唇の荒れ!リップよりおすすめは?なんと長年の悩みが解消!


実は、かれこれ20年以上も唇の荒れに悩まされてきました…。


ところが、あるものを使ったら、あらビックリ!唇の荒れがみるみる良くなり、すっかり治ってしまったのです!

スポンサーリンク



Otamaは、就職してすぐにアトピーっぽい湿疹がまぶたに出て、唇も年中ひび割れ状態という、とても可哀想な20代を過ごしました(´;ω;`)ウゥゥ

おそらく、一人暮らしの乱れた食生活と不慣れな会社勤めから来るストレスが、主な原因だったのでしょう。


その後、できるだけ食生活を改めたので、まぶたは悪化することなく治っていきました。ですが、唇の荒れだけは、それはそれは長~いお付き合いに…。


ですが健康オタクのアラフォー時代は、さすがにもうひび割れることはなく、唇の皮膚の質も良くなってはいたのです。

でもあと一息!どうしても唇の皮がめくれる症状がスッキリと治りませんでした。

冬にかぎらず、年中剥けてしまうので、リップクリームはいつも手放せず。。。
[唇の荒れ]愛用していたリップクリーム

そんなわたしが、いったいどうやって荒れた唇から解放されたのか?

もしも同じ症状でお悩みでしたら、これは試してみる価値があり!だと思いますので、今からお話したいと思います。


リップクリームよりおすすめなのは?

Otamaが家にあるものを使ってみたら、あっさりと唇の荒れが良くなり、皮もいっさい剥けなくなってく完治しました!


荒れ放題だった唇をプルプルにしてくれたアイテムとは・・・そう、

プロペトなんです。


もともとアトピー体質だった長女が、小児科医院で処方してもらったのがプロペトでした。これが、我が家にどどーん!と500gの容器で大量にあります^^;

[唇の荒れ]プロペト(白色ワセリン)


ここで、プロペトを簡単にご説明しますね。

プロペトとは
プロペトは、かなり純度の高いワックス成分です。純度は1から3へ行くほど高くなります。

  1. 白色ワセリン・・・石油から得たワックス成分を人の肌に使えるようにまで精製
  2. プロペト・・・さらに白色ワセリンを精製したもの
  3. サンホワイト・・・最高純度まで徹底的に不純物を取り除いたもの


プロペトは丸石製薬の商品名です。丸石製薬の公式サイトにこのように記載されていました。

Q:白色ワセリンとの違いは何ですか?

A:プロペトも日本薬局方白色ワセリンの規格に適合します。プロペトは、稠度、粘度ともに眼科用軟膏として適切な物性を有し、夾雑有機酸類をほとんど有しません。また、加熱滅菌に耐え、ほとんど変色することがありません。


とは言っても、もちろん皮膚に直接つけるものなので、副作用がないとは言い切れません。

プロペトの副作用としては、接触皮膚炎(かゆみ、かぶれ)が明記されています。

でも、眼科用軟膏としても使用されるほどなのでかなり安心ではあります。が、初めて使用するときは注意しましょう。念のため。


それでは、どうしても治らなかった年中荒れまくりの唇が、なぜプルプルになったのでしょう。Otamaなりに、次のように推測してみました。

スポンサーリンク


天然由来は必ずしも安全なのか?

[唇の荒れ]指に出してみたプロペト

もちろん、個人差はあります。ですが、食べ物に対するアレルギー症状が出る人と出ない人がいるように、天然成分に反応する人としない人もいるのです。


そこで思い出すのは、お世話になっている小児科の先生がおっしゃっていた言葉。

天然の成分が安全とは言い切れないよ。アレルギーは、天然成分のほうが多く現れることもあるんだ。

と、リップクリームの代わりにプロペトを使う事をすすめてくださいました。


極端な例ですが、確かに漆(うるし)や銀杏(ぎんなん)にかぶれると、強烈なアレルギー反応が出ますよね。

そういや我が家の次女は、なぜかクルミにアレルギー反応がでるので、誤って食べてしまうと唇がぷっくりと腫れます^^;


・・・という事は、

あんなに、食品由来にこだわった唇に優しいリップを塗っていたのに、荒れが止まらなかった理由。

もしかして、よかれと思って入っている自然由来の成分が、荒れた皮膚から内部へ侵入してアレルギー反応を起こしていたのかもしれません…。


[唇の荒れ]プロペト(白色ワセリン)中身

そこで、プロペトをリップ代わりに使ってみると、あっさり完治…!


荒れた唇にプロペトでフタをすることで、湿潤療法と同じような効果があり自己治癒能力が発揮され、傷口がふさがり潤いを取り戻したのでは!?

と実感しました…。


今でも、基本のお手入れプロペトです。ほとんどかさつくこともなく、荒れることもなくなりました。なので、食品由来のリップを使ってもトラブルはおこらなくなりました♪


しかも、プロペトは他にいろいろ使えるので重宝するんですよ。そのあたりもご紹介しておきますね。


プロペト(白色ワセリン)はこんなに使える!

小児科医院で、長女のために処方して頂いたプロペト。えぇ…まだまだ大量にあります^^;

ちなみにリップ代わりに使う際には、100円ショップなどで売っているチューブタイプの容器に詰め替えると便利ですよ♪(って、これも小児科医院の先生の受け売りデス)

[唇の荒れ]100円ショップの容器に入れたプロペト


さらにその他、このような感じで生活のあらゆることに活用しています^^

プロペトの利用いろいろ

  • リップクリームの代わりに唇の保湿&保護に
  • グロス代わりにも
  • ひびやあかぎれ状態の皮膚の保湿&保護
  • 手に塗ってから水仕事をすると強烈に水をはじいてくれる(手荒れ防止)
  • かかとのひび割れに
  • 湿潤療法に使用(医師か専門家の指示のもとで)

ちなみに、我が家にあるこの大容量(500g)のプロペトは、病院で処方してもらわないと手に入りません。

家庭用には、最初からチューブに入ったまったく同じ成分の【プロペトホーム】という商品が販売されています^^


まずは、こういう少量タイプが試すには便利ですね^^(最初からチューブ入りだし)


最後に・・・

いかがでしたでしょうか。

Otamaは日ごろから、自然&天然由来、ナチュラルライフが趣味の健康オタクです(笑)

それもこれもわたし自身が20代から発症した湿疹花粉症への対策、さらには夫も長女もアトピー体質なので、なるべくカラダに負担の少ない自然の営みに沿った食生活を心掛けるようにしてきた結果ゆえ。


ところが・・・

今回は、天然(自然)由来だからイイってわけじゃない!?という体験をしました。


何もかもが天然由来がいいのかというと、時と場合によるんですね~(^ω^;)

先ほど、ちらっと湿潤療法のことに触れましたが、これはもともと誰もが持っている免疫力治癒力を発揮させる治療法です。

つまり、余計なものをいっさい含まない純度の高いプロペトで保湿することで、皮膚のバリアを一時的に作ることができ、自己治癒力が働いたのだと思います。


それに唇の荒れは、乾燥だけが原因じゃないんです。カラダの中から出ているサインだという事もありえます。少なくとも、わたしの場合はそうでした。

長女も、腸が荒れると唇も荒れています^^;唇って内臓の鏡なのかもしれませんね。。。


スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー


最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2015年11月6日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ