Webライティングのコツとは?講師に聞いたこと8つ!


なかなか上手く伝わる文章が書けません^^;どうすれば?

[自分発信仕事}パソコン

声を大にして言います!「私もそうですよ」

どうも!Otama夫issaです^^


最近でこそやっと、このブログの記事を書くことで少しは伝わる文章が書けるようになってきました。


ありがたいことに身近に講師がいるので…。一応、その都度記事添削してもらってるんですよ^^


「え、なんで?」「記事なんて自分の言葉で書くだけででしょ?」そう思ってませんか?


「いやいや」インターネットにUPした情報は、自分で消すかインターネットが無くならない限り残ります。もう一度言います。「残るんですよ!」


だからこそ、正しいライティングスキルを身につけることが大切なんです!


今回は、Webライティング講師に聞いたWebライティングのコツ8つにわけてお話していきます。

スポンサーリンク



自分発信力を高めるWebライティングのコツとは

私は文章を書くのが苦手なんで、Webライティングって到底無理なんて思ってました。どうしてもしゃべり口調になってしまったり、きちんとした言葉の流れができなかったり…^^;


確かに、日記的な発信の文章ならそれでもいいと思います。でも、仕事として自分発信していく以上、誰にでも分かり易いような正しい文章力が必要になってきます!

自分発信の仕事が?の方はコチラを参考にしてください↓
自分発信をインターネット上にしていく仕事とは?

要は読者さんの気持ちを不快にしないように、細心の注意を払うことが大切なんです。

だからWebライティングのことをしっかり勉強しておかないといけません。さて、Webライティングにコツってあるんでしょうか?


あなたは、Webライティングのコツと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

ノートパソコン

それでは、私が実際講師に教わったコツをお伝えしていきましょう!

「そんなの分かり切っている!」という方にもきっと参考になると思いますので、しっかりチェックしてくださいね^^


講師に聞いたWebライティングのコツ8項
  1. 役に立つことを意識する
  2. ターゲットを明確にする
  3. マインドマップを書く
  4. 章立てをする
  5. キーワードを意識する
  6. 読みやすくする
  7. 正しい日本語を使う
  8. 画像や動画を使う

それでは一つずつみていきましょう!


1.役に立つことを意識する

ここが何より一番大切なことになります!この意識がないと書く意味がありません^^;

あなたが自分発信する内容は、読者さんの悩みを解決するものでないといけません。もちろん100%じゃなくてもかまいません。


だからこそ、常に読者さんのお役に立つということを意識して全力投球で文章を書くことが大切です。

そういった発信には、必ず価値が生まれます。そして、あなたに好循環をもたらしてくれます^^


2.ターゲットを明確にする

自分発信するコンテンツが決まったら、まずはその発信を誰に向けてするかハッキリさせましょう!

ターゲットがハッキリしているほど、その発信内容に共感してくれる文章が書けます。ターゲットにする人は、身近な人でもいいですし思い浮かばなければ架空の人物でもかまいません。


その方が文章も書きやすいでしょ^^

逆にターゲットを決めずに書いた文章は、訴えるものが弱くなったり文章の構成もバラバラになってしまいます^^;結局、何を言いたい文章なのかが明確になりません。

必ずターゲットを明確にしてライティングするようにしましょう。


3.マインドマップを書く

マインドマップって分かりますか?

[Webライティングのコツ]マインドマップ

こんな感じです^^見たことあるんじゃないですか?

書くコンテンツが決まったら、その言葉(キーワード)から思いつくことを図式化していきます。連想ゲームのように楽しんでやりましょう^^

このマインドマップを書く事で、文章の構成が見えてきます!


4.章立てをする

分かり易い文章は必ず章立てがされています。章立てなしで、最初から最後までダラダラと長い文章が続いていると、息つく間がありませんよね^^;


そういう記事は、きっと途中で読む気が失せて「もういいや!」ってなってしまいます。きっとあなたも、そう思うはずです。


章立てとは、つまり【起承転結】のことです。ここで、先程のマインドマップが非常に役に立つはずなので、よーく見直して構成をしましょう。

ただWebライティングでは、冒頭の次に結末を持ってきます。まずは、答えを先に言ってあげることが大切です。次に、それに関連することを書いてから最後のまとめをして終わります。

Webライティングならではの構成がありますので、よく覚えておいてくださいね。

要はきちんと章立てをして、読者さんが読みやすい(読んでいて心地よい)記事を目指すことが大切です。


5.キーワードを意識する

キーワードはホントに大切です!あなたが自分発信するコンテンツのキーワードってハッキリしてますか。


できれば一番元のキーワードとそれに関連するキーワードの2語は明確に決めておきましょう。


そのキーワードをタイトルに必ず入れること!もちろん文書中にキーワードが入っていないといけません。

まあ、タイトルと内容さえしっかり合っていれば、自然とキーワードが盛り込まれますので心配ありません^^


このキーワードというのは、検索ロボット(主にグーグル)の評価に大きく影響しますのでしっかり意識しておきましょうね。


6.読みやすくする

キーボードとマグカップ

読みやすい文章は、読者さんに不快な思いをさせません。では、読みやすい文章とは?

  • 適度な改行が入っている。
  • 太字や赤文字・黄色のマーカーなどで重要語句が強調されている。
  • 一文が長くなりすぎていない。
  • 適切な場所に読点が入っている。
  • 抑揚がある。

最後まで読んでもらえるように、読者さんを疲れさせないように心掛けましょう!もちろん内容も大切ですよ。


7.正しい日本語を使う

意外に多いのが、間違った日本語を使ってしまうことです。

カラーを出すという点では方言もOKなんですが、できれば誰が読んでも理解できる言葉を使いましょう。

でも、日本語って難しいですよね。特に、丁寧語・尊敬語・謙譲語は…。私もよく指摘されます^^;

迷ったら、きちんと調べて書くようにしましょうね。


8.画像や動画を使う

スマホで撮影

画像や動画があると、よりイメージが膨らみます!できるだけ取り入れた方いいです。

もしコンテンツに合った画像がない場合は、イメージ画像でもいいと思います。ちょっと挿絵的に入れるだけでも、読者さんに一息入れてもらうことができます^^



以上が、私が講師から教わった【Webライティングのコツ】です。これから自分発信する時に、ぜひ思いだして取り入れてみてくださね。


一番大切なのは読者さんの立場に立つことなので、インターネット上に発信する前に何度も確認しましょう!

ちなみに私は、時間を置いて最低3回以上は見直すようにしています。時間を置くというのがポイントかも。


また、自分以外の誰かに一度読んでもらうのも、客観的に読んでもらえるのでいいと思います。

スポンサーリンク


最後に

いかがでしたか?

あなたがインターネット上に自分発信した内容は今後ずっと残ります!
↑ココを真剣に考えてくださいね。


私は「怖い!」と思ったのが正直なところです^^;


何気に文章を書いて発信してはいけないんです!最低限の常識やマナーをしっかり守らなければいけません。


できれば、今回お伝えした【Webライティングのコツ】をしっかり頭に入れて発信していきましょう。


私は、インターネットを活用して自分発信という仕事をしていくには不可欠だと実感しています!


もっとWebライティングのことを勉強したいと言う方には…。

日本WEBライティング協会という一般社団法人があります。そちらでWebライティング能力検定が実施されていますので、しっかり勉強されたい方にはおススメです^^

それでは!

〔Otama夫issa〕


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年3月15日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ