冬至に食べるかぼちゃ料理の作り方!いとこ煮って簡単?


かぼちゃ01

先日、10才の娘に冬至のことを聞かれたので、こんな風に説明してあげました。
冬至にかぼちゃを食べる理由は?冬至はいつ?


今日は続編として、冬至に食べると良いとされるかぼちゃお料理をご紹介します。

娘と一緒に作れるように、特に簡単にできるかぼちゃレシピをまとめてみましたので、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



冬至に食べると良いのは?

前回の記事の復習から♪ ちなみに、子供にも分かりやすいように説明してあります!

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめると言われてて、「運盛り」って言うて縁起をかついでたんやて。


かぼちゃは漢字で『南瓜』で「なんきん」とも読めるよね。

他にも、れんこん、にんじん、だいこん、ぎんなん、きんかん、うどんとかが、冬至に食べると運を呼び込むんやって。


どれも栄養価高い食べもんばっかしやし、運盛りは縁起をかつぐだけやなくて、やっぱり栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあるんやね。


ってことでまず定番のかぼちゃの煮物からいってみましょ!


フライパンで簡単!かぼちゃの煮物

かぼちゃ煮物

材料(約4人分)

  • かぼちゃ・・・800g
  • お水・・・400cc
  • 醤油・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1

作り方

  1. かぼちゃは種とワタを取り、食べやすい大きさにカットします。
  2. フライパンかお鍋にかぼちゃと調味料を全て入れてフタをして強火にかけます。
  3. 沸騰したら弱火より強めで18分ほど煮ます。
  4. フタを開けて強火で3分煮詰めて水けを飛ばせば完成♪


これは本当に簡単です!

フライパンに入れてほぼ放置なのに、ホクホクのかぼちゃの煮物が失敗しらずで完成します^^


続いては、やっぱり冬至に食べられることが多い小豆とかぼちゃの組み合わせ小豆かぼちゃの作り方です!

スポンサーリンク


小豆かぼちゃ(いとこ煮)

小豆かぼちゃは冬至に食べられることから、冬至かぼちゃ、またはいとこ煮とも呼ばれています。

いとこ煮

まずは、小豆をゆでるところからのレシピ。

材料(約2~3人分)

  • 小豆・・・150g
  • かぼちゃ・・・1/2個
  • 昆布だし・・・2カップ
  • 塩・・・少々

作り方

  1. 小豆はよく洗い、茹でます。(最初は強火で、沸騰したら弱火でコトコト煮てください)
  2. かぼちゃは種とワタを取り、食べやすい大きさにカットします。
  3. 昆布だしでかぼちゃを煮ます。
  4. 火が通ったら1で茹でた小豆を加え、塩を2つまみほど入れて完成♪

かぼちゃの甘味を生かした、甘さ控えめのレシピでした^^


でも・・・

「小豆を煮るのが面倒!」
「思い立ったらすぐに冬至かぼちゃを作りたい!」


と、思うことがありますよね。


そういう時は、最初にご紹介した基本のかぼちゃの煮物に「市販のゆであずき」を利用しちゃいましょう!


ゆで小豆の缶詰を利用した小豆かぼちゃ(いとこ煮)


材料

  • ゆで小豆・・・1缶(200g位のもの)
  • 醤油・・・小さじ1
  • かぼちゃの煮物・・・上記の定番のかぼちゃ煮でOK!

作り方

  1. 茹であずきを鍋に入れ、醤油と少量の水を加えて温めます。
  2. 1のあずきが温まったら、かぼちゃ煮を加えてひと混ぜします。
  3. これでいとこ煮の完成♪

※1で加えるお水の量は、ゆであずきが焦げ付かない程度の少量でOKです。


また、加糖のゆで小豆の缶詰をつかっても美味しいです。これなら、小豆かぼちゃがおやつになりますね^^


ゆで小豆の缶詰(加糖)を利用した小豆かぼちゃ(いとこ煮)


材料

  • 加糖ゆで小豆・・・1缶(200g位のもの)
  • 醤油・・・小さじ1
  • 塩・・・適量
  • かぼちゃの煮物・・・上記の定番のかぼちゃ煮でOK!

作り方

  1. 定番のかぼちゃ煮の工程で最後の煮詰める前まで同じです。
  2. 1のかぼちゃにゆであずき缶・お塩少々とお醤油小さじ1を加え、フタをして弱火で加熱します。
  3. 煮汁が煮詰まってきたらフタをはずして、中強火でお鍋を軽く揺すりながら水分を飛ばしてできあがり。

※ここで入れるお塩とお醤油は、ゆであずきの甘さを抑えて、かぼちゃの甘味を引き出し風味をつけるためなので、入れすぎないよう気をつけてください。


さいごに・・・

いかがですか?

意外と簡単に小豆かぼちゃ(いとこ煮)って作ることができますよね。


共通ポイントは、どの方法でかぼちゃの煮物を作る場合も、すぐに食べないで少し寝かせると味が染みて美味しくなりますよ!


今年の冬至はお子さんと一緒に冬至かぼちゃ、またの名をいとこ煮(小豆かぼちゃ)を作ってみませんか^^


冬至についてはコチラ!
冬至っていつ?かぼちゃを食べる理由は?子供にもわかりやすく!



”ブログで人生が劇的に変わったアラフォー主婦”ってどんな人!?
ブログ運営者Otamaの詳しいプロフィールはこちら!



スポンサーリンク


追伸:ブログで人生を資産化する方法とは!?

『ブログで人生を資産化する方法』について、とうとう公開(期間限定)することしました!

特に主婦におすすめ!在宅でパート代以上を必要とするなら今すぐチェックしてくださいね。

OtamaJメルマガ用バナー

関連記事



最後までお読みいただきありがとうございます!この記事がお役に立ちましたら「いいね!」をお願いします(*´ω`*)


公開:
更新:2016年12月21日

よく読まれているオススメ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

お役立ち!まとめ記事一覧

ライブラリー用バナー

このページの先頭へ