことです。

私も、焦って急ぐと今でもよくやってしまいます^^;

ラインは必ず全部のガイドを通す」これだけは守るようにしてください。


「1個通し忘れたけどいいや。」はかなり危険です。もし、その状態で竿を曲げたりルアーを投げてしまうと、意外とあっさり竿は折れてしまいます。


次にルアーの結び方ですが、まずは片結びでいいです。バス釣り専用の何とかノットという結び方は、慣れてきたらでO.Kです!


しっかり準備ができたら、さっそくバス釣り開始!です^^


とにかくルアーを遠くへ投げて巻く!

準備が出来たらルアーを投げましょう。

でも、バス釣り初心者にとって投げる(専門用語でキャスト)って結構難しいですよね?

真っ直ぐ投げたつもりでも右にいったり、左にいったり、なぜか後ろに飛んで行ったり。(笑)


目の前にポチャでは、どんないい道具を使ってもバスは釣れません。最低でも10メートルは投げられるようにしましょう。


スピニングの投げ方持ち方については、こちらの動画が初心者さんでも分かりやすいようにう説明されています!

約4分の動画なので参考にしてみてくださいね^^




遠くに投げるコツは、とにかく楽しんでバス釣りをすることです!繰り返して投げるうちに、必ず上手くなっていきます^^


次に巻くスピードですが、人間が歩くスピードくらいが丁度いいです。

秒数にすると1秒間に1~2回巻くといったところです。ルアーが「ぶるぶるぶるっ」と動くのを竿で感じながら、とにかく巻きましょう。


でも、どうしても上手く投げたり、巻いたりできない人はどうしたら良いのか?

実は、次に紹介するこんな方法もありますよ!


足元を釣る方法!テクトロ!

テクトロとはテクテク歩くトローリング(引っ張るという意味)の略です。

どういった方法かというと「糸を5メートルほど出して歩くだけ!」という超簡単な釣り方なんです。


これなら、バス釣り初心者さんでも簡単にできますよね^^もちろん、浜などテクトロに適さなないポイントもありますよ。

でも、このテクトロ釣法が意外と釣れるんです!


なぜなら、足元の岸際にはいろんな変化があって、バスが餌を待ち伏せしやすい場所だからです。

そこを歩くことで、丁度いいスピードでルアーを動かせてバスを誘うことができる!


騙されたと思って、一度やってみてください^^


では次に、バスが掛かったらどうすればいいのか?一番大事なポイントを見ていきましょう!

スポンサーリンク


いざバスが食いついてきたら?

投げて巻く、もしくはテクトロを繰り返していたら、必ずバスがルアーに食いついてくる(専門用語でバイト)瞬間が来ます。

バス釣り初心者のうちは、なかなかルアーにバスが食いついた感覚はわからないと思います。


もしバスがルアーに食いついたかな?と思ったときは、リールを巻く手を止めてください。


バスが食いついていたら、生命感が伝わってきます。

生命感を言葉で表すと

グイグイ
ギューーン
コンコン
ガツン

といった感じでしょうか^^

もし生命感があれば、すかさずアワセを入れましょう。

アワセとは、バスがルアーに食いついて(バイト)きた時に、力を入れて竿を引っ張ることです。竿を引っ張ることで、ルアーについている針がバスに引っ掛かってくれます。


バスが掛かったら、あとはリールをとにかく巻いてください。

その際、糸を緩めないようにすることが外れないようにするコツです!


せっかく掛かったバス…絶対にバラシたくないですからね^^

バス釣り初心者ルアー03

それでは、今回のポイントをおさらいしてみましょう!

まとめ

  1. まずは釣り具屋で、ルアーについて情報収集
  2. 釣り場に着いたら落ち着いて準備
  3. とにかくルアーを遠くへ投げて巻く、もしくはテクトロを繰り返す
  4. バスが食いついてきたら、アワセを入れてリールをとにかく巻く

これが、ルアー釣り歴20年の私が初心者さんにおすすめする誰でもバスが釣れる方法です!


バス釣り初心者さんにとってルアーで釣った最初の1匹は、めちゃくちゃ嬉しくて絶対いい思い出になること間違いありません!


くれぐれも水の事故に気を付けながら、最初の1匹を釣り上げてくださいね^^


バス釣り関連記事はコチラ

バス釣り初心者でもよく釣れるワーム!おすすめはコレ!

バス釣り!トップウォーターのおすすめルアーはコレ!!

バス釣り!スピナーベイトは使い方次第でよく釣れる!

バス釣り釣果in琵琶湖2015!自己ベスト更新したポイントは?

[バス釣り]釣果02琵琶湖でバス釣り!タックル&湖北ポイント情報まとめ[38記事]

こちらではバス釣り初心者さんに役立つ情報をWebライターさんと一緒に1記事ずつ丁寧にまとめています!私は琵琶湖・湖北で漁港まわりや浜や内湖でおかっぱりをしてます。基本、お気に入りのタックルでおすすめのトップウォータールアーを投げまくるバサーです^^

瀬戸内東予シーサイドキャンプ場の常設テントサイトキャンプ・アウトドアにお役立ちのまとめ[18記事]

気がついたら、キャンプ歴も20年以上になりました。そんな私たちとキャンプ好きなWebライターさんの体験をもとにしたアウトドアやキャンプのお役立ち情報やグッズ、またおすすすめのキャンプ場もご紹介!あとバス釣り関連のまとめ記事も^^


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ