新鮮で美味しいお米を食べたいなら!家庭用精米機は必需品!?


美味しいお米食べてますか?

日本人の主食と言えば、やっぱりお米ですよね!

我が家でも365日お米を食べない日はないと言ってもいいくらいお米は欠かせません。

[精米機]精米したお米で炊いたご飯

美味しいお米と聞いてまず思い浮かべるのは新米でしょうか?

確かに、新米はみずみずしく甘みもあって美味しいですよね^^我が家も、収穫の秋には必ず新米を買って食べています。


ただ、新米は年中食べられるわけではありません。でも、年中口にするお米・・・いつでもなるべく美味しく頂きたいですよね!


そんな時に活躍してくれるのが家庭用精米機なんです。実は、我が家では10年以上前から愛用してるんです^^

ということで、今回はいつでも新鮮なお米を頂くための必須アイテム家庭用精米機についてまとめてみました。

スポンサーリンク



美味しいお米の必須アイテムは家庭用精米機

まず、家庭用精米機を使うことで、なぜお米が美味しくなるのかを見てみましょう!

家庭用精米機を使うとお米が美味しくなるワケ

一般的に【精米仕立てのお米が美味しい】と言われるワケはなぜでしょうか?

美味しさの秘密...それは新鮮だからです!

そもそも玄米の状態のお米はしっかり生きているんです。玄米を水に浸けておくと発芽しますが、白米ではあり得ませんから。


ただ、玄米を白米にした(精米した)とたんに、酸化が始まり鮮度がどんどん落ちていきます。

鮮度が落ちるとは、みずみずしさや旨みや香りがなくなっていくということです。当然ですが美味しくなくなっていきます^^;


普段、スーパーで売っている白米を買っている方が断然多いと思います。

美味しいお米に欠かせないのは鮮度なので、すでに精米されて売られている白米は【いつ精米されたか分からない】という点が気になってきますよね。

お詫び
普段スーパーでお米を買うことがないので、念のため確認してみたところ、精米日はちゃんと明記されてました。(当然か!)

ただ、1ヶ月以上前に精米されているものがほとんどで、中には2ヵ月近く経っているものもありましたよ^^;
どんどん売れて商品が入れ替わればいいのですが...。

◎精米日はしっかり確認しましょうね。


だから家庭用精米機を使ってその都度精米してご飯を炊くのが良いのです!


精米機の必要性が分かってきたところで精米についても知っておきましょう。

お米を精米するということ

そもそもお米を精米するとはどういったことなんでしょうか?

収穫したお米には、籾(もみ)が付いています。その籾を取った状態が玄米になります。さらに、玄米には黄褐色の糠(ぬか)が付いていて、その糠を取った状態が白米なんです。


精米するというのは、上記の工程の中で玄米を白米にすることを言います。黄褐色の玄米から糠を取って白いお米(白米)にするといったところです。


では、なぜ精米するんでしょうか?

ビタミンやミネラルといった栄養面を抜きにした場合、玄米は少し食べにくく一般的に美味しくない部類になるからです。

栄養の面では落ちますが、甘味が残る白米にすると誰でも美味しく食べられるので精米するのです。

[土鍋で玄米を炊く]森修焼の土鍋とご飯


ちなみに、私は玄米も美味しいと思うので、良いお米(無農薬)が手に入った時はたまに玄米のままいただきます^^

我が家の玄米のいただき方土鍋で玄米を炊く!美味しい炊き方と玄米のパワーとは!興味のある方はどうぞ


精米について理解してもらったところで、次に精米仕立てのお米を入手する手段についてみてみましょう。

精米仕立てのお米を入手するオススメの方法

精米仕立てのお米が美味しいのは分かったけど、どこで手に入れたらいいの?という方に。

精米仕立てのお米をゲットするには、主に以下の3つがあります!

精米仕立てのお米の入手方法
        
  • お米屋さんで精米仕立てのお米を買う
  • 玄米を買って、コイン精米機で精米する
  • 玄米を買って、家庭用精米機でその都度精米する

  • ※玄米の入手方法(スーパーに売っていない場合)
  • JAさんがやっているスーパー(Aコープ)で購入
  • 地方の道の駅で購入
  • 農家さんから直接購入
  • 楽天やアマゾンなどネットで購入

まず、お米屋さんやコイン精米機で精米仕立てのお米が入手できます。

でも、どうしてもある程度まとまった量になってしまいます。さすがに今日の分だけというわけにはいきませんからね^^;

また、近くにお米屋さんやコイン精米機がないという場合もあるでしょう...。


ここで大切なのは、ある程度まとまった量になるということです。精米した(してもらった)その日は新鮮で美味しいお米をいただけますが、それ以降酸化が進み精米仕立ての美味しさが無くなってくるからです。


またコイン精米機の場合、その都度お金がかかるので意外にバカにできません...。コイン精米機の使用料も地域によって違ってきますが、だいたい30キロで300円~600円くらいかかるようです。


だから、一番のオススメなのはその都度食べる分だけ精米仕立ての美味しいお米をいただける家庭用精米機を使う方法なのです!

確かに、最初に精米機を購入する費用はかかりますが、ずっと美味しいお米が食べられるなら安いものですから^^


次に、我が家で10年以上愛用している家庭用精米機を紹介しておきますね。

スポンサーリンク


我が家で使っている家庭用精米機の紹介

こちらが我が家で長年愛用している精米機です。
[精米機]YDK山本電気


YDK(今流行りのヤレバ・デキル・コじゃないですよ)山本電気製です。
[精米機]操作パネル
お米の量、分つきの設定ができます。左上の米とぎコースは無洗米にする時に使います。


各パーツはこんな感じです。
[精米機]部品
パーツと言ってもこれだけなんですね。だからお手入れも簡単で清潔に保てます!


本体の底です。
[精米機]回転モーター部分
回転モーターがあります。


[精米機]ざるとハネ
本体に糠受け容器・ざる・ハネを順番にセットします。


[精米機]回転するハネ
この2枚のハネ(といっても鋭利なものではありませんよ)が回転して精米するという仕組みで、作りは至ってシンプルなんですね。


10年以上ほぼ毎日使い続けていても壊れることなく、しっかり美味しく精米してくれています^^

確か16000円くらいだったような。

まあ、お金だけじゃないのは言うまでもありませんが、完全に元はとっていますよね!

我が家と同じYDK(山本電気)製の現行モデルです。
10年以上経ってるんで当然ですが、デザインも違うし性能も随分アップしてますよ^^

フレッシュ」というモードがあり、少し古くなった白米の香り・味をお米本来の状態に甦らせるというのは便利そうですね。


では次に家庭用精米機で玄米を精米している様子も紹介しておきましょう。


家庭用精米機を使って玄米を精米してみる【動画】

では、実際に家庭用精米機を使ってみましょう!

[精米機]精米する玄米(4合)

今回精米する玄米は、無農薬のササニシキです。せっかくの無農薬なので、お米の栄養素もしっかり摂取できる5分づきにしていただきます。

ちなみに、ササニシキは【昔ながらの銀シャリの味】と言われていて、あっさりとした食感が一番の特徴になります!(語ると長くなるので、また記事にしたいと思います)


玄米を精米する前に注意したいのがコチラ↓
[精米機]計量カップの違い
左が玄米用の計量カップで右が白米用の計量カップです。量の違いが分かりますよね。白米は玄米の9割位の大きさなので、白米1合が180㏄ということは玄米カップは200㏄になります。

玄米を測る時は、必ず玄米専用の計量カップを使いましょう!


では、動画をどうぞ。(1分弱です)

どうでしたか?設定してスタートするだけなんで、なんにも難しいことなんてありませんよね!


ところで...。

精米機にかけて出る【米ぬか】・・・どうします???

米ぬか(乾煎り後)

もしかして捨ててませんでした?無農薬のお米じゃなくても、米ぬかにはすごい栄養がありますので、ぜひ活用してくださいね^^

特に無農薬のお米なら、捨てるのは絶対もったいないですよ!



終わりに

いかがでしたか?

年中欠かせない主食のお米...いつでも新鮮で美味しい方がいいに決まってますよね。

だからこそ家庭用精米機は一家に一台必需品だということが分かっていただけましたでしょうか?


というか、逆に家庭用精米機がないとすると思いませんか?



家庭用精米機を活用していつでも新鮮で美味しいお米を楽しんでくださいね^^

〔Otama夫issa〕

日本人の主食【お米】の関連記事

玄米クリームの作り方!超簡単10分で完成ヘルシーファストフード!

土鍋で玄米を炊く!美味しい炊き方と玄米のパワーとは!

おにぎりの握り方!美味しく握る方法とは?

米ぬかの効果効能!その驚くべき健康パワーとは?

米ぬかの利用方法!捨てるなんてとんでもない!?

米ぬかでパンケーキ作り!超ヘルシーな簡単レシピをご紹介!


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年5月24日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ