[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]道具一式

将来の夢は大工さん!という小学校6年生の息子から「のこぎりの使い方教えて」って言われたパパ友。


でも、中学校の技術家庭以来のこぎりなんて使ってないし…^^;

なんとかしてーー!」こんな相談を受けました。どうも!DIY応援隊のOtama夫issaです^^


確かに、のこぎりの使い方を教えてあげたいけど「本当にコレで合っているのかな?」って心配になりますよね。

大丈夫ですよ!今回は小学生でも分かるように【正しいのこぎりの使い方】のポイントを解説します。


お父さん、お母さんもコレを見れば、きっと子供に教えることができるはずです^^



正しいのこぎりの使い方のコツとは

今も昔も、将来なりたいものランキングに必ず入ってくる大工さん

大工さんの仕事に欠かせないのが、木を切ることです。使う道具は、もちろん「のこぎり」ですよね^^できれば、大工さんのように真っ直ぐきれいに切れるようになりたいもの。


ちなみにこちらでは、一番基本になる「木の目に対して直角に切るという横引き」を例にとっています。

使うのこぎりは、便利で使いやすい替え刃式のこぎりです。



それではさっそく、のこぎりの使い方のコツ5つの手順で分かりやすく解説していきましょう!

1.切りたい場所に真っ直ぐな直角の線を引く

木を切るために書かれた線は、専門用語で「墨線(すみせん)」とか「けがき線」と言われます。


のこぎりで木を切る際、この墨線に沿って切ることになります。ですから、きっちり真っ直ぐな線よく見えるように引いておきましょう。

墨線が曲がっていたり、線が薄くて見づらかったりすると綺麗に切ることができません。



できれば、定規(指し金直角定規)を使って正確な線を引きましょう!

[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]直角定規で墨線
直角定規を使う!

[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]指し金で墨線
指し金を使う!

より正確に切るには、表面だけでなくコバ面(厚みの面)にも直角線を引いておくといいでしょう。



[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]コバにも墨線
直角定規が使いやすいです!


まずは、キッチリ墨線を引くことが大切です。綺麗に真っ直ぐ切るポイントの第一歩になりますよ^^

2.材料をしっかり固定しましょう

安全にかつ正確に切るためには、材料をしっかり固定しておくことが大切です!

手でしっかり押さえておくのはもちろんですが、できればクランプも使うことをおススメします。

[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]クランプで固定

綺麗に墨線が引けしっかり固定できたら、実際にのこぎりを使って切っていきましょう。

3.切り始めのポイント

切り始めは大変重要になります!では、正確に切り始める「のこぎりの使い方」のポイントをみていきましょう。


まずは、左手の親指のツメを墨線に沿うように置いてガイドにします。(右利きを前提にしています)
[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]切り始め親指ガイド

次に、のこぎりの刃の根本近くを墨線の上にあてがいます。
[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]切り始め

小刻みにのこぎりを動かして、引き始めになる引き溝をつけましょう。

この時の大事なポイントは角度です。厚みの薄い板材の場合の角度は15°~30°にして、角材などの場合はもっと角度をつけるようにします。



[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]切り始め角度

綺麗に引き溝が引けたでしょうか?

4.切断中のポイント(動画あり)

まず『のこぎりは引くときに切れる』ということを頭に入れておくことが大切です。

切断中の「のこぎりの使い方のポイント」は7つあります!

  1. 力を入れすぎないことが一番大切。
  2. 引くときに少し力を入れてのこぎりの重みにまかせて切る。
  3. 押し戻す時は力を入れずに自然に戻す。
  4. のこぎりの刃わたり全体を使って切る。
  5. 一定の速度で切る。
  6. 肩が支点になるように肘の動かし方を意識する。
  7. 真っ直ぐ綺麗に切るには姿勢が大切!


うまく切れている時は音が違いますので、こちらの動画もぜひご覧ください^^



最初は、一度にいろんなことを意識するのが難しいかもしれません^^;練習を重ねて、一つずつ感覚をつかんでいきましょう!

ということで次は、大事な切り終わりのポイントも解説しておきます。



5.切り終わりの注意点

切り終わりのポイントは、材料が折れたり割れたりしないようにすること!

特に、大きくて重い材料の場合は注意しなければいけません。できれば、切り落ちる材を誰かに支えてもらうのが一番いいと思います。

もし持ってもらう人がいない場合は、切り落ちる材の下に支えになるものを置いておきましょう。



ちなみに慣れてきたら、片方の手で支えながら切り終わることができるようになります。

[小学生に教えるのこぎりの使い方コツ]切り終わり

以上が「小学生でも失敗しないのこぎりの使い方」の流れになります^^

ということで、今回の内容を振り返っておきましょう!

最後に

いかがでした。小学生の工作と言えば、夏休みの宿題ではないでしょうか?もし、子供にのこぎりの使い方を聞かれたら…。

そんな時に困らないように、今回は詳しく【のこぎりの使い方のコツ】をまとめてみました。

子供は飲み込みが早いので、正確に教えることさえできればすぐに上達するはず^^ぜひ参考にして、丁寧に教えてあげてくださいね!

ただ、くれぐれも怪我のないように慎重に作業してくださいね^^

〔それでは!Otama夫issa〕

DIYお役立ち関連記事

失敗しない蝶番のつけ方とコツとは?知って得するDIY情報!

正しいインパクトドライバーの使い方!失敗しないコツとは?

作業台の作り方!大工さんが使っているペケ台自作のコツとは?

ダボ埋めの方法!木工仕上げに差がつくやり方のコツとは?

サンドペーパー(紙ヤスリ)の使い方のコツ!知って得する裏ワザとは?

[ウッドデッキ]バーベキュー失敗しないDIY!ウッドデッキの作り方とコツまとめ[12記事]
ウッドデッキのある暮らしがしたい!ウッドデッキの作り方を知りたい!最近、ウッドデッキをDIYされる方も多いです。そんなあなたに役立つ情報をまとめた記事を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!


”ブログで人生が劇的に変わったアラフィフ主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!
ブログで人生を資産化する方法も限定公開中です(*´ω`*)ノ

この記事と関連の深いページはこちら





最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)